「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】約束を守るのは難しい


こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との対話3」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第13章の2回目になります。




前回の最後に、
マスターは意図的に同一性を創造する
という話がありました。


普通の人は無意識に反応することで
同一性を創造することがありますが、
マスターは意図的です。


つまり、
意図的に思考をコントロールすることは、
それだけ難しいことなのです。




今回はその続きですが、
だから約束を守るのは難しいのか
とニール氏が尋ねます。


意図的に思考をコントロールすることが
難しいからです。


それでは、
未来も同じものを創造できるとは
言えないからですね。



「それも、理由のひとつだ。
前にも言ったとおり、
未来を予測できるようになるまでは、
約束などできないのだよ。
約束を守るのがむずかしい二つめの理由は、
誠実さとぶつかるからだ。」
(p.265)	



それに対して神は、
2つの理由があると言います。


2つ目の「誠実さとぶつかる」の理由は
次のようなものです。



「ほんとうの自分は
いつもこうだと言っても、その後に変わる。
だから、深い葛藤が生じる。
どちらに従うべきか。
ほんとうの自分か、約束した自分か?」
(p.266)



変化することが真実であるなら、
未来の自分は変化しています。


その時点では、
過去に交わした約束を守ることが、
本来の自分ではないと感じることがある。


だから葛藤が生じるのですね。



わかりやすい例を挙げると、
永遠の愛を誓った相手がいたとしましょう。


ところが未来のある時点で、
もっと自分にぴったりだと感じる相手が
目の前に現れました。


過去の約束に従って今の自分を殺すのか、
それとも今の自分に従って
過去の約束を反故にするのか。


こういう葛藤が起きるのです。



では、そういう時、
どうすればよいのでしょう?


神は1つの指針を示します。



「他人を裏切らないために
自分を裏切ること、それも裏切りだ。
それは最高の裏切りだ。」
(p.266)



つまり神は、
つねに「今」の自分に正直であれ、
と言っているのです。


しかしそれでは、
いつも約束を守れないことになります。



神は、その約束にこだわることが、
自分をみじめにしていると言います。


それは、
相手が約束を守ると信じて裏切られたり、
約束が守れなくなった時に自己正当化したり、
無理に約束を守って相手を責めたり
したからです。


だから、
本当なら幸せでいられる時でさえ、
私たちはみじめだったのです。



「ほんとうに幸せでいられるのか
と心配したからだ!
そんな心配をせずにいられなかったのは、
あなたの「幸せ」が、
ひとが約束を守ってくれるかどうか
で決まったからだ。」
(p.267)



他人の行動に依存している限り、
私たちは幸せにはなれません。


常に相手が約束を守るかどうか、
心配していなければなりませんから。



では、私たちは、
他人が約束を守ることを期待したり、
そう願うこともできないのでしょうか?


神は、それに答えて、
他人が約束を守らない理由を説明します。



「ひとがあなたとの約束を破る
たったひとるの理由は、
もう約束を守りたくないからだよ。
あるいは、もう守れないと感じるからだ。
同じことだが。
ひとがあなたとの約束を守りたくない、
あるいは守れないと思っているのに、
どうして守らせたいと思うのだね?」
(p.267)



「約束を守りたくない」か、
「もう守れないと感じる」から、
人は約束を破ると神は言います。


そしてそれは、
どちらも同じことなのだと。


つまり、いずれにせよ人は、
その約束を守ることに
魅力を感じていないのです。


神は、そういう人に対して、
無理やり守らせる必要があるのか
と尋ねます。



「ほんとうに、
相手が守りたくない約束を守らせたいのかな?
本人がしたくないことを強制するべきだと、
ほんとうに思うか?
どうして、
本人の意志に反することを強制したがる?」
(p.267)



その人が
もう約束を守りたくないと思っているなら、
それがその人の意思です。


その意志に反することを、
その人に押し付けなければ気が済まないのは
どうしてなのでしょうね?



たとえば、「あなただけを愛する」
と誓ったパートナーが
浮気をしたとしましょう。


浮気をしたということは、
前の約束を守りたくなかったからです。


そこで浮気をしたパートナーを責めるのは、
その人の意志に反して
約束を守らせたいからですよね?



パートナーが約束を守らないことで、
自分が傷つくからでしょうか?


自分が傷ついたのだから、
相手にも同じ目にあわせたいのでしょうか?



「すると、傷つくのを恐れて、
ひとを傷つけるわけだ。」
(p.267)



相手が約束を守ってくれないと
自分たちが傷つく。


だから、自分たちが傷つかないために、
相手に約束を守らせようとする。


しかしそうすると、
相手は守りたくない約束を守らされて
傷つくことになります。



「ひとに無理やり約束を守らせて、
それで自分たちは傷つかずにすむと思うか?」
(p.268)



自分たちを守るために
相手に強制しようとしているのに、
そうすると自分たちも傷つくのだ
と神は言いたいようです。



「いいかね。
自由に好きなように行動しているひとよりも、
静かな絶望の人生を送っているひと
(つまり、「しなければならない」ことを
しているひと)のほうが、
ずっと大きな被害を与えてきたのだよ。
自由を与えれば、危険はなくなる。
危険が増大することはない。」
(p.268)



つまり、すぐに反論したりせずに
じっと耐えて強制にしたがっている人は、
いつか爆発して大変なことをする
ということなのでしょうね。


日本でも
無差別通り魔殺人事件などありましたが、
あれなどまさにそうでしょう。


何かを強制され続けた結果が、
ああいう事件なのです。




「たしかに、
相手を約束やコミットメントの
「くびきから解放」してやれば、
その当座は自分が傷つくと感じるだろうが、
長い目で見れば決して被害を受けてはいない。
相手に自由を与えれば、
自分も自由になるのだから。
自分も苦しみや悲しみから解放され、
尊厳や自尊心を傷つけずにすむ。
ひとに無理やり約束を守らせれば、
必ず自分の尊厳や自尊心が傷つく。」
(p.268)



相手を自由にさせると、
相手が約束を守らないことを
認めることになります。


その時は傷つくとしても、
長期的に見れば傷つかない
と神は言います。


むしろ逆に、
相手に自由を与えることで自分が自由になり、
自分の尊厳や自尊心を傷つけずに済む
と言うのです。



これは本当でしょうか?



約束を守りたくない他人に
無理やり守らせようとする場合、
相当なエネルギーが要ります。


強制しようとすればするほど、
相手の抵抗が大きくなります。


それでも守らせようとすると、
どんなことになるでしょう?



おそらく行き着く先は、
暴力に訴えるとか、
非道な手段になるでしょう。


自分という高貴な人間を、
そこまで貶(おとし)めてしまう。


そういうことになるのです。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT180424a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================


◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/19
部数 47部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/19
部数 47部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング