「幸せ実践塾」通信

【SJ通信】幸せってなんだろう?

カテゴリー: 2018年07月30日
こんにちは!
幸せ実践塾・塾長の赤木あつしです。




前回、Aさんからのメールを取り上げ、
その疑問に答えてみました。


しかし、
どうもまだ消化不良な感じがするので、
別の観点でまた書くことにしますね。



Aさんからのメールの主要な部分は、
以下の内容です。



◆-----------読者からの感想-----------◆
ですが、読んでいて、
あまり幸せそうな印象を
受けることができません。
苦痛な日々を「神にゆだねる」という言葉で
自分に説得していらっしゃるように
思えてしまいます。
多分、理由としては

1、本当に幸せじゃないから 
2、本当に不平不満な内容が多いから 
3、私の不平不満を投影しているから

あたりではないかと思います。
◆-----------読者からの感想-----------◆




前回書いたように、
私自身は幸せだと思っています。


それがAさんには、
幸せだと感じられないのですよね。


メルマガを書く上で、
どこにフォーカスしているか
という問題もあるでしょう。


しかしそれ以前に、
そもそも幸せとは何か
という問題があるようにも思うのです。




いろいろな人が定義をしていますが、
それぞれバラバラです。


でも、共通しているのは、
その人が「幸せだ」と感じていること。



それが強がりで言っているのではないことは、
その人が喜んでいるかどうかでわかります。


現状に満足しているかどうかです。



この「現状に満足」というのも
微妙な表現ですね。


変えたくないとか、
変わってほしくないほど、
現状にしがみついているわけではありません。


強いて言うなら、
変わってもいいし、変わらなくてもいい。


変わる方が嬉しいけど、
変わらなくてもかまわない。


そんな感じでしょうか。




たとえば、
作家の三浦綾子さんがおられます。


彼女は、数々の病気に身体を侵され、
苦しい闘病生活を過ごされました。


では、彼女は不幸だったのでしょうか?


幸せではなかったと言えるでしょうか?



私は、そうは思いません。


それは、彼女の作品を読めば明らかです。



人生に対して不平不満を抱いていません。


逃れられない困難な状況があっても、
それから目をそらそうとはしていません。



彼女は、みんなで集まって
「イェーイ!」と気勢を上げたりするような、
陽気で派手なことはしなかったでしょう。


もし、
そういうことを幸せと言うのであれば、
彼女は幸せではないことになります。



彼女は、ただ静かに自分自身と向き合い、
内なる喜びを感じていたと思います。


病気の苦しみでさえ、
「これでいい」と受け入れていたはずです。


私は彼女のことを、
とても幸せに生きた人だと思うのです。




さて、問題の私です。(笑)


私は、
不平不満を心に抱くことが多々あります。


しかし、それを他者のせいにしたり、
自己卑下の理由にして
終わらせることをしません。



不平不満を抱くような現実が起こることを、
最終的には受け入れ、喜んでいます。


なぜならそのことによって、
私自身が抱えている信念に気づくからであり、
それが私を成長させるからです。




赤ちゃんには赤ちゃんの幸せがあります。


立って歩いて走れることが、
幸せではないのです。


何もできないとしても、
すべて上手く行かないとしても、
その人の幸せがあります。



それはその人が、
その状態で幸せだと感じているかどうか
でしか知ることができません。


そのことを知っているのは、
その人だけなのです。




このことを考えてみると、
他人が不幸に見えるからと言っても、
その人が不幸かどうかわからない
ということになります。


たとえば、不平不満を言いながらも、
案外それで幸せかもしれないということです。


その人なりの幸せのレベルがあるのです。



私たちは、
それほど成長していない段階でも、
そのレベルでの幸せを感じることができます。


そして成長していけば、
さらに上のレベルでの幸せを感じられます。



それから、また別の視点もあります。


何か達成感を感じるような、
挑戦し続けてワクワクするような、
そんな幸せがあります。


一方で、ただ現実に浸りながら、
静かに味わう幸せもあります。


孔子が願ったのは、
まさに後者の幸せでしたね。



一概にこれが正解と決めつけるのではなく、
自分の幸せを考えてみれば
それでいいのではないかと思います。


他人がどう思うかは、
他人に任せておくことです。




◆メルマガの感想や質問をお待ちしています

またメルマガの感想をいただきましたので、
シェアさせていただきますね。


・7月28日のメルマガに対して

【Aさん】
取り上げていただきありがとうございます。
他のせいにせず、自分を卑下せず、
自分で責任を負い、自分を信じる
というお言葉は理解できました。
ご無理のない時に
続きを発行してくださるのを
楽しみにしております。



Aさん、感想をありがとうございます。

お陰様で、私も忘れていたことを
いろいろと気付かせていただきました。

今後もどうぞ、よろしくお願いします。




【編集後記】

予定を繰り上げて、今夜のバスで
バンコクに戻ることになりました。


そのことはブログに書いたので、
こちらもご覧くださいね。


「店を閉めることにしました」
http://4awasejsn.seesaa.net/article/460806339.html


まあいろいろありますが、
起こる現実を受け入れつつ、
安心して過ごしたいと思います。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?SJ180730a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「神との対話」シリーズを読む
 http://www.mag2.com/m/0001680059.html

========================================



◆このメルマガでは、特に性に関する問題や
この世の本質に関わる問題を取り上げます。

その際、性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。

もしそういう内容は読みたくない方は、
それを目印にしてください。



◆メール振り分けのお願い

このメルマガが迷惑メールとして、
スパム判定されてしまう可能性があります。

事前にお使いのメールサービスで、
メール振り分けの設定をしてください。

よろしくお願いします。

[参考サイト]
→ http://46mail.net/



◆メルマガ「SJ通信」読者の方への特典

このメルマガをご購読くださっている皆様に、
幸せ実践塾の特典として、
各種PDFファイルを無料で差し上げています。

以下のページから受け取ってくださいね。

http://kekkon-4awase.com/tokuten/

ID:sjmail
パスワード:4awase


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆





_

「幸せ実践塾」通信

発行周期: 週2~3回発行 最新号:  2018/12/07 部数:  42部

ついでに読みたい

「幸せ実践塾」通信

発行周期:  週2~3回発行 最新号:  2018/12/07 部数:  42部

他のメルマガを読む