株投資・初心者からミリオネアへ

本日のメルマガをお送りします。


カテゴリー: 2018年10月17日
初心者からミリオネアへ=======================================


       初心者からミリオネアへ Vol.454
                       2018/10/17

=============================================================

一般の個別銘柄は、

日経225先物に引きずられて動く習性があります。

そのため、個別銘柄を売買する場合は、

先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。

ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。

================================================================

ご愛読者様



いつもご利用いただきありがとうございます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


    朝刊 本日のメルマガをお送りします。

    10月 17日 水曜 朝刊 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 日経225先物  12月ギリ、ラージデータ



    10月 16日 火曜の日通し

月夜場 22200	22430	22030	22210
									
昨日中 22240	22540	22220	22420				

	
    10月 17日 水曜の日通し

昨夜場 22460	22880	22430	22870
								
本日中  ー	 ー	 ー	 ー		


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     本日の市況を見抜く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨日中は、

22240円で寄り付いた後、上昇し、22420円で引けました。


昨夜場は、

22460円で寄り付いた後、上昇し 22870円で引けました。


このまま、上昇するのでしょうか。

または、再び下落に転じるのでしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●

大手の手口を見てみましょう。


昨日の大引け時点で、

大手の手口は、売り越し、

個人投資家は、買い越し、となっていました。


これは、

相場が下がると、大手が儲かるポジションです。


内訳をみると、おおむね昨日と同様に

アメリカ系大手、ヨーロッパ系大手が、売り越し

国内証券系大手と、個人が買い越し、という構図になっています。


本日も、どのような展開になるか目が離せません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上位機種では、一昨日から連続して買いシグナルが出ています。

一昨日の分は、昨日利食いとなりました。

昨日の分は、本日利食い予定です。

含み益が十分に出ましたので、ロスカット値を、

買値+100円から200円くらいに設定し直し、

さらに上昇するたびに、100円づつせり上げ、万一の急落に備えつつ、

上昇の波に乗り続けるという方法があります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


おはようございます。

本郷秀人です。


昨日から、NY市場も、日本市場も、力強く上昇しています。

どこまで上昇するのでしょうか。


昨日、以下の通りお伝えしました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下

★、

本日陽線で引けると、明日も陽線になる可能性が高まります。

しかし、今日の陽線1日で、戻り終了ということも考えられます。

ただし、いずれの場合も、そこから再度下落に向かう可能性を否定できません。

したがって、ここから上昇しても、それは単なる下げ過ぎの反動による

一時的な戻りである可能性が高いです。


くれぐれも、高値掴みしないように注意が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上


そして昨夜場から、2本目の陽線を形成中です。


本日大引けまでに、どこまで戻るか注目です。



通常、このような場合の目標は、下げ幅の1/3 または1/2 または2/3戻りです。

下げ幅は、24480円高値から、22030円までの 2440円幅です。


したがって、

  1/3戻りは、 22840円前後

  1/2戻りは、 23250円前後

  2/3戻りは、 23650円前後ということに成ります。


これらの価格帯に、上値抵抗線となりそうな、テクニカル指標を重ねてみましょう。


10月12日の戻り高値        22910円前後

週足  ATRバンド中心線、     22950円前後

週足 ボリンジャ―バンド+1シグマ  23100円前後

日通し足、ATRバンド中心線、    23150円前後

日通し足、一目均衡表転換線      23200円前後

日通し足、25日移動平均線、     23300円前後

日通し足、ボリンジャ―バンド中心線  23300円前後


上記、どこかの価格帯で跳ね返され、戻り終了となる可能性があります。

2日陽線連続で届かない場合、3日連続陽線ということもあり得るかもしれません。


ただし、一本調子で上昇するわけではなく、

押し目を入れながら、ジグザグとなることが多いです。


何かをキッカケに、われ先に利益確定売りが出てきて、いつ急落するかわかりません。

200円、300円程度は、あっという間に下落します。


しかし、1回目は押し目である可能性があり、そこから再び戻りに入り、

天井を付けに行く、ということが過去の例で見て取れます。


とはいえ、安易に戻り天井を狙い、新規に売り込もうとすると、担がれることもあり得そうです。


このような場合、相場の技術を駆使する余地があります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー以下、相場技術の一例です。


一旦利食って、押し目で買い直す、ということを繰り返すことをよくやります。


ただし、これはタイミングを間違えると、押し目を買いそびれて、

上昇に置いてきぼりにされたり、買い直した途端急落したりすることがあります。


タイミングの取り方は、

主に15分足の、25本移動平均線と、75本移動平均線を使います。

これらは現在値から、おおむね100円下、300円下のあたりとなっています。


25本線を割り込むと、75本線まで下落することが多いです。

そのため、25本線の直下近辺に、逆指値をいれておきことを良くやります。

さらに、75本線近辺まで下落するのを待って、買い直したりするわけです。


この買い直しのロスカット値は、75本線より50円から100円下に設定して、

万一の、さらなる下落に備えます。


上記ラインを割り込むようだと、60分足の範ちゅうになります。

その場合、60分足の25本移動平均線と、75本移動平均線を見ながら、

15分足の時と、同じように見ていきます。


最後に、

このようなややこしいことをするのは、本当は簡単に見えて難しいです。

余計なことをせずに、大引けで手仕舞いするのも、

長い目で見れば、決して悪い選択ではありません。


どのような展開になるか、

本日の値動きに注目です。


 本郷秀人でした。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
               以下、前回分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






ご愛読者様



いつもご利用いただきありがとうございます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


    朝刊 本日のメルマガをお送りします。

    10月 16日 火曜 朝刊 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 日経225先物  12月ギリ、ラージデータ



    10月 15日 月曜の日通し

金夜場 22660	22670	22220	22570
									
月日中 22520	22520	22190	22190				
	

	
    10月 16日 火曜の日通し

月夜場 22200	22430	22030	22210
								
本日中  ー	 ー	 ー	 ー
			


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     本日の市況を見抜く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨日中は、

22520円で寄り付いた後、下落し、22190円で引けました。


昨夜場は、

22200円で寄り付いた後、安値を更新し 22030円まで売られました。

その後反発し、22430円まで買われましたが、引けは22210円でした。


このまま、上昇するのでしょうか。

または、再び下落に転じるのでしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●

大手の手口を見てみましょう。


昨日の大引け時点で、

大手の手口は、売り越し、

個人投資家は、買い越し、となっていました。


これは、

相場が下がると、大手が儲かるポジションです。


内訳をみると、おおむね昨日と同様に

アメリカ系大手、ヨーロッパ系大手が、売り越し

国内証券系大手と、個人が買い越し、という構図になっています。


海外勢が逃げだしていましたが、その勢いは弱まりつつあります。


本日も、どのような展開になるか目が離せません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すでに買いポジションを持っている場合、

含み益が一時230円幅となりましたが、その後戻り売りに20190円まで押されています。

ここで下げ止まるか、昨日安値まで2番底を付けに行くか、どちらの可能性もありそうです。

陰線新安値8本目の後ということで、タイミングは悪くないのですが、

再び20190円を割り込む場合は、本来のロスカット値22030円まで我慢するか、

一旦手じまって、様子見または、仕掛け直すかという選択肢が考えられそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます。

本郷秀人です。



昨日、以下の通りお伝えしました。


以下、途中まで昨日の繰り返しです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現状を、テクニカル面から整理しておきます。

大きな流れとして、1月高値24170円が大きな天井となります。


10月に高値を更新し、24480円を付けましたが、これは単なる行き過ぎと考えられます。

それは、TOPIXを見ると、良くわかります。

TOPIXは、1月高値を10月に超えられませんでした。

玄人筋の間では、TOPIXが本質的な値動きに近いという見方が、広がりつつあります。


そして、1月天井から、調整相場ということに成り、3月安値までが一段下げとなります。

そこから反動の戻りで10月の高値をつけたという見方です。

次に、その10月高値から、現在まで二段目の下げになります。


問題は、この二段目の下げが、どこで底を打つか、ということです。


日本的な見方をすると、目先底を打った可能性も否定できません。


それは、以下の見立てによります。

 ・10月高値、24480円から陰線新安値8本が入った。

この陰線新安値というのは、3本目、5本目、8本目、13本目のいづれかで方向転換する習性があります。

今回、5本で方向変換するかに見えましたが、8本目までズルズルと来てしまいました。

さすがに、8本目では一時的にせよ方向転換するであろうという見方が成立します。


もう一つの理由は、

22240円安値と、その後の22220円の安値で、

2点底を形成した可能性があるという点です。


さらに、もう一つは、

この22200円前後の安値が、9月7日からの上昇の起点になっていること、

スタート地点に戻って、そこは岩盤となっているサポートラインである可能性がある点です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで


結果は、以下の通りとなりました。


・2点底を形成した可能性については、残念ながら、22030円まで売られ破たんしました。

・陰線新安値8本目は、まだ健在です。

 夜場のザラバでは、9本目を形成中でしたが、引けで寄付きを10円上回り、陽線となっています。
 
 本日大引けで陽線を維持できれば、陰線9本目は幻となり、これはよくある現象です。

・9月7日が上昇起点で、起点まで下落する可能性をお伝えしましたが、割り込んでしまいました。

 起点をどこに見るか、見直しを迫られています。

  もう一つの起点は、8月13日の 21820円、

       さらに、7月5日の  21430円という見方が成立します。


★、

本日陽線で引けると、明日も陽線になる可能性が高まります。

しかし、今日の陽線1日で、戻り終了ということも考えられます。

ただし、いずれの場合も、そこから再度下落に向かう可能性を否定できません。

したがって、ここから上昇しても、それは単なる下げ過ぎの反動による

一時的な戻りである可能性が高いです。


くれぐれも、高値掴みしないように注意が必要です。


どのような展開になるか、

今日も目が離せません。



 本郷秀人でした。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
               以下、前回分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





ご愛読者様



いつもご利用いただきありがとうございます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


    朝刊 本日のメルマガをお送りします。

    10月 15日 月曜 朝刊 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 日経225先物  12月ギリ、ラージデータ



    10月 12日 金曜の日通し

木夜場 22790	22910	22240	22450
									
金日中 22560	22720	22410	22650				
	
	
    10月 15日 月曜の日通し

金夜場 22660	22670	22220	22570
								
本日中  ー	 ー	 ー	 ー
			


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     本日の市況を見抜く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


金日中は、

22560円で寄り付いた後、強含みに推移し、22650円で引けました。


金夜場は、

22660円で寄り付いた後、下落し一時 22220円まで売られました。

その後反発し、22570円で引けました。


このまま、上昇するのでしょうか。

または、再び下落に転じるのでしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●

大手の手口を見てみましょう。


昨日の大引け時点で、

大手の手口は、売り越し、

個人投資家は、買い越し、となっていました。


これは、

相場が下がると、大手が儲かるポジションです。


内訳をみると、おおむね

アメリカ系大手、ヨーロッパ系大手が、売り越し

国内証券系大手と、個人が買い越し、という構図になっています。


海外勢が逃げて、国内勢が買い支えているように見えます。


高値から、すでに2260円下落し、

週明け初日の本日、どのような展開になるか目が離せません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日、シグナルが出ています。

先週の買いは、仕掛け後のダメ押しでロスカットになりました。

今回も、同じようなことに成る可能性が高そうです。

したがって、様子見するか、または

ダメ押しを待って、ザラバで仕掛けるという選択が考えられます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます。

本郷秀人です。


今回、10月ギリのSQ値は、22、313円75銭となりました。

前日、最終売買日の大引けは、22、580円でしたので、


約270円の開きが出ました。

これは最終売買日に手仕舞いせずに、SQ値での清算にゆだねた売り方の利益になります。

逆に、買い方は、その分まるまる損ということに成りました。


余談ですが、最終売買日の大引けで新規売りした場合、

一晩で270円利食いということに成ります。


9月ギリの時は、上昇局面で逆の現象が起きました。

大引けで買っていれば、翌SQ日のまでの一晩で、200円余の利食いになったのです。


こう見ると、前回は買い方が勝ち、今回は売り方が勝ち、持ち回っているようにも見えます。

これは、大手同士の出来レースなのかも知れないと、見られても仕方ないですね。

★

このような、強引に相場が作られるときは、テクニカルは全く無力になります。

たとえば、多くのテクニカル指標が上昇を示すとき、その指標が強いほど買い方が増えます。

仮に、市場参加者の70%が買い方に回り、大きな偏りができると、

この買い方をロスカットに追い詰めるように、実は、相場は下がることが多いのです。


このロスカット玉は、追い込んだ大手玄人筋が安値で、全部買取ります。

ロスカットが一段落すると、相場は反転上昇し、大手はその戻り高値で利食いし大儲けします。

このようなメカニズムで、市場が操作されてしまうので、その間テクニカルは無力になるというわけです。


平穏な値動きの時、たとえば45%対55%の比率で買い方、売り方が拮抗しているようなときは、

テクニカルは効果を発揮します。

しかし、売り方と買い方が、70%対30%というような、偏りが大きく出たときは

上記メカニズムにより、30%のほうに有利に動く可能性が高いということに成ります。


この偏りの比率は、買い方と一口に言っても、2、3か月先を見て仕掛ける人と、

今日明日の短期勝負で仕掛ける人がいるので、見極めるのは難しく、情報がたよりと成ります。


今週末、証券業界の情報を探ってみましたが、私の知る限り、

いまのところ、70%の人が、この先下がると見ているようです。


本当に70%下がるという見解の、偏りが顕在化した場合、一時的に上昇する可能性もあり得ます。

こうした、偏りの逆方向の上昇を交えながら、ジグザグと下落するといえます。


★

しかし、

いまのところ、70%の人が、この先下がると見ているとお伝えしましたが、

「この先」というのがくせもので、短期的か長期的な見解かは教えてくれません。



外資系の人は、おおむね中長期な見解で、

国内系は、おおむね短期的な見解を言っているように思えます。


その違いは、民族性ともいえるような投資スタイルのクセの違いと言えるかもしれません。


アメリカ系もヨーロッパ系も、まず長期トレンドを考えて、仕掛方針を決めます。

日本人の多くは、大手も個人も、目先を考えて、目先の方針を決める傾向にあります。


日本人の好きな、酒田計算法は、目先を占う象徴的なものですが、

これは、次の一手がどう動くかを予想するもので、

長期的なトレンドを見るための役にはたちません。


欧米人は、このローソク足の微妙なズレで、明日を予想するのは大嫌いの様で、

なかには、酒田計算法のうんちくを聞くと、イライラするという人もいます。


私たちはこの両方の、中長期トレンドと、超目先の見立てを、

バランスよく活用していかなければなりません。


★、

そこで、海外勢の見解をまとめると、

NY市場は、すでに天井をつけ、少なくとも下落の方向へさらに加速するとの見解です。


日本市場は、そのNY市場の下落にどこまで引きずられるか、ということが問題です。

いまや、海外勢の日本市場の売買高シェアーは70%ですから、彼らの考えは無視できません。


世界同時株安といえども、

アメリカ株を売った資金で、日本株を買ってくる可能性もあります。


その場合、NYダウやS&P500が下がるとき、一緒に下がり、

戻りでは日本だけ大きく反発する、という形になる可能性が高いです。


アメリカは一貫して右肩下がりの中、日本は上げ下げの激しい大持合いになるという可能性です。


もし、海外勢が日本株を買ってこない場合は、NYと同じく中長期的に、

日本株も、下落トレンドになる可能性が高いと考えられます。



このような仮説をもったうえで、目先の仕掛けを考えて行くことに成ります。


中長期の仮説をもたないで、短期トレードをすると、

ジグザグの上げ下げに一喜一憂し、振りまわされてしまうことに成ります。


★、

さて、

現状を、テクニカル面から整理しておきます。

大きな流れとして、1月高値24170円が大きな天井となります。


10月に高値を更新し、24480円を付けましたが、これは単なる行き過ぎと考えられます。

それは、TOPIXを見ると、良くわかります。

TOPIXは、1月高値を10月に超えられませんでした。

玄人筋の間では、TOPIXが本質的な値動きに近いという見方が、広がりつつあります。


そして、1月天井から、調整相場ということに成り、3月安値までが一段下げとなります。

そこから反動の戻りで10月の高値をつけたという見方です。

次に、その10月高値から、現在まで二段目の下げになります。


問題は、この二段目の下げが、どこで底を打つか、ということです。


日本的な見方をすると、目先底を打った可能性も否定できません。


それは、以下の見立てによります。

 ・10月高値、24480円から陰線新安値8本が入った。

この陰線新安値というのは、3本目、5本目、8本目、13本目のいづれかで方向転換する習性があります。

今回、5本で方向変換するかに見えましたが、8本目までズルズルと来てしまいました。

さすがに、8本目では一時的にせよ方向転換するであろうという見方が成立します。


もう一つの理由は、

22240円安値と、その後の22220円の安値で、

2点底を形成した可能性があるという点です。


さらに、もう一つは、

この22200円前後の安値が、9月7日からの上昇の起点になっていること、

スタート地点に戻って、そこは岩盤となっているサポートラインである可能性がある点です。


しかし、

超短期の60分足を見ると、すでに300円以上反発して、

25本移動平均線で、頭打ちになってるように見えます。


ここから。超目先の調整に入ることが多い局面です。


5分足75本移動平均線、または15分足25本移動平均線までの調整で止まるか、

または、さらに下落しても、

この調整で、22220円を割り込まなければ、夜場の戻り高値を更新する可能性があります。

割り込むと、一段安があるかもしれません。


どのような展開になるか、

今日も目が離せません。



 本郷秀人でした。




================================================================

○メールマガジン 「初心者からミリオネアへ」

発行者 システムトレーダーズ

アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0001680662.html 

=================================初心者からミリオネアへ=========

株投資・初心者からミリオネアへ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2018/10/17
部数 622部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

株投資・初心者からミリオネアへ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2018/10/17
部数 622部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング