松本勝の、経営者を幸せに導くメルマガ

家計簿感覚では、経営はできません!


カテゴリー: 2018年04月03日
カテゴリー:ビジネス・借金
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃松本 勝の、結果を出している経営者をより幸せに導くメルマガ
┃ 12億円の債務整理に成功したセールスコンサルタントが、
┃ ビジネスとライフスタイルの「本質」を語るメールマガジン。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※初めてメルマガをお読みの方は、こちらを必ずお読み下さい。
┃・発行人プロフィール:http://your-management.jp/
┃・公式ブログ:http://女性経営者のあなたへ.com
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは
松本 勝(まつもとまさる)です。


幣ブログ「女性経営者のあなたへ.com」より、
私の無料メルマガをご購読頂き、
ありがとうございます。


ビジネスの「借金」については、
このメルマガの第一回目の配信記事で書きました。


日本人は特にビジネスの借金を、
「投資」ではなく単なる「負債」と
感じている人が多いですね。

いまだに無借金経営が良いとかいう人もいますが、
あなたが今の事業を売却・廃業するのであれば、
それは良いことです
(といっても、この場合もケースバイケースです)

ですが、そうでないなら
ビジネスの借金は「負債」ではなく
「投資」なのです。


多くのサラリーマンやお勤めの方は、
毎月の収入が決まっています。

昇給したところで、
前年の3倍・5倍とはなりません。

こういった人たちの「借金」は、
確かに「負債」です。

住宅ローン・車のローン、
お子様の教育資金ローン・・
すべては負債です。

なぜなら返した金額で住宅やクルマ、
お子様の教育環境を得ることができても、
金額的なリターンは無いからです。

ところが、
ビジネスの借金は金額的なリターンを得るためです。

ある設備投資に1億円の借金をしたとして、
元利と金利を払いながらしっかり運営しているのであれば、
それはリターンがあったということになります。

従業員の給与を支払い、
水道光熱費・福利厚生費、
その他諸々の経費を払いながら税金も払い、
そして自身の役員報酬を得ているのなら、
キチンとリターンがある状態なのです。


何度も書きますが、
ビジネスの収支管理と家計簿は違います。

お勤めの方の家庭の家計簿の借金は、
あくまで「負債」です。

ビジネスの借金は「投資」です。

なので会計上のBSでは、
負債も「総資産」と計上されるのです。

簿記資格者や会計事務の経験がある人でありながら、
ビジネスの収支管理を家計簿感覚で捉えている人が、
いまだに多いのに私はビックリしています。


資本主義社会の世の中、
ビジネスの借金は「投資」と考えられない人は、
いっそのこと事業経営や起業なんでやめて、
どこかにお勤めに出たら?と私は思います。


ナゼなら、そういった人が自分でビジネスをしても、
ある一定以上成長することは絶対にありませんし、
そもそもやっている本人が不幸です。

いつまでも家計簿感覚が抜けない人は、
迷わずビジネスをやめて、お勤めに行ってください。

そちらのほうが幸せです。

その代わり「投資」のリスクを背負って
成功した経営者を見て、
妬まないでくださいね。


これからの日本は特に
「リスクをとらないリスク」が増える時代となります。

高度経済成長期のように、
企業にしがみついていれば家を建てることができ、
一生安泰なんて時代にはとうに過ぎ去りました。

どうしてもリスクをとりたくない人は公務員になるか、
それができない人は生活保護を受けてください。

どちらも制約の多い人生を送ることになりますが、
それはそれで、そんな人生を私は一切否定しません。

その人にとって何が幸せなのかは、
人それぞれですから。



松本 勝





◎追伸

長らくお待たせしました。

ようやく私のHPを改訂しました。

http://your-management.jp


とはいえ、
私がお客さんに提供する価値は
たった一つしかありません。

またこのメルマガも含め、
ネットのオンラインで売れる価値でもありません。

私自身、お客さんと面談した上でないと
基本的に契約しませんのです。

その代わり、
日本国内ならどこでも、
ご契約頂いたお客さまのところへお伺いします。


最後に、
私のHPをご覧になったところで、
何のセールストークの学びにもなりません。

そういった価値提供は私の本業ですから、
お金を頂いたお客さましか提供しません。

このメルマガにしても、
無料で教えられる範囲で
気の向くまま(笑)書いているだけです。


そうしないと、
お金を払って買ってくれた
顧客の皆さまに失礼ですから。






◎オフィス・ユアマネジメント
◎住所: 福岡県福津市日蒔野1丁目2-6-1101
◎HP: http://your-management.jp
◎メール:office@your-management.jp 
◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです
◎公式ブログ:http://女性経営者のあなたへ.com

松本勝の、経営者を幸せに導くメルマガ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/18
部数 15部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

松本勝の、経営者を幸せに導くメルマガ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/18
部数 15部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング