「幸せ実践塾」通信

【SJ通信】それは愛だろうか?


カテゴリー: 2018年08月11日
こんにちは!
幸せ実践塾・塾長の赤木あつしです。




前々回まで書いていた
妻との馴れ初めについて続けますね。


前回は、
その前の彼女との婚約破談について、
詳細に書きました。


すでにブログで書いていることですが、
メールから肉付けして書きました。


よろしければ、
ブログ記事もご覧くださいね。


「フラれてばかりの人生」
http://4awasejsn.seesaa.net/article/287874451.html



さて、
今日はその続き、3回目になります。


また長くなりますが、
飽きずにお付き合いください。




結婚が破談と決まった後、
私は必ずしもスパッとあきらめた
わけではありませんでした。(笑)


いや、本質的に女々しいですから。


未練たらたらだったのです。



ですから、彼女と会って話をすれば、
何か変わるんじゃないかと思い、
会うための方法をあれこれ考えました。


彼女の自宅はわからないものの、
自宅がある通りは知っています。


そこまで行けば、
運良く会えるんじゃないかとか。


まあ想像だけで、
実行はしませんでしたけどね。



そのうち、
1つのアイデアを思いつきました。


それは、
来月分のお手当をあげるということです。




彼女には、毎月末に4万バーツのお金を
生活費の補助としてあげていました。


ブログに書いたように、
彼女からSMSをもらう1週間ほど前に、
4月末分のお手当は渡しています。


その月なぜか彼女が、
少し早いけどお金がほしい
と言ってきたからです。



後にして思えば、その時すでに
婚約破棄を決めていたのでしょう。


私のお金に頼りたいけど、
私のことは拒否したい。


そんなジレンマを抱えていたのではないか。


そう思いました。



だから彼女に、
もう1ヶ月分余分にあげよう
と思ったのです。


彼女が必要としているのは私ではなく、
お金なのでしょうから。



その時、彼女は、お店を閉めていました。


なかなか儲からなかったのです。


私のお手当がなくなれば、
すぐにも生活費に困るかもしれない。



それに、そんな男気を見せたら、
ひょっとしたら惚れ直すかもしれない。


そんなわけないんですけどね。


ま、未練たらたらですから。(笑)




実は、
最初は2ヶ月分あげようと思いました。


そのくらい余裕があれば、
次の仕事まで心配要らないでしょう。


それに、1ヶ月分じゃ最低限って感じで、
セコく感じたんですよね。



彼女にはSMSで、
「お金を振り込むよ」と伝えました。


彼女からは、例によって
「好きなように」と返事がありました。


それでATMで振り込もうとしたのですが、
4万バーツまでしか振り込めないのです。


まあ普通のタイ人にとっては、
それくらいで充分な制限だったのでしょう。


わざわざ銀行の窓口へ行くのは
いかにも面倒くさいです。


それで致し方なく、
1ヶ月分の4万バーツにしたのです。


2回に分けるという方法もあるのですが、
「これでいいか」とも思えてきたので。




実は、彼女にお金を渡すというプランは、
親しい人に話していました。


言われましたよ、「やめなさい」って。


そりゃそうでしょう、
盗人に追い銭みたいなものですから。



いや、そうではなく、
その人には私の未練が見えたのでしょうね。


だから、
「やめろ」と忠告してくれたのです。



けれども私は、その忠告を無視しました。


たしかに半分くらいは、
未練があったと思います。


しかし残りの半分は、
純粋に彼女のことを思いたかった。


純粋に彼女のことを思う
私自身でありたかったのです。




彼女も戻ってこないし、
お金も減ってしまう。


それでもやるのか?



何度も自問しました。


その上で、そうすると決めたのです。




おそらく、「神との対話」の一節を
思い出していたと思います。



「すべての人間関係の決定的な接点において、
問題はひとつしかない。
「いま、愛なら何をするだろうか?」
ほかのどんな疑問も無縁であり、
無意味であり、
あなたの魂にとって重要ではない。」
(「神との対話」 p.175)


「何かを決意するときに
考えるべきことはただひとつ、
それが「わたし自身」を
表現しているだろうか、ということだ。
「わたしがこうあろうとする自分」を
明確にすることになるだろうか?
人生のすべては、
自分の表現であるべきだ。
事実、人生とはそういうものだ。
いきあたりばったりの表現にしておくか、
自分が選択する表現にするか、
それはあなたが決めればいい。」
(「神との対話2」 p.33)



そうすることは私らしいのか?


それは愛だろうか?


そのことを何度も自問して、
彼女にお金をあげることに決めたのです。




今にして思えば、
この決断が良かったと思います。


自分が得をするかどうかではなく、
愛かどうか、自分らしいかどうかで
決断をしたからです。



しかし、わずかな望みであった復縁は、
やはり叶いませんでした。


その後の家族とのメールのやり取りで、
このことに触れることはありませんでした。


まるで何ごともなかったかのように、
時間だけが過ぎていったのです。




そのころ、甥っ子の進学について
妹は悩んでいたようです。


そのことを知った私は、
父へのメールでこんなことを書いています。



「 目標を達成するために
どんな方法があるのか、
必要であればアドバイスもできます。
それぞれ意見があるでしょうから、
私の考えは
好ましく思われないかもしれませんが、
私は私の人生に誇りと自信を持っています。
押し付けるつもりは全くなく、
アドバイスを求められるのであれば、
喜んでしたいと思っています。

 相田みつお氏の言葉に
「しあわせは、じぶんできめる」
というのがあるそうです。
大学を出ることが人生の成功ではなく、
成功したと思える生き方をすることが、
成功なのだと思います。
 思ってもいなかった
海外(タイ)での仕事と生活は、
私の考え方をさらに大きく、
自由にしてくれたように思います。
未だに結婚してないことも、
自由を満喫できることにも
つながっていますし、
何が良くて何が悪いかも、
一概には言えません。
 物事にはすべからく
プラスの面とマイナスの面があり、
どこに焦点を当てるかが、
その人の責任なのだと思います。

 全てはうまく行ってますし、
これからもそうなるでしょう。
何も心配することはありません。
幸せは結果ではなく、
その人の態度なのですから。 」



2007年5月14日のメールです。


このようなことを他人に対して言うことで、
自分自身の意識付けをしたのだと思います。




長くなりましたので、また次回に続きます。




【編集後記】

妻との馴れ初めを書く予定でしたが、
意に反して(?)、前の彼女のことが
長々と続いてしまいました。


やはりここが私の原点だと思うので、
端折れなかったのです。


ごめんなさいね。


次回から、
やっと妻との出会いになります。


楽しみにお待ちくださいね。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?SJ180811a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「神との対話」シリーズを読む
 http://www.mag2.com/m/0001680059.html

========================================



◆このメルマガでは、特に性に関する問題や
この世の本質に関わる問題を取り上げます。

その際、性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。

もしそういう内容は読みたくない方は、
それを目印にしてください。



◆メール振り分けのお願い

このメルマガが迷惑メールとして、
スパム判定されてしまう可能性があります。

事前にお使いのメールサービスで、
メール振り分けの設定をしてください。

よろしくお願いします。

[参考サイト]
→ http://46mail.net/



◆メルマガ「SJ通信」読者の方への特典

このメルマガをご購読くださっている皆様に、
幸せ実践塾の特典として、
各種PDFファイルを無料で差し上げています。

以下のページから受け取ってくださいね。

http://kekkon-4awase.com/tokuten/

ID:sjmail
パスワード:4awase


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆





_

「幸せ実践塾」通信

RSSを登録する
発行周期 週2~3回発行
最新号 2018/10/19
部数 41部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「幸せ実践塾」通信

RSSを登録する
発行周期 週2~3回発行
最新号 2018/10/19
部数 41部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング