携帯ディボーション L.i.C.

満たしてくださる神様

カテゴリー: 2019年03月06日
ジョージ・ミュラーは祈りの人で、5万回祈りの答えをいただいたと言われます。

彼は孤児院の設立を考えたとき、多くの人から不可能だと非難されました。
彼は「私は神様にあまりにも多いことを求めているのではないか?」という考えました。
しかし、そのとき、彼はこんなみことばをいただいたのです。

「あなたの口を大きくあけよ。わたしが、それを満たそう」(聖書/詩篇81:10)
彼はこのみことばに勇気と力を得ました。
「神様、私が孤児院をしたいのは偶然な事ではなく、神様が親しく私の心に与えた願いであることを信じます。私はただあなたの種として働くだけです」

その後63年間、祈りの答えとしてミュラーは150万ポンド近くを受け取り、各地の働きを合わせると、およそ一万人の孤児の世話をしたのです。

さらに彼は、人の救いを願って、長い間祈り続けたことでも有名です。

1844年の11月に、ミュラーは、まだ救われていない5人の人々のために祈り始めました。

この5人のうち、最初の人が救われるまでに18カ月かかりました。
ミュラーは神に感謝し、さらに残る4人のために祈り続けました。
それから5年の歳月が過ぎた時、ついに2番目の人が主イエスに立ち帰ってきました。
ミュラーは、さらに残る3人のために祈り続けました。
3人目が救われるために、さらに6年の歳月が過ぎました。

祈り始めてから36年たっても、まだ2人は救われていませんでした。
しかしミュラーは、「しかしそれでもなお私は神に望みを置いて祈り続けている」と本に書きました。

残る2人の内の1人は、ミュラーの死の直前に救われたそうです。そして最後の1人が救われたのは、ミュラーの死後のことだったそうです。

こうしてミュラーが祈り始めた5人の人は、すべてキリストを信じて救われたのです。

神様が大きな願いを心に与えてくださるなら、その必要も、神様は満たしてくださいます。



□■□■□■□■□■□
【愛の便り 日英対訳版】907円
◆バイブルスタディーのベストセラー。神様を伝えるために、あなたもやってみよう。

PC→https://www.saiwainahito.com/160_254.html
デンワ→029-864-8031

□■□■□■□
★ディボーションの輪を広げよう
このメルマガをぜひお友だちに転送してください♪(^-^)


【登録方法】
●ケイタイ ↓アドレスに「空メール」を送信。
a7000059527@mobile.mag2.com
●PC ↓HPに自分のアドレスを入力
http://www.mag2.com/m/M0059527.html

ディボーションメッセージ(約10分)も無料配信中
http://agapetv.jp
■□■□■□■
このみことばは、皆様の支援によって発信しております。
皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
郵便振替:アガペーインターネット放送局
00180-8-612842
__

ついでに読みたい

携帯ディボーション L.i.C.

発行周期:  平日刊 最新号:  2019/03/20 部数:  2,613部

他のメルマガを読む