通関士・貿易のサプリ

C級:インコタームズ2 & B級:マーケティング2

カテゴリー: 2018年06月29日
▽
▽
▽
▽
△△△△△△△△△△△△△△△

通関士・貿易のサプリ
  
 C級:インコタームズ2
 B級:マーケティング2

         6/29/2018発行

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【昨日書いたブログ】

 今年の通関士講座:
 働き方改革 vs サッカーがみられる
 http://yaplog.jp/tkdream/archive/1279


【今朝発行したメルマガ】
 
 合格祈願! 通関士受験のサプリメント
 http://archives.mag2.com/0000108974/20180629071000000.html

  貿易は、輸入してはならない貨物
  通関は、輸入取引と国内取引

・・・・・・・・・・・・・・

お早うございます。

 発行人の木津隆夫です。


7月の貿易実務検定C級、B級を
 受験される方を

 練習問題で
 サポートしています。


今朝のテーマは、

 C級:インコタームズ2
 B級:マーケティング2
 

まずは、
 
【C級:インコタームズ2】です。

○×問題です。

第1問

 FCAとは、
 輸出地における指定場所で

 売主の指定した運送人に
 貨物を引渡し、

 このときに貨物の危険負担、
 費用負担が売主から買主に
 移転する条件です。


    ↓↓

   考え中
   
    ↓↓

    ×

 売主の指定した運送人

 ではなくて

 買主の指定した運送人です。




第2問

 FCAで
 「運送人に貨物を引渡す」
 とは、

 コンテナー船による貨物を
 CYやCFSで引渡した場合や

 航空貨物を航空会社又は
 代理店に引き渡した場合、

 あるいは複合一貫輸送で
 貨物を複合運送人に
 引き渡した場合等

 が該当する。


    ↓↓

   考え中
   
    ↓↓

    ○

 その通りですね。



第3問

 FCAについて、

 指定場所が売主の施設の場合は、
  
 買主によって指名された運送人
 の輸送手段に積み込まれたときに、

 その他の場合は、
 貨物が売主の輸送手段から
 荷卸ししたれたときに

 貨物の危険負担、費用負担が
 売主から買主に移転します。


    ↓↓

   考え中
   
    ↓↓

    × 

 その他の場合は、

 貨物が売主の輸送手段の上で

 「荷卸しできる状態」で、

 買主によって指名された運送人等
 の処分にゆだねられたときに

 貨物の危険負担、費用負担が
 売主から買主に移転します。

 つまり、この場合は、
 売主には荷卸しの義務はありません。


 難しいポイントですね。
 B級では頻繁に出題されますが、

 C級のテキストに載っています。



第4問

 CPTは、

 貨物の危険負担は

 輸出地において売主によって
 指名された運送人に引き渡さ
 れた時点に買主に移転するが、

 費用負担については、

 輸入地までの費用を含み
 売主が負担する条件です。


    ↓↓

   考え中
   
    ↓↓

    ○

  その通り。


  
第5問

 CPTは、CFR同様、
 在来船の場合に使われる。

    ↓↓

    考え中
   
    ↓↓

    ×

 CPTは、FCAと同様
 コンテナ船等の場合に
 使われ、

 CFRはFOBと同様
 在来船の場合に使われます。



第6問

 CIPは
 貨物の危険負担は
 CPTと同様だが、

 費用負担については、
 輸入地までの輸送費および
 保険料を含み

 この費用は売主が負担する。

    ↓↓

   考え中
   
    ↓↓

    ○

  その通りです。



第7問

 CIPでは、
 その保険条件については

 A/Rおよび
 戦争・ストライキ特約で
 付保することになっている。
  
    ↓↓

   考え中
   
    ↓↓

   ×
 
 最低限の補償条件である
 ICC(C)条件相当を
 満たさなければならない、
 とされています。




第8問

 CIPは、FCA,CPTと同様、
 コンテナー船の場合に使われる。

    ↓↓

   考え中
   
    ↓↓

    ○

  その通り。

         
昨日から、量が増えましたが

 試験前で実力もついてきたので

 大丈夫ですよね!

・・・・・・・・・・・・・・・

まだ、情報量が少ないですが、
ご参考になれば幸いです。

 貿易実務検定対策「メルマガ講義録」
 http://school-kizu.jp/trade.html

・・・・・・・・・・・・・・・


次はB級レベルの問題です。

「B級:マーケティング2」です。


第1問

 物流センター業務において、

 複数の仕入先から様々な貨物を、
 在庫・保管させることなく

 複数の出荷先に振り分け
 集約配送することを

 クロス・マーチャンダイズという。


   ↓

  考え中

   ↓

   ×

 これは、
 クロス・ドッキングといいます。

 参考:
 https://www.boueki.jp/ku-gyo/xdocking.php



第2問

 クロス・マーチャンダイズとは、

 商品単品を販売するのではなく、
 関連商品を含めた
 品ぞろえと売場演出で

 顧客に対して商品提案を行い
 効果的な販売を実施することをいう。

   ↓

  考え中

   ↓

   ○

  その通り。
 


第3問

 競争地位別戦略において、
 リーダーの取るべき戦略として、

 チャレンジャー企業の
 新製品の市場投入に対して、

 模倣戦略で対応するのは
 好ましくない。

  ↓

 考え中

  ↓

  ×

 リーダーなんだから
 模倣なんてしないよな、

 なんて思って

 ○にした人が
  多いようですが、

 この世の中、
 プライドだけでは
 食べていけない。

 恥を忍んで真似るのも
 経営だそうです。

 難しい用語を使うと、
 同質化戦略と言います。

  自社にない製品を
  他社が出した場合、

  模倣して同質又は
  改良した商品を

  より低価格で出し、
  シェアを確保すること、
  だそうです。

 次の頁の説明が
 比較的分かりやすい:

 競争地位別戦略
 http://kccn.konan-u.ac.jp/konan/keiei/topics/topic27.htm



第4問

 トラストとは、
 ニ以上の同業者が市場支配を
 目的として行う

 価格、生産、販売数量等を
 制限する協定や合意のことである。

   ↓

  考え中

   ↓

   ×

 これはカルテルの説明で
 トラストの説明ではないですね。

 カルテルは
 不当な取引制限として
 禁止されています。



第5問

  日本で使用されている
  バーコードの配列は、

  左から国コード、
  商品メーカーコード、
  商品アイテムコード、
  チェックデジットという
  順番で体系化されている。

   ↓

  考え中

   ↓

   ○

  その通り。

  チェックデジットは
  偽造防止、読み誤り防止
  のためのコードのことです。


【参考】
A級の穴埋め問題を意識して
この1問どうぞ!

第6問

(  )に適語を入れなさい。

 消費者の視点に立って、

 小売業者がメーカーや
 卸売業者の協力を得て

 価格設定、陳列や棚割、
 プロモーション、利益管理
 などを

 商品区分単位で管理する
 手法を( 1 )という。

 この( 1 )を実施する
 ことによって、

 顧客ニーズに対応した
 ( 2 )を提示することができ、

 売場全体の( 3 )を
 向上させ、売上を増加させる
 ことができる。

 顧客の( 4 )に対応して
 商品を売場に展開し
 演出することで、

 顧客の商品探索を
 容易にする効果がある。

   ↓

  考え中

   ↓

 1 カテゴリーマネジメント

 2 商品構成

 3 生産性

 4 ライフスタイル


如何でしたか?

奥が深いですね。

というより、
オフィシャルテキストに載っていません。

 でも、過去問から作ったんですよ。
 まあ、試験前ですから捨てますか?

 A級の準備と思って挑戦します?


        お疲れ様でした。

        頑張って!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

通関士・貿易のサプリ
  
 C級:インコタームズ2
 B級:マーケティング2

         6/29/2018発行

・・・・・・・・・・・・・・・・・

このメルマガの登録・解約は、
次のアドレスからどうぞ。
 http://archive.mag2.com/M0033496/index.html 

 発行人兼ライター:

 木津隆夫 (スクールきづ)
  Mail to: takirope@f8.dion.ne.jp

 ホームページ
  http://school-kizu.jp/index.htm

 フェイスブック
  https://www.facebook.com/school.kizu

 ブログ
 http://schoolkizu.blog90.fc2.com/blog-category-39.html
 
Copyright(C)2018 
Takao KIZU All Rights Reserved.

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
▽
▽
▽
▽

通関士・貿易のサプリ

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/19 部数:  822部

ついでに読みたい

通関士・貿易のサプリ

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/19 部数:  822部

他のメルマガを読む