【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

なくならないパイロットの乗務前飲酒をなくす方法。

■Vol.11 ━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
2019.1.21
― Contents ー
1・今号の「買う人、売る人、そのココロ♪」
2・社長・マーケッターの必携必読
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■  


こんにちは。
プロモーション・コンサルタントの齊藤靖英です。

昨今、大問題化しているパイロットの乗務前飲酒。
果たして解決策はあるのでしょうか?
ビジネスに役立つ話し(だといいなぁ)です。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1・今回の「買う人、売る人、そのココロ♪」 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  

人の命をバカにしているのか!
と言いたくなるほどパイロットの錠前飲酒が
大問題化していますね。

イギリスではJALの操縦士が禁固10カ月。
その他出るは出るは。
中には、部下だか後輩に代わりに検査させて、
はいOKなんて悪質極まりない者もいて、
そんなんで操縦して、もし飛行機が落ちたらお前、どう責任取るんねん?

飛行機が落ちたら、といえばグアムでは、
大型クルーズ船「にっぽん丸」がバックして
桟橋にぶつかるという事故が起きましたね。
これも船長が飲酒していて操縦を誤ったから。

これだけ出るということは、
もう当たり前のように日常化しているということですよね。
一般企業では、「“慣れ”から起こるミス」ということで、
それが重大なミスやトラブルにつながることは、あたりまえ。

操縦士の飲酒問題。
人災にならないことを切に願うばかりです。
なんて他人事のように言ってはいられません!


果たしてこの問題、解決することができるのでしょうか?


できます!


自動車は、刑事事件になれば酒酔いの度合いにもよりますが、
「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」や12年以下の懲役、
点数に応じて免許取り消しや免停90日などの行政処分があります。

船舶は酒酔い操縦で3月以下の懲役又は50万円以下の罰金等とされています。
なのにパイロットの飲酒は会社任せ。

どう考えてもおかしい。
飲酒をして乗り物を運転するということでは、自動車も飛行機も船舶も一緒ですよね。
事故を起こして人の命を奪う、ということではリスクはどれも同じ。
(自転車だって同じです。)

なのになぜ、パイロットの飲酒は会社任せなんだ!?


そこでもし僕が国交大臣なら、法律を変えて、自動車免許と連動した罰則を制定させます。
パイロットが飲酒検知されたら操縦士免許の免停やはく奪の規則を作り、
同時に自動車の運転免許とリンクさせて、自動車免許にも減点と罰金を与える。
だってパイロットが操縦前に飲酒しているということは、
休日に自動車の運転の前に飲酒しないという保証はないからね。

パイロットが素晴らしいのは、その高い技術をもって社会に貢献しているから。
だから高給といわれたって、尊敬はすれどうらやましいとは思わない。
だからこそ罰則は厳しくしないと、ということで
自動車運転免許と連動した罰則を法律で定めます。

でも、ただ罰則だけ厳しくしても不公平が生じるから、
操縦免許を持っている人の自動車税は一般の人より安くする、
その家族は、操縦免許特別割引で自動車を安く買える、などのメリットも付与する。

税金は下がる、家族は自動車を安く買えるとなったら、
家族で飲酒させないように気をつけますよね。

大事なのは、飲酒するしない、ではなく、
人災を起こしたら、大変なことなんだよ、と日常生活のなかで意識化させること。
これは仕事中に起こるミス、トラブルとも置き換えることができます。


パイロットの操縦前飲酒がニュースになっても、
飛行機に乗るのをやめるかといえば、それはないです。
なので、売る人と買う人のココロの距離とは、若干、異なりますが、
それでも
その売り手と買い手とのココロの距離、縮められますよ。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2・社長・マーケッターの必携必読 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

社長・マーケッターの方に、お薦めのビジネス書を紹介します。
これまで自分が読んだ本、読みたい本を流行や新旧に関係なく紹介します。

今回ご紹介の本は、
『社員をサーフィンに行かせよう~パタゴニア創業者の経営論~』
著 者:イヴォン・シュイナード/(訳)森 摂
出版社:東洋経済新報社
判 型:四六判
価 格:1,890円(税込)


実にユニークなビジネス書です。
著名なクライマーであり、製品品質と環境を重視するアウトドア衣料メーカー「パタゴニア」の創業者でもある
イヴォン・シュイナードが、百年後も企業が存続するために従来の常識に挑み、
信頼できる新しいビジネスの形を世界に訴えかける会社“パタゴニア”の歴史と理念が語る書。

経営理念に悩む中小企業の経営者には、大きいヒントが得られる珠玉の一冊。
英国ヴァージングループ、リチャード・ブランソンの自叙伝「ヴァージン―僕は世界を変えていく」と
併せて読むとより大きな刺激を受けるでしょう。
2007年に発行された本書ですが、近年のロハスブームや働き方改革によって再び注目を集めています。
(というか発行当時、時代よりパタゴニアの理念のほうが先をいっていた、ということですね。)


https://amzn.to/2Cxf7KM


この他お薦め本は、ホームページ「必携必読」のコーナーに並んでいます。

http://www.spzep.com/book.htm

おヒマなときに立ち寄ってね~(@^^)/~~~



――――――――――――――――――――――――


弊社では、神奈川・東京の中小企業の販売促進、
プロモーションのコンサルティングをおこなっています。
「メルマガ見た!」で初回のヒアリング30,000円(消費税別)が無料になります。
(遠方の方は、リモート・コンサルティングを計画中ですので、しばらくお待ちください。)


「ホントははじめから無料なんじゃね?」 と思うかもしれませんが違います。
なぜ無料かというと、わたくしの愛読書にロビン シャーマンというコーチングの方の著書
『3週間続ければ一生が変わる』『同 Part2』があります。

https://amzn.to/2EWk5oT

その『同 Part2』の中に「おもいきって、きく」という項があるのです。
彼は「(ふつうはそうだが)きくくらいはいいだろう、とかたくなに信じています」と言っています。
ということは、その後、買うか買わないかの選択の権利は、あなたにあるのです。

だからまずは情報収集のために、お話しを訊いてみたら良いと思います。

「きくくらいはいいだろう」

なんて便利な言葉でしょう。
遠慮はいりません。今スグ、ご連絡を☆

↓こちらのフォームに「メルマガ見た」とご記入いただき送信してください。

http://form1.fc2.com/form/?id=768862


もし面白いと思ったら、知人にも教えていただけたら、嬉しいです☆
最後まで読んでいただき、アリガトウございました~ (@^^)/~~~
次回もお楽しみに!

-------------------------------------------------------------------------
◎登録の変更・解除はコチラ → http://www.mag2.com/m/0001684635.html 

ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ
■発行人情報
商 号;SP ZEP(エスピー・ゼップ)
代 表	齊藤靖英
職 種;プロモーション・コンサルタント


<経営理念>
1・広告を通して「豊かな生活」の提案を行い、販促を通して個人と企業が「豊か」になる生活価値の提案を実現します。
2・消費者・生活者の利益と豊かな生活を第一に考え、その上でクライアントの価値ある利益を追求し事業に従事します。
3・事業を通じてお金、物以外の喜びと幸福を感じる「豊かな生活」を求めます。

座右の銘;お天道さまが見ている。(Otento-sama is watching.)
行動指針;誠実

(ホームページ) http://www.spzep.com
(mail) yasu@public.email.ne.jp
(Facebook)  http://www.facebook.com/spzep
(Twitter) http://twitter.com/spzep


齊藤靖英がプロデュースをしているポッドキャスト番組
■『笑顔のワークライフバランス』
(ブログ) http://sakuramiyuki.sblo.jp (iTunes) http://apple.co/2o0ZOEm 

■『佳代と美香のからすま』
(ブログ) http://colorsmile.sblo.jp  (iTunes) http://u0u1.net/Nj7t
ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ 
(c)2019 SP ZEP All Rights Reserved.

【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/12 部数:  9部

ついでに読みたい

【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/12 部数:  9部

他のメルマガを読む