お母さんの為の心得講座

■お母さんの為の心得講座(無料携帯版)479号「親も夢を見ている!!」

カテゴリー: 2018年09月03日
こんにちは、NK総研 所長、カウンセラーの瀬川です。

夏休みは終わっても、夏は全然終わりませんね(^^;)

さて、今週のテーマは、「親も夢を見ている!!」

先週、「“夢から始まる努力!!”
チャレンジすることが大切なんです」

と話をしました。

しかし、そんな子どもの夢を現実に引き戻しているのが、
実は親が見ている夢であることが多いんです。

夢と言うのは言い過ぎかもしれませんが、
親がもっているイメージだとか、
親が考えている理想の姿と言えばいいでしょうか。

「子どもにこうなってほしい!!」

「こんな風に育ってほしい!!」

誰だって子どもに対して抱いている想いです。

そんな想いがあるから、頑張れますし、逆に悩み苦しむこともあります。

そのギャップが大きすぎて暴力に走ってしまうこともあります。

少なくとも今このメルマガを読んでいる人は間違いを犯すことはないでしょうが、
想いはしっかりと思っているはずです。

それ自体はとても大切なことであり、自然なことです。

その想いがお子さんにとって負担となることもありますが、
それは親からの刺激であり、それが子育てと言うものだと私は考えます。

ただ、気をつけてほしいのは、親の想いに正解はないと言うこと。

どんなに正しいと思うことであっても、
仮に自分自身が体験したことであっても、
絶対に正解とは限りません。

より安全であるとか、より正解に近いというのは認めます。

しかし、結果的にその通りになったとしても絶対ではありません。

だからこそ、子どもの夢が0.1%であっても
芽を摘むのは正しいのではなく親の想い(エゴ)だと認識してほしいのです。

何度も言いますが、ほとんどは正しいはずです。

でも、それは100%ではないことを謙虚に受け止めていてほしいのです。

そうしないとお子さんは親の夢の中に小さく小さく留まることになります。

親としての想いは、大きく大きななってほしいのにどんどんその逆になってしまいます。

親は子どもよりも多くことを経験していますし、
いろんなことを考えることができます。

それが行動すること(チャレンジすること)を躊躇させます。

「では、どうすればいいのか?」
と訊かれてもその答えはありません。

ただ言えるのは、謙虚になること。

子どもに対してではありません。

自分に対して謙虚になることです。

謙虚になると、自分自身も子どものこともより見えるようになり、
より声が聞こえるようになります。

そして、自分自身を認められるようになります。

背伸びが必要な時もありますが、無意識に背伸びするのではなく、
ちゃんと意識して背伸びできるようになります。

謙虚になるとは、自分自身を振り返ることなんです。

親も夢を見ています。

そんなことを一度謙虚に振り返ってみて下さい。
ヽ(*´∀`)ノ


今週も笑顔の1週間でありますように!!


ご意見・ご感想はこちらにお願いします。
info@e-kokoroe.com

フェイスブック
https://www.facebook.com/hiroyuki.segawa.79
気軽に友達申請してください(^^ゞ

ちょっとは役に立ったな~とお思いになりましたら、周りの方にも是非ご紹介下さい!!

登録は、こちらから。
http://mobile.mag2.com/mm/M0083517.html


お母さんの為の心得講座

発行周期: 毎週月曜日12:30 最新号:  2019/01/14 部数:  69部

ついでに読みたい

お母さんの為の心得講座

発行周期:  毎週月曜日12:30 最新号:  2019/01/14 部数:  69部

他のメルマガを読む