本からいただく言葉…魂の止まり木として

読書普及協会メルマガ第247号 けったさんの巻【見方を変えれば、受け止め方は変わる。】


カテゴリー: 2018年06月06日
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

      【本からいただく言葉・・・魂の止まり木として】
       見方を変えれば、受け止め方は変わる。
       第247号 2018年6月6日発行

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●    
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
みなさま、おげんきですか~?
さて、読書普及協会公認メルマガも、早やくも247号ですよ~

お楽しみくださいませ!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
今週の目次
1■【今週の読書道☆見方を変えれば、受け止め方は変わる。】
2■【七夕ビブリオバトル☆彡@熊谷堂書店】のお知らせ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1■【今週の読書道☆見方を変えれば、受け止め方は変わる。】

「今年の総会の後、何しましょうか」
伊丹のブックランドフレンズに、こんぶさん、きんちゃん、しろうさん、私の4人が集まり
総会後のイベントについて話し合った。
一度は、「京都の川床で流しそうめん」をする企画に決まりかけたが、
3~4時間待ちになることもあると分かり、断念。
 
その後、ログハウス貸し切りバーベキューや、水陸両用車に乗る案などが出るも、どれもなかなかピンとこない。

「なんか『これや!』っていう、ええ案ないかなぁ」
 
そんなとき、きんちゃんがつぶやくように言った。

「僕、増山実さんの
『風よ 僕らに海の歌を』
のモデルになった宝塚のイタリアンに行ってみたかったんですよねぇ」
「なんですか、それ!?」
「この本のモデルとなった日本最古のイタリアンレストランが宝塚にあるんです」
「それいいじゃないですか!」
「だったら、増山さんに声かけましょうか」
「え!!?そんなことできるんですか!?」

すぐにブックランドフレンズの店長こんぶさんが、
増山実さんと、イタリアンレストラン「アモーレ・アベーラ」に電話してくださって、
あれよあれよという間に
『「アモーレ・アベーラ」でランチをいただきながら、増山実さんご本人からお話を聞けちゃう会』
ができることに。
 
なんか豪華すぎて鼻血でそうです。
 
6/3には、この本を課題本に
読書会をすることになったので
買って帰って早速読み始めました。
 
 
第二次世界大戦時、イタリア海軍の特務艦「リンドス号」に乗っていた料理担当の兵士ジルベルト・アリオッタ。
仲間として日本兵と一緒に船に乗っていたが、
イタリア政府の突然の降伏で彼は、祖国へ帰ることができなくなった。
仲間だった日本兵は、急に敵となった。
戦争、戦後の時代に翻弄されながらも、置かれた場所で懸命に生きてきたジルベルト・アリオッタの人物像が、
彼と共に過ごした人たちの言葉によって浮かびあがってくる。
 
こんなに、一気に読んでしまう小説は久しぶりだった。
 
この小説に惹きこまれた理由の1つは
史実や、実際の場所がたくさん小説の中に取り込まれているところだ。
 
小説の中で
兵庫県の武田尾温泉から、
当時はまだ汽車が走っていた武庫川沿いの線路の上を歩いて
真っ暗なトンネルを抜けて花見に向かう場面があります。
 
今は、このJR旧福知山線の線路は
廃線ハイキングコースとなっています。
武庫川渓谷の川を横に見ながら、
枕木の上を歩いて、何か出てきたらどうしようと思うくらい
真っ暗なトンネルをいくつも抜けていきます。
不安な気持ちで、トンネルを進んでいくと
トンネルの先に、緑のきれいな景色が広がってくる
とっても素敵な場所です。
 
また、小学生の頃
家族でよく行っていた宝塚ファミリーランドや、宝塚歌劇のことなど、
宝塚の魅力がぎゅぎゅぎゅっと、これでもかというくらい詰め込まれています。
 
先日、総会会場予約のために宝塚に行ってきました。
せっかくなので、小説にも出てきた
「花のみち」を通って宝塚大劇場に向かいました。
楽しかった思い出は強くあるものの、いまやうろ覚えの宝塚ファミリーランドですが
「花のみち」を見た途端、
「ファミリーランドに向かう道だ!」
と、とても懐かしい気持ちになりました。
あやふやになりつつある私の思い出を
この小説の描写と、宝塚の風景がよみがえらせてくれました。
 
「懐かしい」って、なんかうれしいなぁ。
 
この小説は、いろんな年代を行き交いますが
その時代時代に活躍した人や、場所のことが
細やかに描かれ、絡み合って
「ここに、この人を登場させるのか!」
という面白さがたくさんあって、感嘆のため息が洩れ出てしまいます。
 
この小説に惹きこまれた理由の2つ目は
「視点が変われば、受け止め方が変わる」
ということを、何度も感じさせてくれたことです。
 
同じ出来事でも、日本人とイタリア人では
受け止め方が全然ちがう。
 
自分がやりたいことが見つからず
毎日嫌で仕方がない時に、イタリア人がかけた
『ダンスホールでは、ダンスを踊りなさい』
という言葉。
 
「郷に入っては郷に従え」
が少し頭に浮かんだけど、
イタリア人の言葉には、規律に従うといったような堅苦しさがない。
 
 
今、自分がいる場所でできる最良のことをする。しかも、楽しんで。

そんな、明るさと軽やかさのあるイタリア人の考え方に、何度も元気をもらうことができました。
 
第二次世界大戦の終戦というものを
日本人、イタリア人はそれぞれどう受け止めたのか。
  
「死」というものを、人間、動物はそれぞれどう受け止めているのか。
 
 
自分の周りに何かが起こったとき。
 
それは、悪い出来事だろうか。
それとも良い出来事だろうか。
 
 
正解は一つじゃない。
 
見方を変えれば、受け止め方は変わる。
 
 
明るいイタリア人の生き方に憧れる。
 
見方を変えるだけで、変えられることがあるのなら
できるだけ物事をいいように捉えて
何事にも執着することなく
風のように軽やかに生きていけたらいいなぁと、そんな風に感じさせてくれる小説でした。
 
 
7/21(土)総会と総会後のランチ&増山実さんとの交流会に参加できる方は
ぜひぜひ、この本を読んでお越しください。
 
この本の中に出てくる宝塚の町の雰囲気、
モデルとなったイタリアンレストラン「アモーレ・アベーラ」でのランチや
増山実さんのお話を、一緒に味わいましょう。
 
7/21(土)宝塚にて。
お会いできる日を、楽しみにお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総会と、総会後のランチ会の詳細、
お申し込み・お問い合わせは、
こちらから。
http://kokucheese.com/s/event/index/519396/

こくちーずから、
お申し込み・お問い合わせができない方は
ブックランドフレンズ河田店長(こんぶさん)までお電話ください。
072-777-1200
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
皆様、最後までお読みいただきありがとうございました~!
けったさん、関西のみなさま、総会のお骨折りありがとうございます。
素敵な総会とランチ会になりそうですね~!
たくさんの方のご参加おまちしております!

 お気に入りの本は読書のすすめでどうぞ♪
 http://dokusume.com/modules/store/


 こんぶ店長のブックランドフレンズでもどうぞ♪どうぞ♪
 http://www.honyakamo.com/

さてお次はチームさいたまのつけちゃん。から耳寄りなお知らせで~す。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2■【七夕ビブリオバトル☆彡@熊谷堂書店】のお知らせ
七夕の夕方にチームさいたまのビブリオバトルを開催します!

場所は熊谷の「熊谷堂書店」さんです。学校の教室のような懐かしい雰囲気で、
素敵な和室の読書室がある書店です。この機会にぜひ足運びいただければと思います。
ご参加心よりお待ちしております。

テーマはありません。ご自身が読んで面白いと思った本を紹介してください。

発表者としてでも観戦者としてでも、どちらにしてもお気楽にご参加ください。



内容:ビブリオバトル
集合:現地集合
場所:熊谷堂書店(秩父鉄道石原駅徒歩10分)
https://kumagai-dou.jimdo.com/
〒360-0833 埼玉県熊谷市広瀬389-1 Tel: (048) 521-2601

時間:7月7日(土) 16時開始(15時45分受付開始)。18時終了予定。
(当日お昼過ぎから書店に入ることもできます)
定員:15名(発表者先着10名まで)
参加費:無料
申込:(1)発表者か見学者か(2)当日連絡可能な電話番号の2点を明記の上、渡辺までお願いします。
メール(渡辺):nabetaka555*yahoo.co.jp
(*を@に変更して送信ください)

*発表希望の方は、事前に発表する本の書名(候補本として複数も可)を
7月1日(日)までにメール又はフェイスブックメッセージで渡辺までお知らせください
(期日過ぎる場合もなるべくお知らせ下さい)。


ビブリオバトル読書会とは?
本を知り人を知る書評ゲームです。

【公式ルール】
1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2. 順番に一人5分間で本を紹介する。
3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
4. すべての発表が終了した後に
『どの本が一番読みたくなったか』を基準とした投票を
参加者全員一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

主催:NPO法人読書普及協会チームさいたま
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

素晴らしいイベントですね!
素敵な本屋さんで大好きな本のお話ししましょうね~。
御用とお急ぎでない方は、是非熊谷まで足をお運びくださいませ!      

ドクシー2で盛り上がりましょう~!
http://www.c-sqr.net/

こちらでは「やっこ@ほがらか堂」という名前で出ていますよ~♪
http://www.c-sqr.net/cs78042/

ドクシー2の招待メールがまだ行っていないという方も、
このメルマガに返信すると、メルマガ発行者にメールが届くようになっています。

ご感想もどしどし、返信でお送りくださ~い♪
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 発行: NPO法人 読書普及協会
      編集人: 高橋康子
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/07/18
部数 245部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/07/18
部数 245部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング