「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】不安を武器にして


こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との対話3」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第2章の3回目になります。




ここから神は、
母系社会から父系社会に変わった時に、
何があったかを語ります。



「彼らは不安を利用した。
不安が唯一の道具(ツール)だったから。」
(p.66)



女性が支配し、
重要な地位を得ている社会で、
男性は何も持っていませんでした。


そんな状態から、
どうやって逆転したのか?


神は、「不安」を利用したと言います。




まずは、
同性の男性を説得したと言います。


不満を持っていない男性も大勢いたからです。


肉体労働をして役に立てば、
セックスを楽しむこともできた。


それで充分ではないか、
という考えの男性たちです。



そういう男性を説得したかったのは、
いわゆるモテない男性だったそうです。


腕力も魅力もなく、女性からモテなければ
セックスも楽しめませんから。


なんだか男性の悲哀が感じられますね。



最初は、
性的欲求不満から不平不満を言っているだけ
と思われたでしょう。


だから支配者の女性は軽視していたのです。



しかし、彼らは不安の種を蒔き始めた。



「もし、
女性たちが間違っていたら、どうする?」
(p.67)



女神の直系である女性支配者が、
間違っていることなどあるでしょうか?


そこで神話を作って信じさせたのです。



社会全体で理解されていたことに、
どうしても「ワル」になる子どもが
生まれるということでした。


手がつけられない「ワル」は、
特に男の子に多い。


そこから、こんな神話を作ったのです。



「偉大なる母、
女神のなかの女神が子供を産んだが、
その子は良い子ではなかった。
偉大なる母が何をしようと、
子供は良くはならない。
ついに、
息子は母と玉座を争うまでになった。」
(p.68)



これで堪忍袋の緒が切れた母は、
息子を永久追放します。


しかし彼は、たくみに姿かたちを変えて、
時には偉大な母になりすまし、
悪いことを続けたのだと。


この神話により、
今自分たちが崇めている女神が、
本当の女神なのか?
それとも不肖の息子なのか?
という疑念を抱かせたのです。



「いま、あなたがたが悪魔と呼ぶ存在は、
こうして創られた。
「悪い子供」の神話を創り、
そういう者がいるかもしれない
と女性たちに納得させることは、
困難ではなかった。
また、悪い子供が男の子だと言えば、
みんな、そうだろうとうなずいた。
男性は劣ったジェンダーだ、
そうではないか?」
(p.68 - 69)



このようにして、
たくみに神話を信じさせたと言います。



「「悪い子」が男の子で、
「邪悪な者」が男性なら、
彼を力で抑えられるのは誰か。
男性たちは狡猾にも語った。」
(p.69)



知恵や洞察、癒やしなら女性が勝りますが、
荒々しい力が必要になれば
男性の出番です。


男性は女神を守って、
敵を打ち負かす役割を得たのです。



「なにしろ、
女神を守らなければならない敵がいる
というのだから、
当然、女神を守る保護者も必要だ。
保護者である男性から、
平等なパートナーとして
女神と並び立つ男性までの距離は、
そう遠くなかった。
男性の神が創造され、しばらくすると、
神と女神がともに神話の主人公になった。」
(p.69)



このようにして新たな神話が創られ、
神話によって
価値観が変わっていったのですね。



「神話のなかに、巨大な力をもつ神々、
形容しがたいほど美しい女神をめぐって
争い、戦う神が出現しはじめた。」
(p.69)



何だか日本の神話にもありそうな話です。


ギリシャ神話もこんな感じですね。



「神々の嫉妬が女神だけでなく、
生きとし生けるものすべてに拡大するのに
時間はかからなかった。
ひとは神を、嫉妬深く要求がましい神を
愛したほうがいい。
それも、この神だけを愛するべきだ。
さもないと!」
(p.70)



このようにして、暴力的に支配すること、
嫉妬して所有しようとすることが、
当然の価値観となったのです。



「神性についての考え方が一変した。
すべての愛の源である存在から、
すべての不安と
恐れの源である存在になった。」
(p.70)




以上が、
母系社会から父系社会へ変わった時の
物語だと神は言います。


これが本当のことかどうかは、
私にはわかりません。


しかし、ギリシャ神話や日本の神話には、
似たような話はあります。


あまりに人間ぽい神様が、
嫉妬したり暴力を振るう物語です。




「愛のモデルはだいたいが女性的だった。
母親が子供にいだく限りなく寛容な愛から、
あまり賢くはないが役に立つ男性に対して
女性がいだく愛まで。
これが、
不寛容で要求がましい神がいだく、
嫉妬深く怒りっぽい愛にとってかわられた。
劣る者に容赦なく、
いいかげんな者を許さず、
どんな反抗も見のがさない神だ。」
(p.70)



厳しい愛を示す神は、
こうして創られたと言います。



「これが、
現在あなたがたが崇める神であり、
こうしていまのような事態になったのだ。」
(p.70)



旧約聖書に現れる神は、
たしかにそういう厳しさがあります。


失敗者を裁く神です。


これを、私たち、
特に男性が創り出したと言うのです。



「「力は正義なり」という考え方、
「力ある者が強者だ」という考え方は、
男性が創り出した神話のなかで
生れたものなのだよ。」
(p.70)



力があるという特質を、
男性は権力を得るために利用しました。


だからこそ、
力に価値観を置くようになったのでしょうね。


そしてそのことによって、
力を振るって互いに争う社会になったのです。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT180223a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================


◆本の内容が性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。


そういうテーマを避けて読みたい場合、
参考にしてください。


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/19
部数 47部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/19
部数 47部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング