「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】有益に生きればいい

こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との友情・上下」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第19章の2回目です。




前回は、新しい福音を生き、
それを広めることによって
世界を変えられるという話でした。


私たちはみな、メッセンジャーなのです。


今回は、その話の続きになります。




「あなたは
自らメッセージを伝えるのであって、
自分とはべつのものとして伝えるのではない。
あなた自身がメッセージなのだ!
行動している霊性だ。それがわかるかな?
あなたのメッセージは、
あなたが生きる人生だ。」
(下 p.192)



私たちは、
メッセージを伝えるという「行為」を
する必要があるのではなく、
メッセージという「存在」であるのです。


ですから、伝えるかどうかではなく、
どう生きるかが問われます。


私たちが生きることによって、
その生き方がメッセージとなり、
世界に伝わるのです。




これは、
私たち自身が「言葉」だということです。


神はそのことを、次のように説明します。



「あなたはわたしの言葉をもっている。
あなたのなかに、わたしの言葉をもっている。
あなたは文字どおり、
肉体となった「神の言葉」だ。
だから、その言葉だけを口にしなさい。
そうすれば、あなたの魂は癒される。
その言葉を語り、
その言葉を生き、その言葉となりなさい。
ひとことで言えば、神になりなさい。」
(下 p.192 - 193)



「なりなさい」と言っていますが、
そもそもそうなのだと神は補足します。


つまり、
私たちは存在そのものが神であり、
その生き方は神の言葉なのです。


あとは、どういう言葉を、
どういうメッセージを発するか
だけの問題です。




そこで神は、
「神の五つの姿勢」を実践するように
と言っているのです。


その生き方が、
神のメッセージになるからです。


しかし、その「神の五つの姿勢」もまた
行為ではなく存在だと神は言います。



「それは行為ではなく存在だ。
その姿勢はあなたの在り方だ。
無意識にではなく
意識的にそのような存在になれば、
あなたは意志をもって生きはじめる。
意図的に生きはじめる。」
(下 p.194)



意図的に「神の五つの姿勢」を実践するとは、
そのような「在り方」を意図的に選択する
ということです。



神は以前、
「意図的」に、「調和的」に、「有益」に
生きることを勧めています。


7つのステップの6番目の話の中でした。


「ステップ6:神を助けること」
https://archives.mag2.com/0001680059/20180927180000000.html



「それでは、神を助ける方法を教えよう。
意図的に、調和的に、そして有益に、
人生を生きなさい。」
(下 p.10)



これに関して、
神はさらに深い話をします。



「だが、秘密を教えてあげよう。
まず、第三の生き方をしなさい。
そうすれば、あとの二つは自然に実現する。
有益に生きよう、
自分の人生と仕事がひとのためになるように
生きようと決意すれば、
あなたは意図的に、
調和的に生きることになる。」
(下 p.195)



意図的に生きるためには、
有益に生きようとすればいいのだ
というわけです。


そして、有益に生きるということは、
自分と他の人のためになるように生きる
ということです。



さらに神は、そのための道具を示します。



「そこで、
たしかに有益に生きられるようにする、
三組の道具(ツール)を与えてあげよう。
これが、
全体的な生き方(ホリスティック・リビング)
の核心になる考え方だ。
--目覚めていること。
--正直であること。
--責任を負うこと。」
(下 p.195)



有益に生きるために、
さらに3つの核心があると言うのですね。


この詳細は次回以降に続きます。




その前に、このように
いくつも道具(ツール)を提示してくれる
ことについての話があります。


神は、このことに終わりはなく、
いつまでも提示し続けると言います。



「「わかった」と言うことは
あるかもしれないよ。
だが、その時が来たら、
もっと「わかる」べきことがあるのに
気づくだろう。」
(下 p.196)



「悟り」と言っても良いかもしれません。


悟り(気づき)は、
それぞれの段階で何度もあります。



「だから、成長し、
わかっていくプロセスは決して終わらない。
成長して大きくなりすぎることも、
早く成長しすぎることも、
たくさん成長しすぎることもありえない。
それは不可能だ。
成長が終わることはない。
あなたはどこまでも成長できる。」
(下 p.196)



成長とは、神を思い出すこと、
神に近づくことです。


しかし神は、そもそも無限の存在です。


ですから、
神に行き着くことはないのです。



私たちは常に成長を続け、
その段階に応じて気づきが与えられます。



それは、
すでに知っていることを思い出すことです。


私たちがその段階に達して求めるなら、
神はいくらでも道具を提示してくれます。



「神と友情を結ぶというのは、
そういうことだよ。」
(下 p.197)



新たな3つの核心は、
神と友情を結んだ私たちに
神が提示してくれた道具です。


神はこれからも、
ずっと道具を提示し続けると言います。


なぜなら、私たちは友だちだから。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT181112a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。



◆メルマガの目次

このメルマガの過去ログの目次を作りました。


対象となるメルマガを、
目次から選べるようになっています。


こちらのカテゴリから対象となる本を選んで、
ご利用ください。

http://4awasejsn.seesaa.net/category/27051269-1.html



========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================



◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆





_

「神との対話」シリーズを読む

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  52部

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  52部

他のメルマガを読む