あなたがホッとする…この世の中の本当のこと

あなたがホッとする…この世の中の本当のこと☆彡現代社会における子どもの発達と保育の課題☆彡【現代社会と子どもの発達】Vo,2

カテゴリー: 2016年05月31日
Holistic Healing Center ,Inc.では、

『本当のあなたを思い出す』

ためのサポートを行っております。

今までのダメージを自然に解放できない方には…

肉体・感情体・精神体・霊体
それぞれの領域でのホメオスタシス(恒常性)を取り戻す
ヒーリングスキルをご活用いただくのもおススメです☆彡

============

☆彡現代社会における子どもの発達と保育の課題☆彡【現代社会と子どもの発達】Vo,2

ストレスが掛かるような出来事が目の前に顕れた時には…

本当のあなたと繋がるチャンスが訪れています…☆彡

そんな出来事が起こるということも自然なこと、

目の前に起こるどんな出来事も歓迎して受け入れてあげることで平常心を保ち、

本能的な『戦う』『逃げる』の反応の下に眠る本当の自分に繋がることで自然に解放していきましょう…

あなたの信じるものが現実そのものに顕れてくるのです…☆彡

不自由のない現実、そして、全ての生命が安全で安心して過ごすことができる環境を、現実に創造してみたいっ!

そんな思いからもたらされたヒラメキが呼び込んできたのは、保育士試験のテキストでしたっ☆彡

本来の生命としての生き方や『この世の中の本当のこと』を身をもって、さらにはメッセージとして…

巨木さんや大自然の生命たちから教わってきたものを、忘れることのない基準としながら、

さらに、現在の保育の分野で基準とされているものを見ていき、洗練された未来の創造を信じて、

『新 保育士養成講座』

のテキストを題材に、先日から第6巻『保育の心理学』へ突入しておりますっ! (*^^)v

先日からは第6巻の最終章、第7章である…

『保育における発達援助』の章に入っています。

以前からの宣言のとおりこの巻をもって『新 保育士養成講座』のテキストを題材にするのはこれで終わりです…☆彡

昨日からは…

『現代社会における子どもの発達と保育の課題』の内容をご紹介していますっ☆彡

その中から今日も…

【現代社会と子どもの発達】を見ていきましょう!

今日の社会を特徴付けるのはどのようなことだろうか…

色々なことが考えられるが、子どもの発達に大きな影響を与える社会的状況として、ここでは、

1.少子化

2.私事化

3.地域の変化

について考えよう。

これらは互いに関連していることにも留意して欲しいとあります…

(1)少子化

少子化とは生まれてくる子どもの数が減少することをいうそうです。

少子化に関心が向けられるようになったのは平成元(1989)年であるのだそうです。

この年、合計特殊出生率(1人の女性が一生の間に何人の子どもを産むかを示す数値。人口を維持するには合計特殊出生率は2.07ないし2.08が必要であると言われている)

が、それまでで最も低かった昭和41(1966)年の1.58を下回る1.57となり、1.57ショックといわれたといいます。

出生数も、第2次大戦後の第1次ベビーブームのピークの昭和24(1949)年には約270万人(合計特殊出生率は4.32)であり、

この頃生まれた人が親になる時期を迎えた第2次ベビーブームの昭和48(1973)年には、約209万人(合計出生率は2.14)であったとされています。

しかし、出生数は昭和49(1974)年以降ほぼ一貫して減少を続け、最近はほぼ横ばい状態とはいえ、

平成26(2014)年には約103万人、合計特殊出生率は1.43となっているのだそうです。

少子化は将来の労働力や年金を支える人の問題として社会経済的な観点から論じられることが多いといいます。

しかし、今の子どもの生活や発達にも大きな影響を与えていることに留意したいというのです。

少子化が意味するのは…

家庭においてはきょうだい数が少ないこと、地域においては仲間となる友だちが少ないことであるのだそうです。

家庭は子どもの発達の基礎が形づくられる場であるが、そこでの親との関わり、きょうだいとの関わりは大変重要であるとされています。

きょうだいの数は近年、世代を経るごとに減少してきたとあります。

今日の若者にはひとりっ子や2人きょうだいが多くを占めているが、その親の世代には3人きょうだいも多かったし、

さらにその親の世代になると5人、6人というのも普通にみられたというのです。

家庭におけるきょうだい数の減少は、家庭内での子ども同士の関わりの機会を減少させるといいます。

親や大人との関わりと違い、子ども同士の関わりは真剣で遠慮のないものであるとされています。

大人とでは経験できないことを子ども同士の関わりの中で体験していくのであるというのです。

きょうだい関係においても…

けんかや競い合い、協力といった対人関係の基本を経験するのであるが、きょうだい数が少ないと、

このような経験を豊かに持つことができなくなるとあります。

子どもが少ないだけ、親の関わりが多くなったり、親の目が届きすぎて、過保護、過干渉にもなりやすいといいます。

他方、親子の関わりが多くなり、子どものニーズにも応えやすくなる面もあるとされています。

地域においては、子どもが少ないことは、やはり豊かな仲間関係の経験を難しくするというのです。

かつては、小学校の中学年を中心にギャングエイジと呼ばれたように、同性の、多少年齢幅のある集団が徒党(何やらよからぬ事をたくらんで寄り集まった仲間・集団。)を組んで遊び回ったものだが、

今日では特に異年齢の子どもたちのグループを見かけることが少なくなったとあります。

そのために、自己を主張し、相手の言い分や考えを聞き、時にはぶつかりながらも折り合い、あるいは競争、協力をする、

さらには遊び方など文化を伝える機会が少なくなっているように思われるのだそうです。

こうした子ども同士の付き合い方を十分経験できないことがいじめなどの背景にあるとも考えられるとされています。

少子化が子どもの発達に及ぼす影響には、もう1つ、親になることへの影響も考えなければならないというのです。

家庭の中に、あるいは地域に子どもが少ないと、子ども、特に幼い子どもと出会う機会が少なくなるとあります。

子育ての知識は子どもと関わることで身に付いていく面もあるのだが、そのような経験が少ないと、

幼い子どもをかわいいと感じる気持ち(育児性や親準備性などといわれる)や、

幼い子どもについての知識(例えば、赤ちゃんは泣くものであるというような)が身に付かず、

親になったときに赤ちゃんへの戸惑いを感じたりしやすくなるといいます。

こうしたことが育児不安の背景のひとつと考えられる。

ということでした。

私はやはり…

この世の中にあまりにももっともらしい情報が溢れかえり、情報に翻弄されている人たちが多すぎること、

そして、そのカオス(混沌)と化した情報の波の中で、何が本当のことなのかを分別することができないでいる人があまりにも多い。

ということが問題を大きくしているのではないかと思いますっ!(*^^)v

誰もが自分との繋がりを失っているがゆえに判断基準を外に求めれば…

常に新たな情報が発信されていて、商売のために新たな情報を発信しようと仕掛けようとする人がいればいるほど、

情報はどんどん突飛になり、流行りすたりがめまぐるしく起こり、まるで正反対の情報同士が自分が正しいと主張し合っているのですから…

混乱し何が本当のことなのかを見つけられないのは当たり前のことであるはずですっ!!!

そんなカオス(混沌)の中でこの世の中の本当のことを見つけ出すには…

資本主義社会の中で成功者とされる立場に立つほどに難しいことなのではないでしょうかっ!?

何がこの世の中の本当のことなのか…

それは誰もがNOと言えないYESと言わざるを得ない、真理の基準を理解することからはじまるのでしょうっ☆彡

この世の中にはほとんど存在していない真理を1つひとつ確認していく中で、

自分の一瞬のこの気持ちは、誰に何と言われようと感じてしまったことには間違いがないことを理解して、

自分を大切にすることで自分との繋がりを取り戻し、周りのどんな情報も自分の感覚で、

自分の人生にとって取り入れるべきものなのかどうかを、直観的に分別できるようになるのですっ☆彡

こうなってしまえば、自分の人生を見失って他人の人生を生きるようなことになってしまうことはまずないでしょうっ!!!

私たちが目指しているべき途中経過はここなのです…

これこそが自分を取り戻した健全な状態なのです。

そして、1人ひとりが自分らしさを最大限に発揮したその先には…

自然発生的に生み出されることになる調和の世界で、私たちは生きることになるでしょうっ☆彡

大自然の生命たちは、私たちに生命の本来の生き方を教えてくれるメンターです…

そんな全ての生命が、安全で安心して過ごすことができる環境を、現実に創造しようではありませんかっ!

============

☆あなたがこの世の中の本当のことを実感した貴重な経験を…

『この世の中の本当のこと研究会』のコミュニティーにコメントしてみませんか?

【MIXI】
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5209702

【Amebaグルっぽ】
http://group.ameba.jp/group/Dja_tcO2v4YO/

◆皆さんのちょっとした疑問、相談、不安、聞いてほしい!助けて~っ!
などのヘルプや、どういったツールが自分に合っているのかを
気軽に『無料』で相談することができる

『ホットライン』

ヒーラーの方もお気軽に!
hotline@hhc-holistic-healing-center.com

□発行者:TOSHIO SATOのブログ
http://profile.ameba.jp/toshio-hhc/
【悟ることになった真理(この世の中の本当のこと)とは…】

□発行者:TOSHIO SATOのコミュニティー
http://www.facebook.com/hhc.toshio
【face book】

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む