同盟中原キリスト教会「聖書のことば」

聖書のことば

カテゴリー: 2019年03月24日
2019年3月24日
イザヤ書29章9-14節

29:13 そこで主は仰せられた。「この民は口先で近づき、くちびるでわたしをあがめるが、その心はわたしから遠く離れている。彼らがわたしを恐れるのは、人間の命令を教え込まれてのことにすぎない。」


 「 主の民」というのは、どういう人のことかと思います。

ここでは、主を口先だけで崇め褒め称えているが、その心は主から遠く離れている人たちのことを語っています。

ユダの民が今、そうしたあり方に置かれているというのです。

彼らは、主を恐れ敬う姿勢をとっているが、それは習慣からきている人の教えに過ぎず、その心は主と主の御心から遠く離れているというのです。

口先だけで主を称えていますが、その心は主と主の言葉に聞かず、主に頼らず、この世の知恵と力に頼んで歩む民、この民こそ偽りの民だというのです。

  「主の民」とは、「主を愛する民」のことです。

主と主のみ言葉に心から聞き、その教えに信頼して生きようとする民のことです。

「いかなる時にも、主を信頼する民」のことです。

そうした信仰の民を、主は喜ばれます。

私たちも、信仰の民として歩みましょう。



.

ついでに読みたい

同盟中原キリスト教会「聖書のことば」

発行周期:  日刊 最新号:  2019/03/24 部数:  85部

他のメルマガを読む