お母さんの為の心得講座

■お母さんの為の心得講座(無料携帯版)484号「あいまいで良いこと悪いこと!!」

カテゴリー: 2018年10月08日
こんにちは、NK総研 所長、カウンセラーの瀬川です。

気温の変化に適応できずに風邪を引いてしまいました (^^;)

さて、今週のテーマは、「あいまいで良いこと悪いこと!!」

人間関係も親子関係も全てをハッキリさせればいいというものではありません。

中にはあいまいにしておく方が良いこともあります。

しかし、これが理屈だけでなく、感情によって変化するのでややこしくなります。

例えば、性の問題。

これは家庭によって大きく違うと思います。

お国柄と言うのもあって、日本ではどちらかと言うと、あいまいにする傾向にあります。

セックスについて思春期の子どもキチンと話をするのは難しいと考えている親御さんも多くいます。

私も息子とはほとんど話をしたことはありませんでした。

「いい加減なことはしない」

「息子を信じている」

と言えば、聞こえはいいですが、実は避けている気持ちが強かったです。

どこまでをハッキリと話をして、どこからはあいまいにするか。

これはとても難しい問題です。

タイミングもあります。

良いことと悪いことはハッキリと教えなければなりません。

それはどこまでか?

まずは自分自身の中でそれをハッキリさせることが大切です。

そこをあいまいにしてしまうと、全てがあいまいになってしまいます。

そうしている間にも、子どもはぐんぐん成長していきます。

「キチンと言っておけばよかった」
「あんなこと言わなければよかった。聞かなければよかった」
と後悔する前にまずは自分の中をハッキリさせておきましょう。
ヽ(*´∀`)ノ


今週も笑顔の1週間でありますように!!


ご意見・ご感想はこちらにお願いします。
info@e-kokoroe.com

フェイスブック
https://www.facebook.com/hiroyuki.segawa.79
気軽に友達申請してください(^^ゞ

ちょっとは役に立ったな~とお思いになりましたら、周りの方にも是非ご紹介下さい!!

登録は、こちらから。
http://mobile.mag2.com/mm/M0083517.html


ついでに読みたい

お母さんの為の心得講座

発行周期:  毎週月曜日12:30 最新号:  2019/03/25 部数:  67部

他のメルマガを読む