T-mode 遠山清彦の国会奮戦記(携帯版)

T-mode 遠山清彦の国会奮戦記(携帯版)751 遠山清彦の国会論戦:協力雇用主への支援拡充を

遠山清彦の国会論戦:協力雇用主への支援拡充を

遠山清彦です。3月15日に法務委員会で谷垣法務大臣の所信に対する一般質疑が行われ、私も同委員会理事として質問に立ちました。質疑の大半を、法務省が「世界一安全な国、日本」の目標達成のために取り組んでいる再犯防止対策、なかでも、協力雇用主として登録されている事業者の皆様の諸課題を取り上げました。

質疑の中で詳しく述べていますが、日本で毎年起こっている犯罪の約6割が「再犯者」によって起こされています。「再犯者」というのは、繰り返し罪を犯す人を意味しますが、刑務所に入る全犯罪者のうち、「再犯者」は約3割です。この3割で全犯罪の約6割が毎年起こされているのです。この問題の解決こそ、日本の治安改善のカギになります。

再犯者が再び罪を犯してしまう背景には、「住まい」と「雇用」の問題があります。そこで、私は、罪を犯したり、補導されるなどの前歴がある人をあえて雇用することで治安改善に多大な貢献をしている「協力雇用主」さんたちの努力に焦点を当て、質疑をいたしました。

質疑の中でご紹介させていただいた北九州市の野口義弘さんは、私の友人でもありますが、非行少年少女の立ち直りに尽力されている方です。そのご苦労、ご努力は涙なくして聞けないものばかり。質問をしっかり受け止めて下さった、谷垣大臣の誠実なご答弁に、ただただ感謝です。

少し長いですが、ご興味のある方は議事録をご覧下さい。
http://toyamakiyohiko.com/know/blog/2013/03/5282.html

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む