Nakasen塾長~受験生に贈る言葉~

中川勇一【英知を磨くは何のため】

カテゴリー: 2014年05月27日
「塾生の夢が僕の夢」
新規入塾生受付中!!

小平ナンバーワンの塾を目指して!!

http://soeigakkan.com/

■□■□■□■□■□■□■□■□■
【英知を磨くは何のため】 第129号
□■□■□■□■□■□■□■□■□

こんにちは。中川です。

人革で山本伸一がヨーロッパ滞在中に、必ず登場する川崎鋭治さん。

実は、僕がフランスに行った時にお会いしました。
川崎さんは、僕に「また、フランスに来てください。」と激励して下さいました。

また、ヨーロッパに行ってみたいです。

------------------------------------
~大光の章~

”これからは、一部のエリートが、大多数の民衆を支配する社会であってはならない。

民衆自身が目覚めて、政治を監視し、自由に発言できる力をもってこそ、真の民主であり、
真の祖国の復興になるはずだ。民衆を聡明にしよう!民衆を勇敢にしよう!民衆を雄弁にしよう!”

そのために、グルントウィが構想したのが、「フォルケホイスコーレ」であった。これは、
「民衆の大学」を意味し、「国民高等学校」と訳されているが、広く民衆のために高等教育の
場を開こうとするものであった。

(中略)

彼は、この「フォルケホイスコーレ」で一方的、権威的な詰め込み教育ではなく、教師と学生が
共同生活をしながら、自由な対話の中で学んでいくという、全く新しい高等教育を構想したのである。

------------------------------------------

教育とは、教師が生徒に一方的に何かを教え込むものではない。

教える側と教えられる側が、対話を通して知識、また知恵を身に付けていくものだ。

創英学館でも、可能な限り塾生との対話を通して授業を進めていきたい。


--------------------------------------
■発行人   :中川勇一
■住所     :東京都小平市津田町2-2-4-303
■facebook  :http://facebook.com/soeigakkan
■ブログ    :http://ameblo.jp/soeigakkan
■ツイッター :http://twitter.com/soeigakkan
■連絡先   :nakagawa@soeigakkan.com
---------------------------------------


創英学館HP:http://soeigakkan.com/

Nakasen塾長~受験生に贈る言葉~

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/02/15 部数:  37部

ついでに読みたい

Nakasen塾長~受験生に贈る言葉~

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/02/15 部数:  37部

他のメルマガを読む