家庭で使えるリフレクソロジー

【家庭で使えるリフレクソロジー】強い圧がいいと言われたら

--------------------------------------

家庭で使えるリフレクソロジー Vol.4

--------------------------------------


ブログで書いた文をシェアします~^^
https://ameblo.jp/recare/entry-12331677265.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日は「リフレクソロジーを日常ケアに!」
を開催させて頂きました!


そこで

「強くやってほしいと言われたら?」

というご質問を頂きました。


答えは

「しません」

(きっぱり(笑)( ̄▽ ̄))

(私のリフレクソロジーでは・・・ね^^
でもきちんとした説明をした上で施術すれば
こういった希望も出ませんし、
健康な方なら少しだけ初めから強くしたり、
「はい」と言いながら一瞬だけ強くしてあげる(笑)
など、一人一人それぞれの最善の対応を行います。
様々な観点からクライエントに最適な施術をします。)


セラピストの都合ではなく、
これはクライアントのためです。

(でも、家族間ならいいですよ^^)



お好みに合わせて施術はしません。

なぜなら、

リフレクソロジーはマッサージとは違いますし、


好みに合わせたら
身体に負担をかけたり、
身体を傷める、など
良くない可能性のほうが多いから。


目的が違うんです。



気持ちよさを感じるような
一時対処的なセラピーではなく、
身体を本来の状態に戻して
自然治癒力を引き出して
クライエントさん本人の身体で
症状を改善していく自然療法です。


でも、キモチいいんです(笑)

強くしなくても^^



強くすると筋肉に負担がかかります。
その時は気持ちが良くても
(これを皮膚感覚がキャッチして脳へ送ってます)
組織が壊れるので細胞たちは修復へ向かいます。

だから、一時的に温まって
楽になった気になります。
この感覚が危ない。
負担が強い分、感じやすい・・・その時は。
で、満足感あるんですね。
でも、実際には身体のためになってません(ノД`)・゜・。


エネルギーが修復へ向かってしまっている間、
当然、滞ります。
本来のあるところの場所に血液が
不在になるのですから。

血行を正常にしたいのに
本末転倒(笑)


軽い打撲。

押しすぎてアザだらけになったり
って不自然すぎます。

筋肉もどんどん硬くなる。

皮膚が麻痺していって
依存症レベルになる方も
精神疾患患者さんなどに多いですが
感覚が麻痺していくんですね。。。


皮膚は外界との境界で
保護であり、ホメオスタシスの
ための重要な臓器でもあります。

感覚は生命にとって重要。

感覚が鈍ると命の危険があるほど。。。


感覚麻痺は
・普段から触れられてない、
・頭を使いすぎている、
・強すぎるマッサージを受けている

など健全ではない
生活が続くと起こります。


ソフトな圧で触れることで
(誰かに触れてもらう)
その感覚を復活させることはできます。


すると色々なことに気づくでしょう。

忘れていた何かに^^


そして、ソフトで優しい圧は
身体だけでなく、心のケアまで
癒してくれます・



触り方、意識の持ち方によって
まったく感じ方が違うという
体験を昨日のセミナーでして頂いたところ、

お二人とも(一般の方もセラピストも)
しっかりと違いを感じていました。



せっかく技術を持っていても
気持ちよくないのはもったいない~

それに
せっかくのタッチングが伝わっていない、
のなら意味がないのも一緒


気持ちよさも相乗効果になりますので
ソフトな圧だからこその
安心感によってもタッチング効果で
最大限の力を発揮させたほうが
お互いのためになりますよね~^^


技術だけでなく、
セラピストの自己成長、
内面が大切でそれが
本当の癒しをもたらすということを
体験してただけたと思います~^^

ありがとうございました

また開催しますねので
今回参加できなかった方、
ぜひ!


12/14-15⇒随時希望日に合わせて開催!
 「ホームリフレクソロジスト講座」
http://www.reservestock.jp/events/226408




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
心と身体のケアルーム 根津駅1分
心身ケアセラピスト
長浜公恵
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆発行者:ホリスティックスタジオ・リケア 長浜公恵
◆公式サイト:http://hsrecare.com
◆問合せ:ws@hsrecare.com
◆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0001681566.html

ついでに読みたい

家庭で使えるリフレクソロジー

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/05/23 部数:  7部

他のメルマガを読む