Nakasen塾長~受験生に贈る言葉~

中川勇一【英知を磨くは何のため】

カテゴリー: 2015年12月31日
「塾生の夢が僕の夢」
新規入塾生受付中!!
http://soeigakkan.com/

■□■□■□■□■□■□
【英知を磨くは何のため】
□■□■□■□■□■□■

こんにちは。中川です。

今年の授業が終わりました。

今年は大きな変化があった年でした。


今年のスタートは精神的にかなりきつい状態でのスタートでした。
眠れない夜が続き、心にも全く余裕がない状態でした。

そんな状態の中でも、受験生が一生懸命努力をしてくれたおかげで、
創価中学受験クラス最後の年に合格者一名。

夢であった国際教養学部に三名の合格者を出すことが出来ました。
また、結果的に11名の塾生を創価大学、創価女子短期大学に送り出すことが出来ました。


しかし、その一方でそれまで使っていた教室を出なければならないという状況がありました。
精神的にもかなり弱っていたので、もう塾をやめようと思い就職活動を始めました。

でも、塾生の顔を思い浮かべると「本当にそれでいいのか。」と迷いの連続でした。
更に、尊敬するお義父さんから「塾を止めるな。」と厳しくも温かい言葉をいただきました。


「行き詰まったら原点へ」

創立者から卒業式の時に頂いたご指導です。

「そうだ、もう一度原点に帰って戦おう。」と自ら鼓舞しました。

塾を始めた時は、教室もない生徒さんもいないという状況でした。その上、塾の経験も全くありませんでした。
あったのは情熱だけでした。

「この世にない塾を創りたい。塾生の幸せを第一に考える塾がしたい。」

その思いで、12年間やってきました。

今では、経験も実績もあります。塾を始めた頃に比べたら恵まれた環境です。

「あの時の情熱があれば必ず乗り越えられる!!」

そして、テレビ電話を使った授業をすることに決めました。ありがたいことに、新しい授業スタイルに変わったにもかかわらず、
入塾してくださった生徒さんが昨年より増えました。

その中から、既に推薦で創価女子短期大学に1名、創価大学に3名が合格されました。

「塾をやめないで良かった!!」

今では心からそう思います。


昨年末の自分は、未来のことは考えられませんでした。

でも、今年の僕は違います。この一年、つらいこと苦しいこと(尊敬する母の死など)を乗り越えて得たことがあります。

それは「俺が勝たなければ、周りを不幸にしてしまう。」ということです。
だから負けるわけにはいきません。


来年は創英学館は過去最高に飛躍します。

ネット授業と、通塾生の授業のダブル授業を行います。
また、師に誓った100名の合格者を来年度に達成します。


本年も感謝の一年でした。来年も必ず勝ちます!!

決意の動画を更新しましたのでご覧ください。

https://youtu.be/yAXnh8iJajQ


--------------------------------------
・発行人   :中川勇一
・住所     :東京都小平市上水新町3-1-8-2
・facebook  :http://facebook.com/soeigakkan
・ブログ    :http://ameblo.jp/soeigakkan
・ツイッター :http://twitter.com/soeigakkan
・連絡先   :nakagawa@soeigakkan.com
---------------------------------------


創英学館HP:http://soeigakkan.com/

Nakasen塾長~受験生に贈る言葉~

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/02/15 部数:  37部

ついでに読みたい

Nakasen塾長~受験生に贈る言葉~

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/02/15 部数:  37部

他のメルマガを読む