お母さんの為の心得講座

■お母さんの為の心得講座(無料携帯版)487号「期待とワガママ!!」

カテゴリー: 2018年10月29日
こんにちは、NK総研 所長、カウンセラーの瀬川です。

急に寒くなってきましたが、季節の移り変わりは早いですね(^^)

さて、今週のテーマは、「期待とワガママ!!」

親は子どもに期待するものです。

そこには大きく2通りの期待があります。

一つ目は純粋な期待です。
親が子どもに幸せになってほしいと思うのと同じように、そうなることを期待しています。

そしてそれを実現させるために親は日々悩み頑張っています。

それに反して2つ目は、自分の欲求からくる期待です。

子どもの幸せを超え、自分の想いに期待が膨らむ。

それ自体が悪いことではないのですが、その期待に応えられなかった時、
もしくは期待に応えられそうにない時に2つの期待には大きな差が生まれます。

それが自分の感情の変化です。

怒りや喪失感などの感情は期待が大きければ大きいほど膨らみます。

そしてそれは2番目の自分の想いによる期待によることが多いのです。


感情的になるのはどんな想いであれ、その想いが強い証拠です。

問題はその想いが時として自分自身の見栄と言うようなワガママである時です。

例え親の見栄でも子どもは応えようとするかもしれません。

それが良い方向に向かうこともあります。

何が正解で何が不正解などと言うことはありません。

ただ、私はそのことをキチンと分かっていてほしいのです。

よく「私は子どものことを想って・・・」と言う親御さんがいます。

しかし、そう言う方に限って、自分自身を振り返ることを拒否しています。

簡単に言えば、よく考えていないのです。

よく考えずに感情的に正しいと思い込んでいる。

その想いが悪いわけではありません。

親は子どもには期待を持って接してほしいと思います。

期待されることはエネルギーになります。

しかし、過度な期待は時として毒にもなります。

過ぎたるは猶及ばざるが如しです。

何事もバランスが大切です。

そのバランスは自分ではなくお子さんのために取るものです。

自分の欲求にワガママになり過ぎないようにちょっと自分の持つ期待を振り返ってみてください。

そして、お子さんをよ~く見てあげましょう。

意外と周りの環境に影響されて、見えなくなっているかもしれませんよ。
ヽ(*´∀`)ノ


今週も笑顔の1週間でありますように!!


ご意見・ご感想はこちらにお願いします。
info@e-kokoroe.com

フェイスブック
https://www.facebook.com/hiroyuki.segawa.79
気軽に友達申請してください(^^ゞ

ちょっとは役に立ったな~とお思いになりましたら、周りの方にも是非ご紹介下さい!!

登録は、こちらから。
http://mobile.mag2.com/mm/M0083517.html


ついでに読みたい

お母さんの為の心得講座

発行周期:  毎週月曜日12:30 最新号:  2019/03/18 部数:  67部

他のメルマガを読む