【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

ファストフードの残念なその一言。

■Vol.13 ━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
2019.2.4
― Contents ー
1・今号の「買う人、売る人、そのココロ♪」
  ~ファストフードの残念なその一言
2・社長・マーケッターの必携必読
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■  


こんにちは。
プロモーション・コンサルタントの齊藤靖英です。

たまに食べたくなるハンバーガー。
そこで行ったファストフード店で起きた
ビジネスに役立つ話し(だといいなぁ)です。
まさに「買う人、売る人、そのココロ」が
にじみ出ているエピソードです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1・今回の「買う人、売る人、そのココロ♪」 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  

その日は、アポイントの時間も迫っていたという理由もあり、
大手ファストフード店に入りました。
スマホのクーポンを出そうとしましたが、
あいにくバージョンアップのためリロード。
これが長くて結局、クーポンは使えず…。

それはさておき

順番が来てハンバーガーとポテト、ドリンクのセットを注文して700円ちょっと。
事件(とまではいかないが)は、そこで起きました。

ドリンクにアイスティーを頼んだのですが、セットドリンクはMサイズだったので、
「飲みきれないからドリンクはSサイズにしてください」
と言いました。
すると店員は、ちょっと間をおいて、
「セットドリンクは、MかLしか選べないんです」
と返してきました。



もう、おわかりですよね。



僕は、さらにこう言いました。
「Mだと残して捨てることになるので、Sで良いんです。」
すると店員、
「料金は…」
僕(ちょっと感情を込めて)
「一緒でいいです」


僕はMサイズのアイスティーは飲みきれないから、Sで良いと言ったのですが、
店員はサイズダウンはダメだと言います。

飲食店て、ドリンクは儲かる仕組みになっているから、セットドリンクをM以上にする。
バーガーも普通のハンバーガーやチーズバーガーでなくて、
何とかバーガーにすることで、ボリュームガッツリなセットに見せて、
何とかバーガーの材料費をドリンクとポテトの利益で補おうとする。

それは良いです。

が、

それは完全の売り手の事情。
買い手には大きいドリンクを望まない人もいるんです。

ここ、まさに「買う人、売る人、そのココロ♪」の距離が開いていますよね。
この応対の低さ加減に、この企業のお客さま置き去り利益追求体質の一端が見えてしまいました。

他方、シアトル発、某コーヒーチェーンでは、コーヒーのSサイズを注文すると、
「Mサイズも同じお値段ですが、よろしいですか?」
と尋ねてきます。

この問いかけ、とても重要で「よろしいですか?」と
質問することで決定の意思はお客様側にあります。
先ほどのハンバーガー店は、明かにお店側に押し付け決定権があります。
結局、注文してるしお金も払っているから、怒って帰ることはしませんが、
残念でしかたありません。


その売り手と買い手とのココロの距離、そうとう大きいですよ。


追伸1:先ほどのハンバーガー店の続き。
注文をとった店員が、商品を準備するスタッフに
「ドリンクはSサイズで良いです」というと、
準備するスタッフは、「え~?」だか「えっ?」と言って、
オーダーのレシートを見返していました。
まぁ、セットでSに変更する客はいない、ということなんですね。
ハンバーガーを注文するのも難しい時代です。

追伸2:そうして受け取ったSサイズのアイスティーでしたが、
なんと氷はMサイズの量、入っていました。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2・社長・マーケッターの必携必読 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

社長・マーケッターの方に、お薦めのビジネス書を紹介します。
これまで自分が読んだ本、読みたい本を流行や新旧に関係なく紹介します。

今回ご紹介の本は、
『DELL世界最速経営の秘密』
著 者:スティーブン・ホルツナー
翻 訳:二見聰子
出版社:インデックス・コミュニケーションズ 
判 型:A5判
価 格:1,890円(税込)


学生寮の片隅で始まったカスタムPC屋から、
21年で世界トップクラスになったDELLの
世界最速経営の秘密を解き明かした書。
資金わずか1,000 ドルでスタートした弱小企業が、
熾烈な競争にあ ったPC市場でIBMなどの大企業とどうわたりあい、
現在の成功に至ったのか。
そのビジネスモデルに深くきり込んだ、IT業界 だけでなく、
あらゆる業種に共通するノウハウが満載のビジネス書。


https://amzn.to/2D8Qhkv


この他お薦め本は、ホームページ「必携必読」のコーナーに並んでいます。

http://www.spzep.com/book.htm

おヒマなときに立ち寄ってね~(@^^)/~~~



――――――――――――――――――――――――


弊社では、神奈川・東京の中小企業の販売促進、
プロモーションのコンサルティングをおこなっています。
「メルマガ見た!」で初回のヒアリング30,000円(消費税別)が無料になります。
(遠方の方は、リモート・コンサルティングを計画中ですので、しばらくお待ちください。)


「ホントははじめから無料なんじゃね?」 と思うかもしれませんが違います。
なぜ無料かというと、わたくしの愛読書にロビン シャーマンというコーチングの方の著書
『3週間続ければ一生が変わる』『同 Part2』があります。

https://amzn.to/2EWk5oT

その『同 Part2』の中に「おもいきって、きく」という項があるのです。
彼は「(ふつうはそうだが)きくくらいはいいだろう、とかたくなに信じています」と言っています。
ということは、その後、買うか買わないかの選択の権利は、あなたにあるのです。

だからまずは情報収集のために、お話しを訊いてみたら良いと思います。

「きくくらいはいいだろう」

なんて便利な言葉でしょう。
遠慮はいりません。今スグ、ご連絡を☆

↓こちらのフォームに「メルマガ見た」とご記入いただき送信してください。

http://form1.fc2.com/form/?id=768862


もし面白いと思ったら、知人にも教えていただけたら、嬉しいです☆
最後まで読んでいただき、アリガトウございました~ (@^^)/~~~
次回もお楽しみに!

-------------------------------------------------------------------------
◎登録の変更・解除はコチラ → http://www.mag2.com/m/0001684635.html 

ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ
■発行人情報
商 号;SP ZEP(エスピー・ゼップ)
代 表	齊藤靖英
職 種;プロモーション・コンサルタント


<経営理念>
1・広告を通して「豊かな生活」の提案を行い、販促を通して個人と企業が「豊か」になる生活価値の提案を実現します。
2・消費者・生活者の利益と豊かな生活を第一に考え、その上でクライアントの価値ある利益を追求し事業に従事します。
3・事業を通じてお金、物以外の喜びと幸福を感じる「豊かな生活」を求めます。

座右の銘;お天道さまが見ている。(Otento-sama is watching.)
行動指針;誠実

(ホームページ) http://www.spzep.com
(mail) yasu@public.email.ne.jp
(Facebook)  http://www.facebook.com/spzep
(Twitter) http://twitter.com/spzep


齊藤靖英がプロデュースをしているポッドキャスト番組
■『笑顔のワークライフバランス』
(ブログ) http://sakuramiyuki.sblo.jp (iTunes) http://apple.co/2o0ZOEm 

■『佳代と美香のからすま』
(ブログ) http://colorsmile.sblo.jp  (iTunes) http://u0u1.net/Nj7t
ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ 
(c)2019 SP ZEP All Rights Reserved.

【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  9部

ついでに読みたい

【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  9部

他のメルマガを読む