新カーオーディオ教室

新カーオーディオ教室 vol2 イコライザー操作編

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      __
     /|c \
 C==( ̄ ̄| ̄ ̄ ̄)     < 新カーオーディオ教室 >
 C= ~◎ ̄ ̄ ̄◎~
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)です。

このメールマガジン読んで頂き、ありがとうございます。

前回は簡単な音を調整する基本を書きました。
今回はもう少しナビなどの調整についてイコライザーの調整方法について書いてみようと思います。

ナビゲーションなどの音質調整でイコライザー調整ができる機種がありますよね。
イコライザーと言ってもなんぞや?と思う方もいると思いますので少し説明します。

ナビゲーションなどの音の幅(帯域)の基準は人の耳が聴こえる範囲の20Hz(ヘルツ)~20,000Hz(20KHzとも言う)を
基準にしていてCD
の再生できる音の幅がこの20Hz~20KHzを採用しています。

イコライザーはこの帯域を分割して調整できる調整の方法です。分割数は5バンド~13バンドが一般的ですが中でも、
もうちょっと複雑なパラメトリックイコライザーというのもあります。これは後で説明するとして、調整は分割された帯域を
部分的にプラスにしたりマイナスにしたりして音を調整します。

なんかやっやこしいですね。何をどういじってようのかわからないというのが現実だと思います。
そこでいくつもあるバンド(帯域)13バンドならだいたい50、80、125、250、315、500、800、1.25、2K、3.15、5K、8K、12.5K
となっていると思います。(ナビによっては多少違う事もあります)このバンドを一度に触っても音がどうなったのかが理解し
にくいはずです。わからないと触るたびに音が悪くなることが多く、結局、触らないほうが音が良いなんて経験があるかもしれ
ません。

調整の仕方のコツは一度に触るのではなく、今鳴っている音の一番不満な音を探すのがポイントです。ここ重要なポイントです。
つまり音が濁っていたら濁っている音を探します。そこで濁っている音というのはほとんどは鉄板などの共鳴によって生じる音で
その帯域が上がっていることが多いのでその帯域を探しそのポイントだけを下げる事で音を修正します。特に低音側の帯域で生じ
ているので低音側のバンド(周波数)を1バンド動かして音が変わらなかったら元に戻してほかのバンドを動かしてみるというよ
うにやってみると気にいらなかったところがよくわかるようになると思います。

イコライザーは全部さわるのではなく、その音が悪くなっているポイントだけを修正するのが正しい考え方です。
また、イコライザーの基本は上げるのではなく下げて使いますが、どうしても欲しい音の帯域が足りない下がってしまっている
帯域は少し上げてみて調整してみましょう。過度に上げすぎるのはスピーカーに負担がかかってよくありません。

イコライザーで調整してもうまくいかない場合、イコライザーの全部の帯域をかなり調整しないと音がそろわない。調整すれば
するほど音が悪いのであればそれは、スピーカーがうまく再生されていないのが原因と思われます。

つまり、機材が悪いのでなく、スピーカーが自然に鳴ろうとするのを妨げている可能性があります。それはスピーカーの取付
方法だったり原理的に人の聴覚に自然に聞こえないバランスで音が鳴っていたりしているかもしれません。

これを改善するためにはスピーカーの交換の検討や取付方法、またはデッドニングなどの施工が必要となります。

注意しなければいけないのがスピーカーはただ交換しても絶対に音がよくなることはありません。量販店、DIYなどで高価な
スピーカーに交換すれば全体によくなると思うのは大きな間違いです。もし、取付条件が悪く付いていたスピーカーであれ
ば取り替えても条件の悪さは変わらないからです。

音が自然に鳴るためにはスピーカーの原理を知ることが必要です。それを知ればどのようにつけたらスピーカーが自然になって
くれるのかがわかってきます。これを知るには少し勉強が必要です。自作でたたスピーカー交換してもスピーカーの音を最大に
発揮するのは難しいでしょう。

話は元に戻してイコライザー調整のポイントをおさらいしてみます。

1.イコライザーの調整は全部触らない。
2.ポイントを探ってその帯域だけを調整する
3.無理に上げすぎ、下げ過ぎしない。適度を探す。
4.イコライザーをたくさんいじりすぎると逆に音が悪くなる
(元の音の原型がなくなりスピーカーに負担をかけてしまい歪になる)
5.イコライザーのかけすぎにならないと音が揃わないのはスピーカーの取付に問題がある。

以上の点に注目してください。

それともう一つ、音をよくするにはイコタイザーに頼らずスピーカー自然に鳴らすには取付方法とデッドニングが大事です。
次回はデッドニングについて説明したいと思います。

長く読んで頂きましてありがとうございます。誤字などありましたらお許しくだささい。

■□………………………………………………………………………………………
【発行者】STUDIO-MESSE 
【住所】石川県加賀市大聖寺下福田町38-1 
【電話番号】0761-72-5030
【ホームページ】http://www.studio-messe.com 
【定休日や営業時間等】定休日 月曜 営業時間PM12:00~6時
 
………………………………………………………………………………………□■

新カーオーディオ教室

発行周期: 不定期 最新号:  2018/04/21 部数:  25部

ついでに読みたい

新カーオーディオ教室

発行周期:  不定期 最新号:  2018/04/21 部数:  25部

他のメルマガを読む