「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】進化した文明との違い


こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との対話3」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第17章の2回目になります。




進化した文明との違いについて、
神はこう説明します。



「進化した文明の第一の指針は、
一体性ということだ。
すべてが「ひとつ」であり、
すべての生命は神聖であるという認識だ。
だから、
進歩した社会では、どんな場合でも、
同じ種に属する他者の生命を
相手の意思に反して奪うことはありえない。」
(p.340)



一体性が第一の指針だと言います。


同じ種(人間)であれば、
相手の意に反して殺したりはしない。


殺人という犯罪はもちろんのこと、
死刑も戦争もあり得ないということです。


おそらく中絶ということもないのでしょう。




では、他の種から攻撃された場合は
どうなのでしょう?


神は、
進化した種が攻撃することはないから、
攻撃してくるのは原始的な種だと言います。



「攻撃された種が
相手を殺す理由はただひとつ、
攻撃された側が
ほんとうの自分を忘れているからだ。
攻撃された側が、
自分を肉体だと考えていれば--
物質的なかたちが自分だと思っていれば--
「自分の命が危うい」と恐れて、
攻撃した者を殺すかもしれない。
だが、
自分は身体ではないことがわかっていれば、
決して相手の肉体を滅ぼすことはない。
そんなことをする理由がないからだ。
ただ自分の肉体を置き去りにして、
非肉体的な自己へと移っていくだろう。」
(p.340 - 341)



つまり、
攻撃されて肉体が損傷するとしても、
それによって自分が死ぬことはない
と知っていれば、
抵抗しないということですね。


しかし1冊目の本では、
相手に本当の自分ではない行為を
させないという愛情から、
武器を持って立ち向かうこともある
という話もしています。


このことは矛盾しないのでしょうか?



「わたしはまず、
いつかは相手の言葉や行動に
傷つかなくなる日がくるだろう、と言った。」
(p.342)


「もうひとつ、
あなたがたが相手の言葉や行動に
いまのような反応をするのは、
ほんとうの自分を忘れているからだ、
と答えただろう?」
(p.342)


「成長の過程では、「あなたは
いまのレベルで努力しなければならない。
いまの理解のレベル、意思のレベル、
記憶のレベルで」と。」
(p.342)


「ほんとうの自分を
まだ思い出していない者の社会なら、
攻撃はやめさせなければいけない。」
(p.342)



つまり1冊目の本で語ったのは、
今の私たちに対するアドバイスです。


そしてここで神が答えているのは、
進化した存在の対応なのですね。




「わたしは、
宇宙の高度に進化した存在は、
決して怒りにまかせて
べつの知覚ある存在を「殺し」たりしない、
と言ったのだ。
第一に、彼らには怒りはない。
第二に、彼らは他の存在の了承なしに、
その肉体的な経験に終止符を打ったりしない。
第三に--
さっきのあなたの質問に即して答えれば--
社会の外部、べつの種からであっても、
彼らは決して「攻撃」されたと感じない。」
(p.342)



進化した存在は、怒りを感じないし、
相手がどんな種であっても、
相手の了承なしに
肉体的な死を与えることはしないのですね。


それは、そもそも「攻撃された」という
認識を持たないからだと言います。



「「攻撃」されたと感じるのは、
相手に何かを奪われると思うからだ。
生命、愛する者、自由、財産、所有物、
つまり何かをとられると思うからだ。
だが、高度に進化した存在は、
相手が力ずくでも欲しいと思うのなら、
与えてやる。
そのために、
肉体的な生命を失ってもかまわないと考える。
なぜなら、高度に進化した存在は、
もう一度すべてを創造できることを
知っているから。
相手が遅れていてそれを知らないのなら、
ごく自然に欲しいものを与えるだろう。」
(p.343)



たしかに、
自分が創造者だとわかっていて、
何でも創造できるのであれば、
相手がどうしても欲しいというものを
与えない理由がありません。


自分にも必要ということがあれば、
また創造すれば良いだけですから。


その段階であれば、
自分にも必要とさえ思わないでしょうけど。



「高度に進化した存在は、
もう一度すべてを創造する必要がないことも
はっきりと心得ている。
そんなものがなくても幸福になれること、
生存できることを知っている。
自分以外には
何も必要としないことを知っている。
「自分自身」、ほんとうの自分は、
物質的なことがらとは
何の関係もないことを知っているのだ。」
(p.343)



仮に攻撃されても抵抗しないばかりか、
そこで失ったものを再創造することさえ
必要ないと感じるのですね。


再創造しなくても幸せでいられるから。


再創造しなくても、自分は
自分として存在するとわかっているから。



「最後に、高度に進化した存在は、
自分と攻撃側が
「ひとつ」であることを知っている。
そこで、
攻撃側を、自己の傷ついた部分だと考える。
その状況での仕事は、すべての傷を癒やして、
「すべてであるひとつ」が
ほんとうの自分を知るようにすることだ。」
(p.343)



攻撃されても抵抗せず、
自分のすべてを与えるという行為は、
相手を癒すために行うのですね。


なぜなら、
相手は傷ついている自分だから。




神はここで、高度に進化した存在のことを、
簡略化してHEBと呼ぶことにします。


「Highly Evolved Being」の略です。



HEBは、
自分の物質的な生命を終わらせる許可を、
他にどういう理由で
相手に与えるのでしょう?


神は、食料として差し出す場合とか、
他者の必要性に応える場合、
戦争を終わらせるためなどの理由を示します。



食料として差し出すというのは、
飢えた虎のために肉体を差し出したという
ブッダの前世の逸話にありますよね。


他者の必要性を満たすというのは、
先ほどの癒す行為でしょう。


戦争を終らせるというのは、
抵抗しないということでしょうか。


一方が抵抗しなければ、
ただ殺されるだけで戦争にはなりませんから。



私たちの世界でも、先住民の中には、
動物の霊(いのち)の許可を求めてから
殺して食べるという民族もあります。



「それはアメリカ先住民のやり方だね。
彼らは
コミュニケーションをしてからでなければ、
花やハーブ、その他の植物を摘んだりしない。
先住民族の文化は
みんなそういうやり方をするね。
おもしろいことに、あなたがたは
彼らの部族や文化を「原始的」だと言うが。」
(p.344)



一方的に自然を支配し、
自分の思うがままに生命を奪うのが
進歩だと錯覚しているのですね。


前回、退歩を進歩と考える
という指摘がありましたが、
まさにこのことです。


本当の意味で進歩しているのは、
インディアンやアボリジニーなど、
先住民族の方だった。


神はそのように指摘するのです。




もし、このように考えるようになると、
私たちの価値観は大きく変わるでしょうね。


すべては「ひとつ」であることを、
私たちはどこまで受け入れられるのか。


どこまで腑に落ちるようになり、
思考や言葉、
行為に反映されるようになるのか。


それが今の私たちの課題なのだろ思います。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT180518a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================


◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/19
部数 47部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/19
部数 47部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング