Another拓さんを秘書がこっそり教えます

Another拓「タヌキ」

先日、山形県最上町を訪問したときのこと。

使わなくなった保育所を利用して地元のお母さん方が蕎麦を提供する食事処を営んでいらっしゃるということで、一行でそちらにお邪魔しました。

地元で採れた山菜のてんぷらや手打ちそばをおいしくいただいていると、同行されたある人が地元の方に質問をされました。

「私は都会育ちなのでこういう地域は興味津々なんですが、ここはやはりタヌキとかが出没するんですか?」

「ええ、それはもう、たくさん出ますよ。他にサルとかも出ますが」

黙々と、ズルズル音を立ててそばをすすっていたオヤジは、その言葉に敏感に反応。

「ほぉ。私たちが住んでいる永田町にもタヌキがいますよ。それも複数」

この一言に周囲は一瞬の静寂があって、爆笑が起こりました。


「出る」じゃなくて「いる」とは・・・。

永田町はなかなかに個性豊かな人が多いようです。

オヤジも含めて。

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む