妊娠・出産・子育てがもっと楽しくなる! 「ヒプノ赤ちゃん」ハッピーバース通信

受け身ではなく「自分らしいお産」をしよう

カテゴリー: 2017年09月26日
*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.
  妊娠・出産・子育てがもっと楽しくなる!
「ヒプノ赤ちゃん」ハッピーバース通信         
*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.
          (Vol.4/2017年9月26日 発行)

《CONTENTS》_____________________
◇ ますみより愛をこめて
◇ 「ヒプノ赤ちゃん」について
(3)受け身ではなく「自分らしいお産」をしよう
◇ ヒプノ赤ちゃん講座のご案内 
◇ イベントのご案内
「宮崎ますみのヒプノセラピー講座in島田」他 

:   :   :   :   :   :
   :   :   :   :   :   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇ますみより愛をこめて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

秋分を超え、ますます秋が深まっていくこの時期、
いかがお過ごしでしょうか?

私がなぜ『ヒプノ赤ちゃん』という催眠出産メソッドを
日本人向けに開発するに至ったのか。
その話をここでお伝えしていきたいと思います。

「ヒプノ」とは「催眠」の意味です。
『ヒプノ赤ちゃん』とは、
催眠を用いた深いリラクゼーションの状態で、
女性にもともと備わっている
“ナチュラル出産力(自然に産める力)”を引き出し、
痛みのない穏やかな分娩を実現できるよう、
妊婦さんをサポートする実践的なオリジナルのメソッドです。  

催眠療法を学び始めて間もなくの頃、
催眠を用いて痛みを軽減させる出産法があることを、
私は初めて知りました。
意外にもその歴史は長く、
催眠出産はけっして新しいものではありませんでした。

催眠が臨床の現場に導入されるようになった1850年代から、
出産の際にも催眠は有効な方法と認められ、用いられてきたのです。  
先人が残してくださった、催眠を用いた穏やかな出産。
それに関する様々な記述は、私の目を見開かせるのに充分な、
新鮮な驚きを与えてくれました。

それに加えて様々な書籍などを読み、
ネガティブな思い込みがいかに実際の出産に
悪影響を与えているかという事実、
暗示に対する心的影響の重要性などを知るにつけ、
出産に対する真実を広く伝えたいという思いが湧き上がりました。  

試行錯誤の末、 妊娠から出産、子育てを通して
私自身が授けられた神秘的な体験と、
そのプロセスにおいて独自に編み出したイメージワークを元に、
感性豊かな日本人女性が取り組むのに
最も相応しい形の『ヒプノ赤ちゃん』メソッドが誕生したのです。

自分の力を信じ、赤ちゃんの力を信じ、
大いなる宇宙のリズムに身を任せたとき、
最も自然で無理がなく、満ち足りたお産になるでしょう。

そんなシンプルな発想が原点の『ヒプノ赤ちゃん』は、
これから生まれてこようとしている
大勢の赤ちゃんスピリットの、リクエストでもあったのです。
この話の続きは、次回のメルマガでお届けしましょう。

宮崎ますみ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇「ヒプノ赤ちゃん」について
(3) 受け身ではなく「自分らしいお産」をしよう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「できるだけ自然な形で産みたい」という思いで
助産院を選ぶ方がいる一方、
「痛みで苦しみたくない」という理由で、
最初から無痛分娩を選ぶ方は少なくありません。
「お産は痛いもの、苦しいもの」という固定観念があるために、
赤ちゃんにも母体にもリスクが伴うお産を選んでしまっています。
そもそもお産は痛みがない方が自然なんですよ。

『ヒプノ赤ちゃん』で基本となるのは、
母となる女性が主体となって産むということ。
お産の主導権を握っているのは、つねに産む人自身であって、
第三者がコントロールすべきものではないのですね。
これはいたって当たり前のことですが、現代の一般的なお産において、
こうした発想が希薄になっているようです。
 
本来、健康な女性が出産をする場合、
トラブルを生じることはほとんどないそうです。
ところが近年、病気ではないお産が病院で扱われることになって以後、
女性たちがもともと備わっている自然出産力を
発揮する機会を失ってしまったのです。

確かに、医療が一歩も二歩も踏み込んでくれたおかげで、
出産時において、赤ちゃんとお母さんの命が助かる確率は、
昔と比べて大きくはねあがりました。
分娩のプロセスで、母体にかかる負担が軽減され、
たとえリスクがあっても、赤ちゃんを元気に誕生させることが
できるようになったのも事実です。

けれどもその一方で、女性の身体に備わっている
本能的な力を引き出すことや、
活かす機会がほとんど与えられていないのが、
現代の病院で管理されたお産です。
女性側の意識が、ドクター任せ、助産師さん任せとなり、
「自分の力で産む」という確固たる意志が、
欠落してしまったとも言えるでしょう。

今を生きる女性たちから、その力が
失われてしまったわけではありません。
必ず内在しているのですから、
力があることを思い出して、
正しく理解して、自ら引き出していけばいいのです。

女性の身体の構造や体内に分泌するホルモンの働きを理解し、
自然なお産のプロセスを知ると、
余計な力を入れる必要はないことがわかります。
本来、身体に無駄な力が入っていなければ、
お産によって痛みが生じることはないのです。
そのことを顕在意識で理解すると安心できて、
身体は自ずとリラックスするものです。

本能の力を信頼して、他人任せではなく主体的に産むと決めること、
こんなお産をしたいというビジョンを明確にすることで、
「自分らしいお産」を目指しましょう。
それこそが『ヒプノ赤ちゃん』の真髄です。

潜在意識へのアプローチを繰り返し、
リラックスして力を緩めるやり方を練習して、
身体を柔軟に整えておくことが、
結果として楽で穏やかな出産に繋がります。
自分の力を信じて、赤ちゃんと協力して出産したという実感は、
例えば薬による無痛分娩などと比べ、
何十倍もの喜びと感動を与えてくれるでしょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇ ヒプノ赤ちゃん講座のご案内
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヒプノ赤ちゃん講座では、
出産の仕組みや心と体の関係、
赤ちゃんとの絆作りやパートナーシップなど
必要な情報と知識をお伝えしています。
穏やかなお産に向けての呼吸法やイメージ法、
お腹の赤ちゃんとの胎話法などを実践し、
家族の絆を深めていただくこともポイントです。

協会が認定するプラクティショナーが
個別講座やグループ講座を開いています。
ご興味のある方は、ご説明会を兼ねた
ミニセミナー・体験会にご参加いただくか、
お近くの認定プラクティショナーを探し、
お問い合わせをしてみてください。

<今月のミニセミナー・体験会の日程>
[東京都杉並区]さかもとみつよ
◎10月1日(日)10:00〜12:00
◎10月13日(金)10:00〜12:00
◎ 10月29日(日)10:00〜12:00
「ヒプノ赤ちゃん」の胎話法を体験して、
赤ちゃんと自分らしいお産を考えてみませんか?
「ヒプノ赤ちゃん」で出産したセラピストによる
体験談をお伝えしながら、産院や妊娠中の
トラブルに関する相談会を開催いたします。
http://ameblo.jp/salon-popopo/entry-12288559662.html

[茨城県水戸市&ひたちなか市]鈴木美穂
◎10月7日(土) 10:00〜12:00
◎10月7日(土) 13:30〜15:30
「ヒプノ赤ちゃん」ってどんな講座?何をするの?
などなど、皆さまからの様々な質問にお答えします。
まずは体験してみることで、私たちに本来備わる
“いのちの力”の素晴らしさに出逢ってください。
http://laughychildren.jp/

[千葉県柏市]長岡 純
◎10月16日(月)13:00〜15:00
「ヒプノ赤ちゃん」にご興味をお持ちのあなた、
ぜひ一度お越しください。ヒプノ赤ちゃんの説明や
おなかの赤ちゃんとの胎話体験など、
楽しい内容をご用意してお待ちしています。
https://www.hypno-mother.com/セミナー-イベント/

[東京都渋谷区]さくらかわのりこ
◎ 10月29日(日)13:00〜15:00 
〜新しい命の誕生を迎える心と体の準備を〜
ヒプノ赤ちゃんについてご紹介しています。
講座をお申し込みいただく前に、ぜひ
お気軽にお話を聞きにいらしてください。
http://douceetintime.jimdo.com/

[神奈川県横浜市]松村洋子
◎10月31日(火) 10:00〜12:00
最愛の赤ちゃんをお迎えするための心と体の準備と
出産後も人生に役立つ「ヒプノ赤ちゃん」に関する
お話会です。ご興味のある方はいらしてください。
心よりお待ちしております。
http://www.salon-arcoiris.com

[大阪府豊中市]Sarah
◎10月1日(日)10:00〜12:00
ママとパパにとってかけがえのない大切な命を
迎える準備のための講座です。 
おなかの赤ちゃんとお話することで
出産前からの絆を深めていきましょう。
http://ameblo.jp/osaka-hypnotherapy/


*ミニセミナー・体験会の最新情報はこちら。
→https://freecalend.com/open/mem41413_date201710

*認定プラクティショナーの情報はこちらから。
→http://hypnoakachan.com/practitioner 
:   :   :   :   :   :
:   :   :   :   :   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇イベントのご案内
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*宮崎ますみのヒプノセラピー講座in島田
『自分の中の女性性と母性を磨く』

あなたは、本当の自分の声に耳を傾けていますか。
今こそ、女性が輝く時―。
女性が変われば、親子やパートナーとの関係も、
世の中も変わっていくことでしょう。 

10月1日、静岡県島田市で
「自分の中の女性性と母性を磨く」と題し
宮崎ますみによるヒプノセラピー講座を開催します。

会場のある大井神社は、
御祭神が三柱共に女神様であらせられることから、
昔から安産の神、女性や子どもの守護神として
幅広く信仰されています。
充実した時間を一緒に過ごしませんか?
お気軽にご参加ください。 
(イベント実行委員会:山口雅子)

宮崎ますみのヒプノセラピー講座in島田 
『自分の中の女性性と母性を磨く』 
●日時 10月1日(日)13時~15時(12時45分開場) 
●会場 大井神社宮美殿「ふれあいの間」 
※JR島田駅より徒歩約7分 
●定員 30名 
●料金 4,000円 
●申し込み方法 メール:takuyama7and7@yahoo.co.jp
「10月1日宮崎ますみのヒプノセラピー講座」と
件名に書き、氏名・住所・電話番号・人数を記載の上、
メールでお申込みください。

Facebookのイベントページはコチラ↓
https://www.facebook.com/events/1697485390293983/?acontext=%7B%22action_history%22


第21回日本統合医療学会
11月25日(土)・26日(日)
「患者中心の医療」がテーマの本年度の大会。
一般の方もご参加いただけます。

宮崎ますみは特別講演として登壇。
「ガンは覚悟を促し背中を押す愛の御手だった」
と題してお話をいたします。
詳しい情報はこちらをご確認ください。
http://jointconference2017.net/program/

:   :   :   :   :   :
:   :   :   :   :   

+++++++++++++++++++++++

秋分を過ぎて、日一日と夜が長くなるこの時期。
読書したり、好きな音楽を聴いたり、映画を観たり、
コトコト煮物をしたり、穏やかな時間を過ごせますね。
あるいは、緑の中をウォーキングしたり、
スポーツするのもいいし、観るのもいい。
「自分の好き」を極めるのに良い季節です。

何かに夢中になっている時って、
時間の感覚がいつもと違うと思いませんか?
それは、潜在意識の扉が開いて催眠状態になっているからです。
その催眠状態で、お腹の赤ちゃんに話しかけてみると、
メッセージをきっとキャッチできますよ。
詳しく知りたい方は、『ヒプノ赤ちゃん』の
ミニセミナーに参加してみるか、
直接プラクティショナーにお問い合わせを---。
お役に立つ情報をご提供していますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ではまた、次号をお楽しみに。

ご感想、ご質問などがありましたら、
事務局(magazine_hypnoakachan@yahoo.co.jp)宛
メールをお寄せください。
ご縁に感謝いたします。

宮崎ますみ&ヒプノ赤ちゃん事務局

+++++++++++++++++++++++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


☆ 編集・発行:日本ヒプノ赤ちゃん協会 事務局
  magazine_hypnoakachan@yahoo.co.jp
☆ ホームページ http://hypnoakachan.com
☆ 公式Facebook https://www.facebook.com/hypnoakachan/
☆ 登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001680055.html 

当メールマガジンの内容については、
発行者・執筆者に著作権がございます。
許可なく転載することはご遠慮願います。

All rights reserved. (C) CopyrightJapan HypnoAkachan Institute.

ついでに読みたい

他のメルマガを読む