Nakasen塾長~受験生に贈る言葉~

中川勇一【英知を磨くは何のため】

カテゴリー: 2014年09月05日
「塾生の夢が僕の夢」
新規入塾生受付中!!

小平ナンバーワンの塾を目指して!!

http://soeigakkan.com/

■□■□■□■□■□■□■□■□■
【英知を磨くは何のため】 第133号
□■□■□■□■□■□■□■□■□

こんにちは。中川です。

久しぶりのメルマガ配信です。

七月、八月は合宿・夏期講習があるため塾の仕事に専念しておりました。

今年度から社会見学を始めました。
夏の様子はFacebookで紹介しておりますので、良かったら訪問してみて下さい。

http://facebook.com/soeigakkan


先日結婚された塾生が、八月に塾に遊びに来てくれました。

「何かしてあげられないかな。」と考えた末、歌を歌う事にしました。

Youtubeにアップしたのでご覧下さい。僕の最近の姿が映し出されます。

http://youtu.be/IW4IbJHZN18

人革を読み進めているので、九月はどんどん更新したいと思います。

======
「獅子」の章
======

日本の教育の普及は、明治以降、急速に進み、戦後は、中学まで義務教育となり、
大学の数も増大した。しかし、それが、人間の幸せに、本当につながっているのかね。
大学生の数は増えても、人格も、知恵も、見識の乏しい人間が増え、学歴自体が目的になってしまった。

(中略)

それは、結局、人間が進むべき道を教え、政治、経済、科学、教育をリードする、生命の哲学が確立
されていないからだ。

----------------------------------------------------------------------------

「何のために大学に行くのか?」

かつては良い大学に行って、良い会社に入って、良い暮らしをするという理想のパターンが存在した。
しかし、現代はどうだろうか。

大学に行っても就職が出来ない学生。大学で一生懸命学び国家資格を取得しても仕事がない人達。
一方で、大学を出ていなくても社会で活躍している社会人。

大学自体は幸福をもたらしてくれない。生命の哲学を確立し、自身の使命を果たすために
学ぶところが大学である。

幸不幸は自身の生き方で決まる。

学び続けることで、人格を磨いていきたい。

--------------------------------------
■発行人   :中川勇一
■住所     :東京都小平市津田町2-2-4-303
■facebook  :http://facebook.com/soeigakkan
■ブログ    :http://ameblo.jp/soeigakkan
■ツイッター :http://twitter.com/soeigakkan
■連絡先   :nakagawa@soeigakkan.com
---------------------------------------


創英学館HP:http://soeigakkan.com/

Nakasen塾長~受験生に贈る言葉~

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/02/15 部数:  37部

ついでに読みたい

Nakasen塾長~受験生に贈る言葉~

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/02/15 部数:  37部

他のメルマガを読む