2020さわやかお受験のススメ<小学校受験編>

2020さわやかお受験のススメ<小学校受験編>

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

        「めぇでる教育研究所」発行

 さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第23号)
         2018年12月7日

 現年中児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

(4) 運動テスト  
みんなで一斉に行う集団テストと、一人ひとりで行う個別テストがあります。
集団テストには、先生のお手本を見て、その通りにする模倣体操や、タンバリ
ンなどのリズムに合わせて行進をする、片足で30秒間ほど立つバランス感覚、
指の屈伸などがあります。

個別テストは、ケンケン、ケンパー、くま歩き、ボール遊び、ゴム段、跳び箱、
平均台といった運動をいくつか組み合わせて、先生の模範演技の後に一人ひと
りが挑戦するものです。
たとえば、こういった組み合わせです。

「床に引かれた真っすぐな線の上をケンケンで進み、平均台を渡り、次に
 跳び箱に登り、跳び降り、得意なポーズをする」
         
こういったテストは多くの学校でやっています。しかし、これは技を競う「競
技大会」ではありません。
先ほどのような課題のほかにも、ボールを投げたり、ついたり、走ったりなど
をしながら、年齢にふさわしい運動機能の発育状態を見ているだけです。です
から、難しいものはありません。ウルトラなんとかなどは、オリンピックの話
で、一所懸命、子どもらしく、挑戦できれば、いいのです。

これも生活体験が、そのまま出ます。ボールをついたことのない子にボールを
つけといってもできません。運動は、身体全体で学習するものですから、正直
に表れます。これは、誰の責任でしょうか。ご両親です。運動器官に、何らか
の障害がある場合はともかく、普通の発育状態で、みんなができる運動ができ
ないのは、親がさせていないからといえないでしょうか。こういう子は、比較
的に頭が良いそうです。頭だけ良くても、みんなができることができないと、
いやな言葉ですが、いじめの原因になったりもします。

逆もあるそうです。スポーツ教室に通って、きちんと技をみがき、それは、そ
れでいいのでしょうが、
「みんな、下手だな……! こうやるんだよ!」
見下しているのです。態度が大きいのです。ボール遊びなどでこういうことも
あるそうですが、これも駄目ですね。

早期教育にも、こういう欠点が、表れがちではないでしょうか。
「九九もできないの!」
これと同じです。見下していたカメさんに抜かれるウサギさん、たくさんいる
そうです。ウサギさんは、ひらめき型で、カメさんは、じっくり考えるタイプ
です。繰り返し試みるカメさんを、あたたかく見守ってあげるお母さんになり
ましょう。カメさんは、小学校の4年生頃から、ウサギさんを追い抜きはじめ
ます。その理由は、選択肢が2つか3つの場合、直感力がすぐれているひらめ
き型のウサギさんは、あまり苦労することなく答えを選び出せますが、選択肢
がふえてくると、直感力だけでは解決できなくなります。じっくり考えるカメ
さん型は、選択肢が少なくても、一つひとつ検証しながら答えを出すので、時
間はかかりますが、試行錯誤、“trial and error”を積み重ね、きちんと考え
て答えを出す習慣を身につけているからです。イソップの寓話「うさぎとかめ」
は、油断を戒めたものですが、こういった解釈も可能ではないでしょうか。

余談になりますが、負けたウサギはどうなったかご存知でしょうか。カメに負
けた駄目ウサギとして、ウサギ村から追放されますが、「子ウサギを餌に差し出
せ!」と脅迫する狼をやっつけ、無事、ウサギ村に復帰します。狼をやっつけ
る方法が、用心深いウサギらしく、傑作です。
(「それからのうさぎ」読んであげたいおはなし 松谷みよ子の民話(上)筑摩
書房 刊) 

話を戻しまして、問題点は、まだあります。指示されたとおりにできるかです。
先程のいろいろな運動を組み合わせたものや、模範演技をしっかり見て、理解
し、同じようにできるかです。指示の理解と的確な行動力を判定していると思
います。

まだ、あります。待っている間です。自分の番が来るまでは、緊張しています
から心配ありませんが、自分の番が終わると、ゆるみがちです。他の子どもが
やっている間、キチンと体操座りで待っていられるかです。これも学校側の狙
いだと思うのですが……。

最後に、一言。これは、笑えない話ですね。あるミッション系の小学校の説明
会で聞いた話です。
先生が模範演技をして、さて始めようとしたとき、一人の女の子が聞いたので
した。
「先生、これテストですか?」
「………!」
先生は、何ともいえません。どこの学校も、子どもたちには、テストというプ
レッシャーをかけないように気をつかっていますから、「テストです!」とは、
いいがたいのです。
「テストでないなら、やりたくありません!」
子どもの正直な告白です。毎日、やること、全て、試験のための訓練になって
いるのでしょう。悲しくなりますね。しかし、体を動かすことをいやがる子ど
もなど、いるのでしょうか。「お子さんを追い込むような準備はしないでほしい」
と、シスターはおっしゃっていました。やはり、おかしいです。
おかしくしているのは、誰でしょうか。ほんの一部の猛烈受験ママの話でしょ
うが、こういったことからマスコミのいう「受験戦争の低年齢化」となり、針
小棒大に騒がれてしまうのでしょうけれど、お子さんのためです、こういった
お母さんにはならないでいただきたいとお願いしておきましょう。

昔の話ですが、お父さんが海外へ単身赴任しているお子さんの志望校は、ボー
ルを使った運動テストが行われる暁星小学校でした。盛んに話しかけてくるの
で、やはり、寂しいのだなと耳を傾け、時には叱ったりしたものでした。子ど
もから聞いた話ですが、お母さんと近所の公園で、毎日のようにボール遊びや
縄跳びをしていたそうです。試験のためではなくても、親子で汗を流すのは、
素晴らしいスキンシップになっています。少し太めであったお母さんが、スリ
ムになってきたので、絶対に合格するだろうと思いました。親子が心を一つに
して目標に向かえば、望みはかなえられるものです。入学式の帰りに挨拶に見
えましたが、一番うれしそうだったのは、何と初対面のお父さんでした。遠く
海外にいて手を貸せなかったお父さん……、涙腺の緩い私は、困ってしまった
ことを覚えています(笑)。

何から何まで、塾や教室の先生方にお任せだけでは、良い結果は出ないことも
覚えておいてください。              
    (次回は、「面接テスト」についてお話しましょう。)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

メールマガジン「2020 さわやかお受験のススメ<小学校受験編>」
(まぐまぐID:0001683564)

登録/解除はこちらから
http://www.medel.jp/mail_magazine/

めぇでる教育研究所ホームページ
http://www.medel.jp/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
解除は http://www.mag2.com/m/0001683564.html からもできます。

2020さわやかお受験のススメ<小学校受験編>

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/07 部数:  77部

ついでに読みたい

2020さわやかお受験のススメ<小学校受験編>

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/07 部数:  77部

他のメルマガを読む