「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】セクシュアリティに制限はない

こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との対話2」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第8章の1回目になります。




ニール氏は政治の話をしようとしますが、
神は政治とセックスは同じではないか
と問いかけます。


ニール氏は、
「いかがわしい言葉を
使おうというんじゃないでしょうね?」
とびっくりします。



「いかがわしい言葉」が何なのか、
ここでは明確には書かれていません。


おそらく「fuck」ではないかと思います。


これは、「性交」を意味しますが、
「くそ」とか
若者言葉の「超」という意味にもなります。




これに対してニール氏は、
「神をおそれるひとは使いません」
と答えます。


すると神は、
そんな言葉で
神が冒涜されると考えているのか?
と問いかけます。


どこかの寝室で
使われていると知らないのか?
と問うのです。



「すべての寝室に、わたしはいる、
いつでも。」
(p.131)


これは嬉しいような、
恥ずかしいような気持ちになりますね。


でも、
すべては「ひとつのももの」であるなら、
当たり前と受け止めるべきことです。




ニール氏は、人前であったり、
ましてや神の前では落ち着かない
と言います。


それに対して神はこう言います。


「しかし、文明のなかには--
アボリジニとか、
ポリネシアの一部の人びとの間などでは--
まったくおおっぴらに
愛の行為が行われるがね。」
(p.132)



考えてみればそうです。


閉ざされた空間で
夫婦だけが夜を過ごすって、
そっちの方が珍しい環境です。


見られないよう
子どもが寝るまで待つとしても、
いつ見られても不思議ではない。


そういう中で、
夜の営みがあるのが普通です。




ニール氏は、
それは遅れた文明だからできること
かのように言います。


それに対して神は、
このように反論します。



「あなたの言う「異教徒的」なひとたちは、
生命に大きな敬意をもっている。
レイプなどということは知らないし、
殺人もほとんどない。」
(p.132)


暗に、どっちが進歩的なのかと問います。




これに対してニール氏は、
性交をプライベートで神聖な行為だと
思っているかどうかの違いだと主張します。


すると神は、こう答えます。



「プライベートな行為でないと、
神聖ではないというわけじゃない。
人間の最も聖なる儀式の大半は、
公開で行われている。」
(p.132)


プライベートかどうかと神聖かどうかは、
まったく別物だと言うわけですね。




そこでニール氏は、
神が「あるべき」と言う言葉に
反発しているのではないかと気づきます。


性交は本来、秘められるべきだというような
考え方への反発です。


そこで神はこう答えます。



「「あるべき」という言葉がいけないのは、
誰かが基準を設定する点だ。
そうすると、あなたがたの行動は自動的に、
何を歓びとすべきかという
他人の考えに制約される。
方向付けられ、指示される。
セクシュアリティについては--
ほかのことも同じだが--
制約されるだけではすまない。
結局、破壊されてしまう。
男女が何かを経験したいと感じ、
それから自分たちが夢見て、
あこがれたことが
「適正基準」に違反するからと
しりごみするほど、
悲しいことはないではないか。」
(p.133)



「あるべき」というのは、
他人が決めた基準なのです。


「常識」とか「普通」という言葉で
置き換えられることもあります。


いずれにせよ、
自分がそうしたいかどうかではなく、
合わせなければならない基準として、
外部に探したものなのです。


そういう基準に無批判に従うことを、
神は「罪である」とまで言っていました。



「セクシュアリティだけではなく、
人生のすべてにおいて、
誰かが決めた適正基準に違反するから、
やらないなどということは
絶対にやめなさい。」
(p.133)



ここでも、そういうことは
絶対にやめるようにと言っています。




自分がそうしたいかどうか?


それを基準にする。


他の人にどう思われるかとか、
常識にしたがうべきというのは、
他人基準なのです。



この違いに気づくことが、
何より重要なことだと思います。


その内容が、
性的なものかどうかに関わらず、
基準は自分が定めるのです。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT171121a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期:  ほぼ 平日刊
最新号:  2018/11/19
部数:  51部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

RSSを登録する
発行周期:  ほぼ 平日刊
最新号:  2018/11/19
部数:  51部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。
他のメルマガを読む