「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】楽しんで行うこと (18禁)


こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との対話2」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第8章の7回目になります。




前回は、子どもへの性教育として、
親はどうすれば良いかという内容でした。


今回も最初、
まずそのことを補足します。



「子供たちとセックスについて話したり、
笑ったりしなさい。
自分のセクシュアリティに
誇りと喜びをもてるように教え、導きなさい。
それが、子供たちにしてやれることだ。
生まれたときから、最初のキス、最初の抱擁、
最初のふれあいから始めなさい。
キスしあい、抱きあう親の姿を見せなさい。」
(p.146)



隠すのではなく、
オープンに話し合うのです。


そして、自分たちが
セクシュアリティな存在だと認め、
それを喜び、誇りに思うことです。


それを子どもに示すことが、
最高の性教育になるのですね。




これに関して、
日本でもそういう指導をしておられる
のじまなみさんという方がおられるので、
その方のブログを紹介しておきましょう。


「とにかく明るい性教育」
https://ameblo.jp/naminon81/



のじまさんも、
性器の名前を口にすること、
セックスについて明るく話し合うことを
勧めておられます。



そして、子どもに
セックスの話をするタイミングですが、
それは子どもが関心を持った時だと
のじまさんは言っています。


「神との対話」でも、
同じように言っています。



「その時が来たら、
子供のほうが教えてくれるだろう。
目と耳を開いて、よく注意していれば、
その時が来たかどうかははっきりとわかる。」
(p.146)



のじまさんも言っていますが、
いきなりそういう会話をするのは
親も恥ずかしくなるのです。


ですから、子どもが幼いうちから、
性器のことを口にしたり、
自分の裸を見せたりすることが
重要なのだろうと思います。


そして、踏み込んだ話が必要になったら、
子どもの方からそのタイミングを
教えてくれるのです。


そのためにも、
タブーなしに何でも話し合える関係を、
それまでに築いておくことが重要なのです。




そして、そういう親になるための方法を、
神は次のように示します。


「やるべきことを何でもしなさい。
セミナーに参加する。セラピストに会う。
グループに加わる。本を読む。瞑想する。
お互いを発見する。そう、何よりも
お互いを男と女として再発見しなさい。
自分自身のセクシュアリティを再発見し、
もういちど獲得し、とり戻しなさい。」
(p.146)



のじまさんは、
メルマガも発行しておられます。


ブログやメルマガを読まれたり、
セミナーに参加するのもいいでしょう。



さらに神は、まず自分自身が自分を
セクシュアルな存在として受け入れ、
誇りと喜びを持つようにと言います。


自分に対してそれができれば、
子どもに対してもできるのです。




ここでニール氏は、
セクシュアリティに関して
もう1つ重要な質問があると言います。


「セックスに「やりすぎ」ということは
ありますか?」
(p.147)



やりすぎるとバカになるとか、
迷信はいろいろとありますよね。


もちろん神は、
「やりすぎ」というものはないと明言します。


しかし、他の問題があると言います。



「だが、セックスへの欲求には、
行きすぎがあるだろう。
だから、こうすればいい。
すべてを楽しみなさい。
そして、何も必要としないこと。」
(p.147)



ちょっとわかりにくいですよね。


「やりすぎ」はないけれど、
「行きすぎ」はあると言います。


それに対してニール氏は、
また謎めいた質問をします。



「人間もふくめてですか?」
(p.147)



推測するに「行きすぎ」とは、
獣姦などアブノーマルなセックスを
指しているのではないかとも思われます。


ちょっと想像もできませんが。(笑)


SMなども、そうかもしれません。



そして、
「行きすぎ」にならないためには、
2つの指針があるのですね。


「すべてを楽しむ」ということと、
「「何も必要としない」ということです。


神は、そこにこう付け加えます。



「とくに人間について。
相手の何かを必要とすると、
たちまち関係は破壊される。」
(p.147)



これは前に、
人間関係についての対話で
語られたことですよね。


相手の何かを必要として関係を持てば、
その関係はいつか破綻するのです。




ニール氏は、
それでも人は必要とされたがるものだ
と言います。


それに対して神は、
こう言って締めくくります。



「それでは、
必要とされたがるのをやめなさい。
それよりも、必要とされていないと
感じたがるようにしなさい。
誰かに与える最大のプレゼントは、
あなたを必要としないだけの力と強さで、
どんな理由にしろ、相手があなたを
必要としなくなることなのだから。」
(p.147)



必要とされたがるのは、
それによって自分の評価を得たいからです。


必要とされる人間でありたいのは、
そのことによって自分が
価値ある人間だと思えるからです。


それはつまり、
他人から愛されることによって
愛を感じようとしているのと同じです。


その欲求がある限り、
愛の取引きをしてしまうのです。



ですから神は、
むしろ必要とされていないと
感じたがるようにしなさいと言います。


たとえるなら、
匿名で寄付をするようなものです。


相手は自分を必要とはしていません。


なぜなら、寄付したのが自分だとは
わからないからです。



あるいは、
妻に経済力をつけさせることです。


夫の収入に頼らせることで、
妻をコントロールしようとしないこと。


たとえばそれによって、
離婚という選択肢を妻から奪わないことです。



パートナーに
自分を必要だと思わせないことが、
パートナーへの最大の贈り物になる。


神は、そう言っています。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT171129a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/11/19
部数 51部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/11/19
部数 51部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング