お母さんの為の心得講座

■お母さんの為の心得講座(無料携帯版)491号「違うものを見ている!?」

カテゴリー: 2018年11月26日
こんにちは、NK総研 所長、カウンセラーの瀬川です。

鍋が美味しい季節になりましたね。(^^)

さて、今週のテーマは、「違うものを見ている!?」

先週、人は見たいものを見ると言う話をしました。

そう考えると、同じものを見ていても想いが違えば、
違うものに見えていると言うことが起こります。

例えば、紅葉

多くの方は紅葉をキレイだな~と見ています。

しかし、それが落ち葉になり掃除が大変だと思うと、キレイだなんて思う余裕はありません。

また今年も大変だなと肩を落とすだけです。

そんな人に、「紅葉がキレイですね」と話しかけても期待するような返事は返ってこないでしょう。

同じものを見ていても、人によっては全く逆の見方をすることもあるのです。

子育てでは、その場面がよくあります。

それは、親の想いと子どもの想いが食い違っていることが多いからです。


例えば、時計を見た時。

夜の9時を指しています。

「もう9時でしょう!!」と言う親と、

「まだ9時だよ」と言う子ども

捉え方は全く逆です。

それを親の圧力で言い聞かすことも時には大切なことです。

しかし、そこで終わるのではなく、なぜそう思ったかを知れば、伝え方は変わります。

子どもに寄り添って話を伝えることができます。

それは子どもが話を聞く体制になれると言うことです。

これは子どもに限らずコミュニケーションの基本です。

一方的に話すのではなく、相手を理解することで、相手がこちらの話を聞いてくれる体制になってくれる。

子育てでは上から一方的に言った方が良い時もあります。

それでも、子どもの想いは理解してあげましょう。

同じものでも違って見えているかもしれませんからね。
ヽ(*´∀`)ノ


今週も笑顔の1週間でありますように!!


ご意見・ご感想はこちらにお願いします。
info@e-kokoroe.com

フェイスブック
https://www.facebook.com/hiroyuki.segawa.79
気軽に友達申請してください(^^ゞ

ちょっとは役に立ったな~とお思いになりましたら、周りの方にも是非ご紹介下さい!!

登録は、こちらから。
http://mobile.mag2.com/mm/M0083517.html


ついでに読みたい

お母さんの為の心得講座

発行周期:  毎週月曜日12:30 最新号:  2019/03/25 部数:  67部

他のメルマガを読む