「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】すべての対象と友だちになる

こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との友情・上下」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第9章の7回目です。




この章では、最初は関係や創造など、
これまでの復習的な話題が続きますが、
途中から、神と友情を結ぶための
「七つのステップ」の4番目、
「神を抱きしめること」について
書かれています。


前回は、
4番目のステップについての話でした。


瞑想などして、自己といる時間を作る。


そういう実践が重要なのです。


今回はその続きです。




神は、自己と一体化した後には、
また別の世界が開けると言います。



「自己を発見したら、自己から出て
新しい世界を創造したくなるだろう。
そのためには
自己にふれてほしいと思うように、
他者にふれることだ。
自己を見てほしいと思うように、
他者を見ることだ。」
(上 p.244)


「わたしを抱きとりたいと思うように、
他者を抱きとりなさい。
他者を抱きとっているとき、
あなたはわたしを抱きとっているのだから。」
(上 p.244)



真の自己を発見したら、
それを愛しく感じるだろうと思います。


その自己と他者は同じものです。


真の自己が神であるなら、
他者もまた神なのです。


だから、そうであるように、
他者を抱きしめるように言うのですね。



「世界の何も拒絶せず、
誰も拒絶しないこと。
あなたが世界にいるとき、
世界はあなたのなかにあり、
あなたは世界の創造者だ。」
(上 p.244)



神に近づき、神と一体化すれば、
自分は世界の創造者になります。


すべてが自分であると感じれば、
何も否定するものはなくなりますね。




そして神は、こんなことを言います。


「そしてあなたは、
創造者としての体験をすることも、
被造物としての体験をすることも、
いつでも自由に選べる。」
(上 p.245)



つまり、
私たちは肉体を持ってこの世にいますが、
この世の人間でありながら
神であることを体験できるのです。


どちらかに、特に肉体の方に
縛られる必要はないのです。



ニール氏は神の言葉を理解して、
次のように言います。



「あなたと友だちになるとは、
すべてのひと、
すべてのものと友だちになること、
すべての状況、すべての条件と
友だちになることなんですね。」
(上 p.245)



神はこれに同意しますが、
ニール氏は、「すべての」という言葉が
少しひかかるようです。


そこで、
「人生で影響されたくないと思うような
ひとや状況があったら、
どうすればいいんですか?」
と神に問います。



まず神はこう答えます。



「抵抗すると、相手は強くなる。
それを忘れないように。」
(上 p.246)



これも、何度も言われてきたことですね。


抵抗するということは、
そこに創造のエネルギーを
注ぐことになりますから。



そして、解決策は「愛」だと答えます。



「愛が解決できない条件も、状況も、
問題もない。
だからといって、
虐待されるがままになっていなさい
という意味ではない。」
(上 p.246)



解決策は愛ですが、その愛は、
相手の言いなりになることではありません。


また、この虐待の問題も、
すでに前の本で語られています。



「虐待をやめさせることは
あなたいにとっても、虐待する側にとっても
良いことである。
虐待を続けさせておけば、虐待する側までが
虐待されることになるからだ。
それは虐待者を癒すのではなく、
傷つけることである。
虐待は受け入れられるものだと思っていたら、
虐待者は何も学べない。」
(「神との対話」 p.178)



そのことを前提として、
愛ですべて解決できると神は言います。



「愛が癒せないひとはいない。
愛が救えない魂はない。
それどころか、
救わなければならないことなどないのだ。
すべての魂は愛なのだから。
誰かの魂に愛を、
つまり魂そのものを与えたら、
あなたは相手を
自分自身に連れ戻したことになる。」
(上 p.246)



そもそも魂は愛ですからね。


だから、
解決されなければならない問題も、
魂的にはありません。


ただ、本当の自己を
相手に見せてやればよいだけです。


それが神の仕事だと、
前の本にありましたよね。



「それが神の仕事だ。
魂の仕事は、
あなた自身を目覚めさせることだ。
神の仕事とは
すべてのひとを目覚めさせることだ。」
(「神との対話」 p.192)



逆に言えば、ニール氏が質問した
「人生で影響されたくないと思うような
ひとや状況」があるということは、
私たちに魂の仕事や神の仕事をさせるために
創造されたことになります。


ですから、何があろうと大丈夫なのです。


何が起ころうと問題ないのです。


すべては愛なのですから。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT180921a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。



◆メルマガの目次

このメルマガの過去ログの目次を作りました。


対象となるメルマガを、
目次から選べるようになっています。


こちらのカテゴリから対象となる本を選んで、
ご利用ください。

http://4awasejsn.seesaa.net/category/27051269-1.html



========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================



◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆





_

「神との対話」シリーズを読む

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/03/18 部数:  56部

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/03/18 部数:  56部

他のメルマガを読む