「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】シンプルに暮らす


こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との対話3」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第19章の3回目になります。




HEBは、何が自分のためかを観察し、
行動を適応させることで、
一定の方向に進化してきました。


一定の方向とは、一体化の方向です。


ですから、国ごとに分かれるのではなく、
1つの国を創ったとも言えます。



そこで神は、
私たちにもありのままを観察するように
と勧めています。


ただしここで、あることを注意します。



「しかし「適者生存」--
種の進化ということだが--
が達成されておらず、
それどころか全部の種が滅亡に向かい、
自滅しかけている。
それは「プロセス」を
「原則」と呼んだためだ、
ということを「観察」しなくてはいけない。」
(p.387)



つまり、
私たちは観察しているようでいて、
肝心なところが観察できていない
ということですね。


それは、
「プロセス」を「原則」と呼んだために
全部の種が滅亡に向かっている
という点です。



少しわかりにくいと思います。


続けて神は説明します。



「そのプロセスは「進化」と呼ばれる。
プロセスを導く「原則」は、
あなたがたの進化の方向を決める。」
(p.387)



「原則」は、進化と呼ばれる「プロセス」の
方向を決めるものだということです。


そして、「適者生存」とは「進化」であり、
「プロセス」だと神は言います。



実は、この会話の前にニール氏は、
「わたしたちの指針となる原則のひとつ、
「適者生存」」と言っています。


それからするとニール氏は、
「プロセス」である「適者生存」を、
「指針」つまり「原則」だと言った
ということになるのです。


そうなると、
「進化の指針となる原則は進化である」
ということになります。



「しかし、それは、自分の進化の方向を
コントロールできない種の言うことだ。」
(p.387)



では、進化した種はどうするのでしょうか?



「いっぽう、進化とはプロセスである--
しかし、コントロールできるプロセスだ--
とはっきり知っている種は、
「プロセス」を「原則」と混同したりせず、
プロセスを導き、方向づけする原則を
意識的に選ぶ。
これは意識的な進化と呼ばれるが、
あなたがたの種はそこに到達したばかりだ。」
(p.388)



私たちが到達したばかりということは、
まだそれに慣れていない
ということなのでしょう。


けれども、これを知ったのですから、
これからは正しく「指針」や「原則」を
意識することが大切です。



では、
その「指針」や「原則」とは何かと言えば、
前に出てきたものです。



「二つの基本的な原則を
適用することによって。
わたしたちはすべて一体である。
充分ある。」
(p.376)



この反対の「私たちはバラバラである」と
「不足している」が原則だと、
今までのような進化の方向になるのです。




ここでニール氏は、
HEBは国家がなくて
どうやって全体を組織するのか
と神に尋ねます。


神は、こう答えます。



「あなたひとりしかいないとしたら、
どうやって自分を律すると思う?」
(p.389)



これはある意味で、
国家のような統治機構はない
と言っているようなものです。


自分を律するのは自分です。


ということは、自分たちを律するのは
自分たちであり、
それは自分だということになるからです。



「たとえば、
高度に進化した統治システムには、
事実上、自治以外の統治は存在しない。」
(p.390)



考えてみれば、
国が要る理由は何でしょうか?


主には、外交と防衛です。


どちらも、
国同士のやり取りに必要なものですから、
国がなければ関係ありません。



あとは国土整備でしょうか。


たとえば、道路をどういう規格で
どこからどこまで通すのかという計画です。


各自治体がバラバラにやったのでは、
効率の良い交通網は引けません。


あるいは、
共通規格の制定ということもあります。


規格がバラバラでは、
引っ越しするごとに
買い換える必要があります。



しかしこれは、広域自治とも言えます。


自治体同士の連携で、
何とかなる部分も多いかと思います。




「シンプルなのは野蛮で、
複雑なほうが高度に進歩していると思うのは
原始的な文化の特徴だ。
おもしろいことに、
高度に進化した者は逆だと見ているが。」
(p.390)



先の「あなたひとりしかいないとしたら」
という神の問いを受けたニール氏は、
無人島に1人しかいなければ
原始的な生活をするかもと答えました。


誰に見られる心配もなければ、
素っ裸でいてもかまわないのです。


働くことさえせず、
ただ楽しいことをして暮らすかもしれません。



ここを読んで思い出したのは、
「アバター」という映画です。


ここに出てくる人々は、
原始的な民族のようでもありながら
超能力を使う先進的な民族でもあります。


ひょっとしたら、
HEBの暮らしはこういうものかもしれません。



また、
「アナスタシア」という本を読みましたが、
そこに書かれたアナスタシアの生き方は、
まさにそういうものです。


一糸纏(まと)わず森林の中で、
木の実などを食べて生活する。



けれども、原始的な社会なら
それでもいいかもしれませんが、
高度に科学が発達した社会で、
本当にそんな生活になるのでしょうか?



「システムが「複雑」になればなるほど、
そのデザインはシンプルになる。
それどころか、
シンプルさが優雅の極致なのだよ。」
(p.390)



シンプルライフと言って、
物を持たない生活へのあこがれが
多くの人にあるようです。


何もないすっきり感が心地よいのです。


また、数学や物理の公式は、
シンプルで美しいと思います。


シンプル・イズ・ビューティーですね。



私も、
システムはなるべくシンプルであるべきだ
と思っています。


たとえば税制もそうです。


あちこちからいろいろな名目で税金を取り、
国民は総額でいくらの税金を払っているのか
わからなくなっています。


複雑になれば人をごまかすことができます。


逆に言えば、
複雑にするのは人を騙そうとしているから
とも言えるわけです。



そういう意味で、
HEBの統治システムがシンプルだ
ということは、わかる気がします。


シンプルならわかりやすく、
間違えようがありませんから。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT180531a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================


◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/20
部数 47部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/20
部数 47部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング