【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

驚愕の事実! 業界の構造がよくわからない給湯器。

■Vol.2 ━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
2018.11.12
― Contents ー
1・今号の「買う人、売る人、そのココロ♪」
2・社長・マーケッターの必携必読
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■  


みなさん、こんにちは。
プロモーション・コンサルタントの齊藤靖英です。
立冬を迎えてもまだ日中は暖かい日が続いていますね。

でも夜は寒くなって温かいお風呂が恋しい頃ではないでしょうか?

今回の「買う人、売る人、そのココロ♪」は、
そんな温かいお風呂をつくる給湯器のお話し。
ビジネスに役立つ話し(だといいなぁ)です。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1・今回の「買う人、売る人、そのココロ♪」 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  

我が家は中古で買ったマンション。
引っ越してきてからちょうど10年が立ちますが、
先日、給湯器が壊れました。
少量ですが、水漏れが始まったのです。

そこで急遽、東京ガスさん(の関連会社)を呼んで、調べてもらったら
やはり古くて部品も無いため買い替えとなりました。


見積もりをもらい、製品のカタログを求めたら、
持っていないとのこと。
そこでインターネットで検索したら驚愕の事実が!

なんと給湯器本体の定価が13万円弱に対し、見積額は9万円強。
しかし給湯器工事業者のホームページでは、
同じ製品が本体3万円~4万円、工事費込みでも8万円ほど。

え、え、え????

東京ガスの見積もりでは工事費まで入れると、14万円を超えている!


この価格差って何???

唖然として、東京ガスさんに電話をして質問したら、
「うちの(製品の)値引き額は、ここまでって(会社で)決められているんですよぉ」
とのこと。


結果…


当然、安い業者さんに依頼しました。


さらに調べると給湯器ってどのメーカーのどの製品も価格が安い。
安い業者のホームページには、どこも
「大量に仕入れているから安い」と書いてありますが、
それにしたってこの業界のマーケットでどういう構造なんだろうか?


東ガスさん、給湯器の故障、交換の際は、
ほとんどの家庭が、まず、東ガスさんに連絡するんですよ。
他社と同じような料金設定といわないまでも、
緊急事態なのだから、平均販売価格の1~2割高くても
受注が取れること間違いないです。

それなのに、この売価では、他社と比較する時間があったら、
他所へ行ってしまいます。
仮に本当に緊急に買い替えをしなければならないお客様に、
そんな高い料金で売ったら、あとで詐欺にあった、と思われますよ。
(実際、同じマンションの方で、騙されたと感じている人がいました。)


親会社が東ガスさんというだけあって、お役所仕事っぽいですが、
今どき、その販売方法では通用しません。

その売り手と買い手とのココロの距離、縮められますよ。
ご自身の会社ではどうですか?


追伸;うちが依頼した業者さんは、製品本体の販売価格25,300円、
工事費込みで、67,900円でした。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2・社長・マーケッターの必携必読 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

社長・マーケッターの方に、お薦めのビジネス書を紹介します。
これまで自分が読んだ本、読みたい本を流行や新旧に関係なく紹介します。

今回ご紹介の本は、
『ポケット図解 チャン・キムとモボルニュの「ブルー・オーシャン戦略」がわかる本
 ―競争のない未開拓市場を創る!』/中野 明 (著)


提唱以来、世界中で注目されている経営戦略がブルー・オーシャン戦略」。
本書はブルー・オーシャン戦略の入門書として、基本的な考え方から実際に導入する方法まで
図解でわかりやすく解説されています。
今さらですが、再度、学ぶことで新たな経営のヒントが得られるハズ!
コンパクトで持ち運びやすいサイズですので忙しいビジネスマンに人気の一冊です。


http://amzn.asia/d/ceNQOJH


この他お薦め本は、ホームページ「必携必読」のコーナーに並んでいます。

http://www.spzep.com/book.htm

おヒマなときに立ち寄ってね~(@^^)/~~~



――――――――――――――――――――――――


弊社では、神奈川・東京の中小企業の販売促進、
プロモーションのコンサルティングをおこなっています。
「メルマガ見た!」で初回のヒアリング30,000円(消費税別)が無料になります。
(遠方の方は、リモート・コンサルティングを計画中ですので、しばらくお待ちください。)


ホントははじめから無料なんじゃね? と思うかもししれませんが違います。
なぜ無料かというと、わたくしの愛読書にロビン シャーマンというコーチングの方の著書
『3週間続ければ一生が変わる』『同 Part2』があります。

https://amzn.to/2EWk5oT

その『同 Part2』の中に「おもいきって、きく」という項があるのです。
彼は「(ふつうはそうだが)きくくらいはいいだろう、とかたくなに信じています」と言っています。
ということは、その後、買うか買わないかの選択の権利は、あなたにあるのです。

だからまずは情報収集のために、お話しを訊いてみたら良いと思います。

「きくくらいはいいだろう」

なんて便利な言葉でしょう。
遠慮はいりません。今スグ、ご連絡を☆

↓こちらのフォームに「メルマガ見た」とご記入いただき送信してください。

http://form1.fc2.com/form/?id=768862


もし面白いと思ったら、知人にも教えていただけたら、嬉しいです☆
最後まで読んでいただき、アリガトウございました~ (@^^)/~~~
次回もお楽しみに!

-------------------------------------------------------------------------
◎登録の変更・解除はコチラ → http://www.mag2.com/m/0001684635.html 

ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ
■発行人情報
商 号;SP ZEP(エスピー・ゼップ)
代 表	齊藤靖英
職 種;プロモーション・コンサルタント


<経営理念>
1・広告を通して「豊かな生活」の提案を行い、販促を通して個人と企業が「豊か」になる生活価値の提案を実現します。
2・消費者・生活者の利益と豊かな生活を第一に考え、その上でクライアントの価値ある利益を追求し事業に従事します。
3・事業を通じてお金、物以外の喜びと幸福を感じる「豊かな生活」を求めます。

座右の銘;お天道さまが見ている。(Otento-sama is watching.)
行動指針;誠実

(ホームページ) http://www.spzep.com
(mail) yasu@public.email.ne.jp
(Facebook)  http://www.facebook.com/spzep
(Twitter) http://twitter.com/spzep


齊藤靖英がプロデュースをしているポッドキャスト番組
■『笑顔のワークライフバランス』
(ブログ) http://sakuramiyuki.sblo.jp (iTunes) http://apple.co/2o0ZOEm 

■『佳代と美香のからすま』
(ブログ) http://colorsmile.sblo.jp  (iTunes) http://u0u1.net/Nj7t
ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ 
(c)2018 SP ZEP All Rights Reserved.

【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/10 部数:  5部

ついでに読みたい

【商売は気づき】 買う人、売る人、そのココロ♪

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/10 部数:  5部

他のメルマガを読む