開眼瞑想による頭脳がA I を活かす

サンプル誌

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆#####◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    開眼瞑想による頭脳がAIを活かす  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆#####◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

(一)プロローグー はじめに
  
時間が無く瞑想はしないと言われる方が多いと思いますが準備なくそのままの
状態で精神を小休止することが出来れば瞑想は即できるようになると思います。
生活、学習の合間に即出来る心のくつろぎを作ることが現代の時代に必要で
あろうと思います。

先日、プロ野球選手が試合中バッターボックスの脳波を検出してみますと
8.5ヘルツで投手と相対していました。
その選手の生涯瞑想時間をチエックしてみますと6500時間と検出結果
でした。
これはバッターボックスにおいて瞑想している時と同じアルフアー波の脳波
であったことです。
これは巨人軍の戦後4番バッター川上哲二が有名な言葉で球が止まって見えた
ということを証明することです。
(・◇・)

脳波がアルフアー波であったことは時間を長く感じてゆっくりと球が見えて
打っていることであるといえます。
プロで3割以上を打つ選手は素振りを毎日行いバッテイングを磨く練習を
しています。 この素振りこそ目を開けたままの瞑想であるといえます。
(^∀^)

このように仕事の合間に、通勤の電車に乗っているときに少しの時間を利用
して開眼瞑想をすることが精神を柔軟に、安定する方法であろうと思います
のでいろいろな開眼瞑想の方法を提示していきたいと思います。

注記)脳波、瞑想時間の検出も開眼瞑想の一種となります。

☆★☆★☆★☆★☆☆☆◇◇◇◇◇◇◇◇◇☆☆☆☆☆☆○●○●○●○●○

(二)人間は皆が潜在エネルギー値が1億オングの天才として誕生

人間は先ず母親の胎内で育ちますが
人間は生まれた時は皆が1億オングの潜在エネルギー値「を持って誕生
します。 

しかし生まれて小学生、中学生と成長するに従い普通人としてエネルギ
ーも減じてしまって3000万オングほどに低下してしまいます。

注記)オングは潜在エネルギー値の単位にしています。

人間は胎児の時はさらに上の2億オングの潜在エネルギーを持っていたの
です、しかし生まれるときは、1億オングに減衰して生まれるのです。
(´ω`=´ω`)

これは天から与えられたエネルギーを努力して上昇させるか減衰させる
かが本人の努力にかかっているのです。21世紀になって若い10代の者
があらゆる分野で実力を発揮して将棋界、野球、卓球(文化、学業、スポ
ーツ等)で活躍している人のエネルギーを検出してみると1億4千万オング
以上の能力を持ってトップ近くに飛躍しています。

21世紀になり精神時代に変わってきたのです、そして人工頭脳 AI元年
を迎えて一層拍車がかかったといえます。
それだけ世界から潜在エネルギーの成長を求められています。 若い世代だけ
でなく成人から80代90代まで成長を続けて胎児時脳内の2億オングを湧出
して努力することが生きている者の義務であろうと思います。

☆★☆★☆★☆★☆☆☆◇◇◇◇◇◇◇◇◇☆☆☆☆☆☆○●○●○●○●○

(三)開眼瞑想

2億オングとはどのような潜在エネルギー値でありましょうか。
歴史上人物から記しますと空海、釈迦はその潜在エネルギー値を湧出した偉人と
してあげられます。これは無理だと思われるかもしれません、しかしこの現代
には1000年前、2000年前より苦難、訓練を経ずしてその領域に到達でき
る時代に変わってきたのです。 

日本人のノーベル賞を取った人物は1億8000万~1億9000万オングに
なっているのです。現代では十代で将棋界、スポーツ界で若き天才たちは1億
4000万~1億5000万オングを達成して実力を発揮して活躍しており
ます。
    
何よりもすべての人は既に頭脳内に2億オングの潜在エネルギーが存在して
いるのです、それを引き出して湧出すればいいだけなのであります。
いきなりその能力を引き出すことは感性が過敏になることです。

゜゚*☆○●○●○●○●○゜゚*☆

身体に例えれば肉質と皮質があり、その肉質が表面に浮き出す状態と同じと
なり風が吹くだけで直に痛みを感じるようなものですのでその成長前に精神
を鍛える必要があります。それが開眼瞑想であります、本格的に眼を閉じて
行うのでは準備が必要になりますのでどこでも、いつでも、気軽に行うこと
で少しの間があればできる状態が必要であります。


現代はいろいろな制約があって、携帯電話があって自らの環境を便利になって
いる事がストレス環境を作っています。

日常のストレスに対処するため、少しの時間があれば開眼瞑想によって大きな
精神修養を実践していくことが現代には必要不可欠であります。

トータル的に瞑想を4000時間以上に到達できれば精神的準備態勢を構えて
心的体制は整えられて2億オングの実力を社会に貢献でき発揮できるように
なります。

( ̄ー ̄) (⌒∇⌒)

4000時間は1日20分X2回の40分行って4000時間とは15年
以上かかります。
これは無理のように思えるでしょうが、学業、仕事、学習、研究を集中して
行う事は一種の瞑想であります。瞑想とは脳波が8~13ヘルツ以内に集中
することが瞑想であります。学事、仕事、研究すべて一心集中すれば1年間、
1日実瞑想を40分でも、その他を合わせて1年間500~800時間の
瞑想は出来るのです。
従い5年間4000時間近くは達成できます。そして今までに既に1000
時間程は学業で瞑想を行ってきているはずです。

そうすれば潜在エネルギーを2億オングに達成してもエネルギ―に負けない
精神力は強靭となり=(柔軟)となり、歴代の偉人と同じ実力を発揮出来る
ことが出来るようになります。

(精神力が強靭とはストレスを受けても柔軟さで受け止めることです)
そうすることが人工頭脳AIに打ち勝ち、AIを活かす頭脳になるのです。

開眼瞑想の気を出すルーティンを駆使して潜在エネルギー値、陰陽値、邪気、
脳波、瞑想時間の検出していく内に集中力は増してきて、一瞬の内に生活上
でもアルフアー波で仕事、生活するようになり一層集中力が出て参ります。

5年後は2億オング、瞑想4000時間以上となって自ら目指す特異分野で
世界NO1の実力者になっていきましょう。
皆で 2億オング、4000時間瞑想に挑戦しよう!達成!

(注記)空海、釈迦を例として出しましたが、潜在エネルギー値だけが同じ
になり教えは自らの特異業務NO1スキルを持ちそれを世界に普及させること
が皆さんの使命となります。

<<<<<<<<<<<<<<OOOOOO>>>>>>>>>>>>>>>

〇 関連ブログ、HPを照会します。
  
ブログ: http://blog.livedoor.jp/kansyo2020/

HP   :    http://inyokijutu.jp

〇質問、疑問などは下記アドレスへ

sento_ken@yahoo.co.jp   河桜天章(Kao tensyo)




開眼瞑想による頭脳がA I を活かす

発行周期: 週末刊 最新号:  2018/12/14 部数:  5部

ついでに読みたい

開眼瞑想による頭脳がA I を活かす

発行周期:  週末刊 最新号:  2018/12/14 部数:  5部

他のメルマガを読む