お母さんの為の心得講座

■お母さんの為の心得講座(無料携帯版)472号「やさしさは思いやり!!」

カテゴリー: 2018年07月16日
こんにちは、NK総研 所長、カウンセラーの瀬川です。

この度の西日本を中心とした記録的な大雨により、
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、今週のテーマは、「やさしさは思いやり!!」

先週、「最後はやさしさ」と題して話をしました。

やさしいは甘やかすと違うことはよく分かっていると思います。

しかし、一部の親御さんは過保護と言われるように、
過剰に子どもを守ろうとします。

それはやさしさではありません。

過保護になる親御さんの特徴の一つに自信のなさがあります。

自信がないことによって、人を信じることができないでいます。

人を信じると言うのは自分の判断を信じることです。

これはやさしさにも繋がります。


本当のやさしさとは時には相手にとって厳しさにもなります。

お子さんに「勉強しなさい!!」と厳しく言うのは、
親としてのやさしさの一つです。

(中には自分の見栄のためである方もいますが・・・)


そんなやさしさを伝える時に大事なことが思いやりです。

思いやりとは相手の事を思いやる気持ちです。

この思いやりの気持ちがなければ、時にやさしさは押し売りになってしまいます。

本当のやさしさの中には必ず思いやりの気持ちがあります。

思いやる気持ちがないと自己満足で終わってしまいます。

すると時として、「やさしくしたのに・・・」と
無意識に見返りを望んでしまうようになってしまいます。

やさしさが屈折してしまうのです。

例えば、ただ「勉強しなさい」と言うだけではなく、
思いやる気持ちをお子さんに伝えてあげてみて下さい。

また、「私の具合が悪そうだったので、手伝ってくれたのね」と言うように、
お子さんのやさしさの中にある思いやりの気持ちを言葉に出してみて下さい。

そして、よろこんであげましょう。


分かっているようで相手の気持ちはなかなか分からないものです。

さらに、自分自身の気持ちも気づかないことがたくさんあります。

だからこそ、ぜひ言葉に出してみて下さい。

言葉に出すことで自分自身も変わってきますよ。
ヽ(*´∀`)ノ


今週も笑顔の1週間でありますように!!


ご意見・ご感想はこちらにお願いします。
info@e-kokoroe.com

フェイスブック
https://www.facebook.com/hiroyuki.segawa.79
気軽に友達申請してください(^^ゞ

ちょっとは役に立ったな~とお思いになりましたら、周りの方にも是非ご紹介下さい!!

登録は、こちらから。
http://mobile.mag2.com/mm/M0083517.html


お母さんの為の心得講座

発行周期: 毎週月曜日12:30 最新号:  2018/12/10 部数:  68部

ついでに読みたい

お母さんの為の心得講座

発行周期:  毎週月曜日12:30 最新号:  2018/12/10 部数:  68部

他のメルマガを読む