「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】ステップ7:神に感謝すること

こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との友情・上下」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第12章の1回目です。



この章では、神と友情を結ぶための
「七つのステップ」の7番目、
「神に感謝すること」について
書かれています。




「神に感謝しなさい。
これは、ほとんど自動的なステップだね。
一から六までのステップを実行すれば、
自然に起こる。」
(下 p.18)



冒頭で神はこう言います。


そもそも感謝というのは、
意図して行うことではないのです。


自然と湧き上がってくる感情です。


ですから、7番目のステップは、
自然に起こるのですね。



これまで、真の神を知らなかったのです。


だから神を信頼できなかったし、
愛せなかった。


それが今、真の神を知ることによって、
できるようになったのです。


その喜びの中で、
自然と感謝の気持ちが沸き起こります。



「だが、今日は新たな日だ。新しい時だ。
あなたは新しい選択をする。
わたしと新たな個人的な関係を創造する
という選択だ。
ついに、
神との友情を経験するという選択だ。」
(下 p.19)



こうして、神との友情が結ばれます。


こうして神と友だちになれるのです。




ここでニール氏は、
なぜ感謝が必要なのかと神に問います。


自然に起こるのであれば、
7番目のステップである必要もないからです。


神は、次のように説明します。



「あなたが感謝しようとしまいと、
人生は良いものを送り届けてくれる。
だが、感謝すればもっと速く届く。
それは、感謝というのが
存在のひとつの在り方だからだ。」
(下 p.21)



前に、創造は思考でするよりも
「在り方」でする方が速い
という話がありました。


感謝というのも、
1つの「在り方」なのだと神は言います。


だから、感謝という在り方でいれば、
速く創造されるのですね。



そこで神は、
その仕組みをここで説明します。



「効果的で、効率的で、迅速に創造するのは
潜在意識ではなく、超絶意識だ。
超絶意識とは、
潜在意識、意識、超意識がひとつになり、
それを超えたときの経験の段階に
与えられる名称だ。
そこは思考を超える場だ。」
(下 p.22)



超絶意識の説明は、前にありました。


魂の意識である超意識に、
潜在意識も意識も一致するとき、
その3つを足したよりもより大きな力で
創造を始めるのです。



創造は思考、言葉、行為の3段階で行われる
と、これまで説明されてきました。


これは意識の段階の話なのですね。


しかし、私たちの本質は魂です。


そのことに気付き、
魂を主体として生きようとする時、
私たちは本来の創造の力を取り戻すのです。



「思考は最初の原因(もと)ではない。
真の存在が最初の原因だ。」
(下 p.22)



思考が最初にあるのではなく、
存在が最初にあるのです。


その存在のレベルで創造すること。


それが本来の創造なのです。




では、思考と存在の関係は何か?


神は次のように説明します。



「存在は在り、思考は為す。」
(下 p.23)


「存在は最初の原因。」
(下 p.24)



思考はプロセスです。


存在を原因として起こるものです。


後から起こるものですから、
時間がかかるのは当然ですね。



「すると、
自分がどんな存在かということが、
どう考えるかに影響するね。」
(下 p.25)



そういうことになりますが、
では思考が創造することと
どういう関係になるのでしょう?


神はこう問いかけます。



「さて、「思考が創造的」なら、
思考は存在の在り方を創造できるかな?」
(下 p.25)



どうでしょう?


在り方が思考を生むのに、
思考が在り方を創ることがあるでしょうか?



「あなたの思考は、
あなたの心の在り方を創造するだろうか?」
(下 p.26)


「あなたがたの真の在り方とは、
すべてであるということだ。」
(下 p.26)



「すべて」とは「神」とも言えます。


私たちの思考が、
神を創造できるでしょうか?


神は、答えを明かします。



「神についてのあなたの思考は、
神を創造しはしない。
ただ、
神という体験を、創造するだけだ。」
(下 p.27 - 28)



考えてみれば当然かもしれません。


神が私たち(の意識)を創造したのなら、
その意識による思考で
神を創造できるはずがありません。


続けて神はこう言います。



「考えても、
あなたはすべてを創造するのではない。
すべてに手を指しのべて、
そのなかから選んだ経験を創造する。
すべてはすでに存在する。
あなたが考えることで、
存在させるのではない。
だが、考えることで、
そのすべてのなかから
自分が考えた経験を引きだす。」
(下 p.28)



存在とは、先立って在るものです。


その中で、
私たちは経験を創造するのです。



「あなたの真の存在、
真のあなたがすべてに先立って在る。
いまどんな自分でありたいかを考えたとき、
あなたは真の自分、
全的な自己に手を差しのべて、
真の自分のなかから
経験したいと思った部分に焦点を合わせる。
あなたの全的な自己とは
すべてであるものだ。幸せであり悲しみだ。」
(下 p.28 - 29)



真の私たちとは、神そのものです。


つまり、存在のすべてです。


ですから、
そこにはあらゆる存在があります。


私たちは思考によって、
その中のどれかを選び、経験するだけです。




では、結果的にどうなるのか?


神はこう言います。



「そこで、
「思考」は「存在」に影響するか?
いや。大きな意味ではしない。
あなたはあなたであり、
どんなふうに考えようと変わらない。
だが、思考は
あなたの存在の異なった経験を創造できるか?
それはイエスだ。
あなたが考えたこと、焦点を合わせたことは、
個々の現実として現れる。
だから、
悲しいときに前向きな楽しいことを考えれば、
容易に
「考えることで道をひらいて」幸せになれる。
自己のある部分から
べつの部分に移動するだけなのだよ!」
(下 p.29)



存在そのものを創造することはなくても、
それは何の問題もありません。


なぜなら存在は、
そもそも「すべて」ですから。


新たに創造するものは何もないのです。



しかし経験は、
1つひとつ順番に行います。


だから、自分が望む経験を選択し、
それを創造すればよいのです。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT181001a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。



◆メルマガの目次

このメルマガの過去ログの目次を作りました。


対象となるメルマガを、
目次から選べるようになっています。


こちらのカテゴリから対象となる本を選んで、
ご利用ください。

http://4awasejsn.seesaa.net/category/27051269-1.html



========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================



◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆





_

「神との対話」シリーズを読む

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/18 部数:  53部

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/18 部数:  53部

他のメルマガを読む