「神との対話」シリーズを読む

【神との対話】出来事や経験は自分が引き寄せた機会

こんにちは!
幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。



「神との対話2」の一部を引用しながら
内容を解説するシリーズ。


今回は第4章の1回目になります。



前回まで、ヒトラーが天国へ行ったという
神の発言を取り上げました。


第4章では、第3章の内容をまとめた後で、
再びヒトラーのことを取り上げます。


それはニール氏が、
ヒトラーが天国へ行ったことや、
悲惨なことが起きてもそれは神の意志だ
ということについて、
より詳細な説明を求めたからです。



そこで神は、まずこう言います。


「では、目的ということから説明しよう。
すべての出来事、すべての経験には、
機会を創出するという目的がある。
出来事も経験も、機会なのだ。
それ以上でも、それ以下でもない。」
(p.81)



私たちが何かの出来事と遭遇し、
またそこで何かを経験する時、
それは私たちに対して
「機会を与える」という目的があるのです。


出来事や経験は、
その目的のためにのみ存在している。



では、何の機会なのか?


それは、
これまでに何度も言われているように、
私たちが自分自身を再創造する機会なのです。




「「悪魔のしわざ」とか「天罰」とか
「神からの褒美」などと考えるのは過ちだ。
出来事や経験は出来事や経験として
起こるにすぎない。
それに意味を与えるのは、
わたしたちがどう考え、どう行動し、
どう応えるかだよ。
出来事も経験も、
あなたに引き寄せられる機会で、
意識を通じて個人的、集団的に創り出される。
意識は経験を創り出す。
その意識を、
あなたがたは向上させようとしている。
機会を引き寄せるのは、
あるべき自分を創り、体験するためで、
あるべき自分とは、いまのあなたよりも
高い意識をもった存在ということだ。」
(p.82)



出来事には意味がありません。


ニュートラル(中立)なのです。


その出来事をどう考えるのか、
どう対応するのかによって、
その出来事に意味を与えています。



その出来事に意味を与えることは、
意識の働きでもあります。


その意識が、また次の出来事や経験を
引き寄せることになります。



そして、その機会を与える理由ですが、
それは自分自身を向上させるためなのです。


もっと高い意識を持った自分になること。


それは神に近づくことであり、
神になることなのです。



「わたしは、
あなたにあるべき自分を知らせ、
体験させようと思って、そのために
自分が創り出そうとする出来事や経験を
引き寄せさせているのだよ。」
(p.82)



「あるべき自分」とは、
私たちの本来の姿である神のことです。


すべての出来事や経験は、
私たちが神に近づく機会なのです。




ここまでのところをよく読んでいただけると、
わかってくることがあります。


それは、出来事や経験は、
私たちの意識が引き寄せている
ってことです。


それは何のためかと言えば、
私たちの意識を高めるためです。



つまり、私たちの意識が原因で、
出来事や経験は結果に過ぎません。


鏡に映った像です。


私たちは鏡像を見ることによって、
その原因である自分の意識を知ります。


そして、鏡像が好ましくないなら、
自分の意識を変える他ないのです。




「宇宙のゲームに参加している
ほかのプレイヤーがときどき、
あなたと一緒になる--
短い出会いであったり、
ちょっとした通りがかりであったり、
一時のチームメイトということもあれば、
長年の知り合い、親戚、家族、愛する者、
人生のパートナーであったりする。
そうしたひとたちの魂は、
あなたが引き寄せているのだ。
そして、
あなたも彼らに引き寄せられている。」
(p.82)



これが面白いところであり、
信じがたいことだろうと思います。


出来事や経験は、人間関係によって
もたらされることが多いのです。


たとえば、
私が「フラれる」という経験をすると、
もう一方で「フル」という経験をする人が
どうしても必要になります。


私が私の経験を引き寄せているとすれば、
相手は相手の経験を引き寄せています。


双方が同時に、
それぞれの目的のために最適な
出来事や経験を引き寄せる。


そんなことがあるのでしょうか?



「卒啄同時」という言葉がります。


卵の中の雛が生まれようとして
内側からくちばしで殻を突きます。


その時、間髪を入れずに親鳥が、
外から殻を突いて雛の誕生を助けます。



何という絶妙なタイミング。


何という絶妙な組み合わせ。


こんなことは、
全知全能の神にしか行えない業でしょう。



神は、人それぞれの課題のために、
最適な組み合わせをして、
最適なタイミングを図って、
出来事や経験を引き寄せさせます。


まさに「神業」なのですね。




「誰も、偶然にあなたのもとへ
やってくるのではない。
偶然ということはない。
なにごとも、
いきあたりばったりに起こりはしない。
人生とは機会の産物だ。」
(p.82)



起こる出来事はすべて必然で無駄がない。


そういうことなのです。



すべてが自分のための最適な機会。


そう受け止めるのかどうか。


それは私たちが決めることです。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?KT171101a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「幸せ実践塾」通信
 http://www.mag2.com/m/0001680038.html

========================================


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「神との対話」シリーズを読む

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/11 部数:  55部

ついでに読みたい

「神との対話」シリーズを読む

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/11 部数:  55部

他のメルマガを読む