水島広子のメールマガジン

水島広子のメールマガジンNo.302-2

水島広子のメールマガジン★−No.302(後編)−(2009.8.31発行)

(前編より)

★ 当面の民主党に望むこと

民主党がマニフェストの内容を完璧に4年で仕上げることを私は期待していません。それよりも、「政

治が変わった」という感覚を国民に与えることが不可欠だと思っています。菅直人さんが厚生大臣のと

きに行った薬害エイズへの対応は、政治への信頼を取り戻してあまりあるものでした。

今度は、政府をあげて、それをやっていくことになります。

私は最初の選挙の時に、「新人議員に何ができる?」と聞かれ、「少なくとも、自分が何をやろうとし

ていて、どんな抵抗にあってできないのか、ということを情報公開することはできる」と答えました。

(実際には、思ったよりも遙かに政策を実現できましたが)

政権の座についた民主党も、霞ヶ関や業界との癒着の中で、脅し・すかし・かわしの洗礼は受けていく

ことになりますから、そういう中で、すべてを達成しようと思うよりも、「何をやっていて、どんな抵

抗にあってできないのか」ということを情報公開していくことが何よりも「市民が主役の民主党」なの

だと思います。
世論の後押しがあれば、抵抗は弱まります。

今の民主党にバラ色の希望を持っているわけではありませんが、せっかく政権交代するのですから、く

れぐれも細川政権の二の舞にならないように、何かしらの行動が未来のプラスにつながるのだという前

例を作ってもらいたいと思います。

また、私の最大の希望としては、「自分が変われば政治も変わる」という意識を多くの方に持っていた

だきたいと思います。



★ 小選挙区制の中の国会議員

これはまだ私もよくわからないところです。2005年の郵政選挙、そして今回の政権交代選挙、と見

てくると、個々の議員を個人的に知る立場にある私は、「選挙は個人の資質ではない」としみじみ感じ

ます。小選挙区制のもとでは、党に逆風が吹くと、議員の個人的な資質はほとんど関係なく、吹き飛ば

される人は吹き飛ばされてしまいます。よほど利権の強い人は生き残ります。

小選挙区制は政党中心になるわけですが、では、国会議員の役割は何? ということになります。
強いて言えば、党の政策立案過程に加わる人間。これは、民主党が透明性を保った政策立案過程を続け

ていけば、現実になるでしょう。

私自身も5年間議員をやってみて思ったのが、本人がその気になればできる仕事はたくさんあるとうい

ことです。小選挙区制でこんなにも多くの議員が吹き飛ばされている現状を見ると、本人の業績はどう

なるのだろう、そもそも議員本人の個性はどうなるのだろう、といろいろと考えさせられます。

何はともあれ、少なくとも形式的には新しい政治の夜明けです。
  

━━━━━━━━━
発行者  水島広子
ホームページ
http://www.mizu.cx/
メールアドレス
info@mizu.cx
━━━━━━━━━

水島広子のメールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2018/05/06 部数:  277部

ついでに読みたい

水島広子のメールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2018/05/06 部数:  277部

他のメルマガを読む