「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】神の第二の姿勢は全面的な愛

こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との友情・上下」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第15章の1回目です。




「五つの姿勢」についての話をしています。


「五つの姿勢」とは、
「大きな喜び」「愛」「受容」「祝福」
「感謝」の5つです。


この5つを実践することで、
神性が得られるということです。



前章までは「喜び」についてでしたが、
ここから「愛」に話題が移ります。




完全に思い出し、神と一体になりたい。


すべての魂がそれを切望しています。



「神の存在を信じていない者ですら、
奥底にある切望は消えはしない。
彼らはべつの願いだと思っているが、
結局はわが家へ戻りたいという願い、
もういちど神の身体の一員(メンバー)に
なりたいという願いだと気づく。」
(下 p.84)



神を信じない人ですら、
神と一体になりたいと切望している
と神は言います。


では、神を信じていないのに、
どうしてそう言えるのでしょう?



「神を信じない者は、
自分が何に到達しても、何を獲得しても、
内なる深い切望を満たせないと悟ったとき、
それに気づく。
たとえ誰かの愛でさえ
満たせないと悟ったときに。」
(下 p.84)



人間の愛では、
心の奥底にある切望を満たせない。


そう感じる時が来るのです。



「地上の愛はすべて
一時的な、はかないものだ。
生涯続く愛ですら、
半世紀以上も続く伴侶の絆ですら、
魂の限りない生命にくらべれば短い。
魂はいつかはそれに気づく。」
(下 p.84)




このことは、私も経験があります。


若い頃、私は、愛に飢えていました。


その愛が得られると感じて、
新興宗教に入信したのです。



しかし、その人間関係の中では、
どれほど愛に渇望しても
満足できるものが得られませんでした。


最初は愛されていると感じたのに、
だんだんとそう感じられなくなりました。



これが神の愛なのか?


いや、そんなことがあるはずがない。


神がいるなら、道を示して欲しい。


無限の神の愛で私を満たして欲しい。



そう祈りましたが、
私の願いには応えてもらえませんでした。


だから私は、
そこから抜けてやり直すことにしたのです。



この辺の話はブログに書いていますので、
そちらをご覧ください。


「新興宗教にハマりました」
http://4awasejsn.seesaa.net/article/287874461.html



今になって思えば、
この経験が今の私に導いてくれました。


神は愛してくれなかったのではなく、
もっと大きな愛で愛してくれていたのです。




地上での愛がはかないものだと気づくと、
魂は徐々に変容すると言います。



「それに気づくと、
魂は永遠の愛と思ったものも、
はかないことに気づく。
そうすれば、
つぎの肉体的な生命への旅を始めたとき、
その人生で愛するものはすべて
一時的ではかないことをもっと深く理解し、
もっと簡単に思い出して、知るだろう。」
(下 p.84 - 85)



なんだかわびしい気もしますが、
それは意味がないわけではない
と神は言います。



「意味のない愛などない。
愛は生命の意味そのものだ。
生命は表現された愛だから。それが生命だ。
だから、愛の行為はすべて、
最高レベルでは生命の表現だ。
何かが、何かの経験が
一時的で比較的短いからといって、
意味がなくなるものではない。
それどころか、
かえって意味は大きくなるかもしれない。」
(下 p.85)


「愛の経験は一時的だが、
愛そのものは永遠だ。
経験は、つねにあらゆるところにある愛が、
いまここで表現されているにすぎない。」
(下 p.85)



一時的な経験だからと言って、
意味がないわけではないのです。


むしろそのことによって、
意味は大きくなるかもしれない
と神は言います。




このことをわかりやすく説明するために、
神はニール氏のパートナーのことを
例に上げます。


彼女とのセックスは、
断続的で一時的で、相対的に短い。


でも、意味がないものではありません。



「すると、ナンシーへの愛は永遠だが、
具体的な愛の表現のひとつは断続的で、
一時的で、短い。
そうだね?」
(下 p.88)



愛の表現が一時的だから経験を楽しめず、
無意味だと感じるということは
考えづらいですね。(笑)


経験が一時的なものであっても
愛は永遠に存在できるのです。



「それとも、もっと深く理解して、
特定のかたちの愛の経験は
一時的だと知りながら、
愛するときには「全力をあげて」
愛するところへ向かうだろうか?
後者なら、
あなたは<マスター>へ向かっている。
<マスター>は
全力をあげて人生を愛すること、
すべての瞬間に
人生が差し出すものを愛すること、
それが神性の表現だということを
知っているから。」
(下 p.88)



この世での愛の経験が一時的なものと知って、
それでも全力で愛するのが
マスターだと神は言います。


なぜならそれが、神性の表現だからだと。



「それが、神の第二の姿勢だ。
神は、全面的な愛だよ。」
(下 p.88)




神の「五つの姿勢」の2番目は、
「全面的な愛」です。


「喜び」の次に、
「愛」の姿勢を実践すること。


そのことによって、
私たちは神性が得られるのです。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT181012a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。



◆メルマガの目次

このメルマガの過去ログの目次を作りました。


対象となるメルマガを、
目次から選べるようになっています。


こちらのカテゴリから対象となる本を選んで、
ご利用ください。

http://4awasejsn.seesaa.net/category/27051269-1.html



========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================



◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆





_

「神との対話」シリーズを読む

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/18 部数:  53部

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/18 部数:  53部

他のメルマガを読む