携帯ディボーション L.i.C.

無駄ではない

カテゴリー: 2019年03月01日
アマンダは、十代の子ども3人を抱えたシングルマザーです。日曜日の礼拝と祈祷会には参加していましたが、仕事と家事に時間がとられて、ほとんど神様のためには何もできずにいました。そのことで心を痛めていたのです。そこで彼女はせめて会社に通勤するまでの45分間は、誰かのためにとりなしの祈りをささげることにしました。
ある日、仕事で一人のお客から小切手が郵送されてきました。短く手紙が添えてあり、「重い病気にかかってしまい、支払いが遅れました。申し訳ありません。ビバリー・トンプソン」と書かれていました。
アマンダはその手紙を読んで胸が熱くなり、毎日この人のためにとりなしの祈りをしようと決めました。それから数カ月、アマンダは会ったこともないこの彼女のために、毎日祈りました。そのうちに手紙を書いて励ます必要があると感じ、彼女のために祈っていることや、神様が深く彼女のことを愛していることを書き、聖書の言葉を添えて送りました。彼女からは返信はありませんでした。
数カ月たって、見知らぬ男性から電話がかかってきました。その人は、祈っていた彼女のご主人でした。「今、あなたに電話したのは、亡くなった妻の遺品を整理している時に、あなたの手紙を見つけたからです。手紙は擦れていて、妻は何度も手紙を読み返したようです。亡くなる3週間前にイエス様を信じて洗礼を受けました。今は、残された私たち家族も、皆教会に通っています。妻は脳腫瘍だったので、返事ができませんでした。それで私が代わってお礼の電話をしているのです。」

私たちの人生には、これが本当に誰かのためになっているかと思う瞬間があるかもしれません。しかし、髪の毛一筋でも、私たちは神様の前に忘れられてはいないのです。

「神は正しい方であって、あなたがたの行いを忘れず、あなたがたがこれまで聖徒たちに仕え、また今も仕えて神の御名のために示したあの愛をお忘れにならないのです。」(ヘブ6:10)

□■□■□■□■□■□
【愛の便り 日英対訳版】907円
◆バイブルスタディーのベストセラー。神様を伝えるために、あなたもやってみよう。

PC→https://www.saiwainahito.com/160_254.html
デンワ→029-864-8031

□■□■□■□
★ディボーションの輪を広げよう
このメルマガをぜひお友だちに転送してください♪(^-^)


【登録方法】
●ケイタイ ↓アドレスに「空メール」を送信。
a7000059527@mobile.mag2.com
●PC ↓HPに自分のアドレスを入力
http://www.mag2.com/m/M0059527.html

ディボーションメッセージ(約10分)も無料配信中
http://agapetv.jp
■□■□■□■
このみことばは、皆様の支援によって発信しております。
皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
郵便振替:アガペーインターネット放送局
00180-8-612842
__

ついでに読みたい

携帯ディボーション L.i.C.

発行周期:  平日刊 最新号:  2019/03/22 部数:  2,613部

他のメルマガを読む