「幸せ実践塾」通信

【SJ通信】キレてしまいました

カテゴリー: 2018年03月19日
こんにちは!
幸せ実践塾・塾長の赤木あつしです。




昨日、また出張串揚げ屋をやりました。


いわゆるテキ屋(的屋)ですね。


お祭りのあるところへ移動して、
そこで屋台を開いてものを売ります。



昨日は、ついに県境を越えて
お隣のノンカーイ県まで行きました。



距離にして約20kmですから、
30分もかからない距離。


道さえ良ければ。


しかし、未舗装の道もあれば、
舗装されていても穴がボコボコ空き、
未補修の道路もあります。


それでも行きは、
30分で行けたでしょうか。



テキ屋のことはブログに書いたので、
記事をご覧くださいね。


「新米テキ屋、県境を越える」
http://4awasejsn.seesaa.net/article/458091002.html



知らないところへでも行ってみようとする
妻の行動力には脱帽です。




しかし、帰る時にキレてしまいました。



意見の食い違いはしょっちゅうで、
妻のものの言い方に対しては
これまでも好ましく思っていませんでした。


ともかく一方的できついのです。


バカだアホだとけなします。



私に余裕があれば、
受け流すこともできます。


でも、車を運転している時は、
我慢できなくなるのです。




もう24時近くなって、
帰路に着きました。


しかし、知らない道だし、
でこぼこは多いし、
第一、ライトが遠くに届かないのです。



「これ、本当にハイビームなの?」


そう疑いたくなるほど、
弱い灯りが50mほど先までしか照らしません。


ロービームに切り替えると、
その半分くらいまでなので、
間違いなくハイビームなのでしょう。


でも、これじゃ時速40kmがせいぜいです。


しかも、舗装されていて、
穴ボコなどないとわかっている道でさえ。




最初妻は、
「ゆっくりで大丈夫だから」
と優しいことを言ってくれました。


暗いだけでなく、
ガラスは曇るし土ぼこりは着くわで
視界がとても悪い状況です。


神経をすり減らすように、
顔をフロントガラスに近づけて
運転をしました。




しかし、
段々と妻の言い方にトゲが出てきます。


「なんで遅いのよ!
もっと速く走りなさいよ!」


「ほら、穴が空いているんだから
気をつけなさいよ!
本当に運転が下手なんだから。」



そして、道が左にカーブするところで
妻が言いました。


「そこをまっすぐ!」


真っ直ぐというのは道なりなのか、
それとも右折して行くことなのか?


一瞬戸惑いました。


それで、
ほとんど停止して確認したのです。


「ここを真っ直ぐ行くんだね?」


それは、道をそれて、
右折するという意味です。



妻は、怒ったように言いました。


「まっすぐって言ったらまっすぐでしょ!
私はこの道は知ってるんだから、
間違うわけないじゃないの!
何言ってんのよ!
言われたとおりにまっすぐ行けばいいの!」




これで、
私もカチンと来ました。


その後しばらく、
妻がギャーギャーと言い続けるので、
それでキレてしまい、
日本語で言い返しました。


「うるさいよ!
こっちはよく見えない中で
一生懸命に運転しているんだからさあ、
いちいち文句を言うなよ。」



それでも何か言い返してくるので、
私もキレてしまいました。


「そんなに言うんだったら、
自分で運転しろよ!
今度からもう運転しないから、
あなたが自分で運転してください。
どうぞお好きなように。」



どの程度、
日本語が伝わったかはわかりませんが、
雰囲気はわかったのでしょう。


その後はふてくされたように、
黙り込んでしまいました。


帰路は40分以上かかったように思います。




まあ、こういうことはけっこうあります。


大概は、妻が一方的に怒るだけで、
私は無視をして言い返しません。


言い返しても無駄だと思っているので。



そして、しばらく時間が経てば、
妻の機嫌も直るのです。


今回も、今はもう普段どおりです。




さて、今回のことで思ったのは、
私は運転しているとキレやすい
ということです。(笑)


妻と一緒に日本へ旅行した時、
ドライブしながら2回くらいキレています。


慣れない道で、
いろいろ状況を考えながら運転している時に、
妻が話しかけてくるのです。



タイ語ですから、
すぐには意味が理解できません。


頭の中で翻訳する作業が必要なのです。


それで、「えっ?何?」とか、
「はあ!?」とか聞き返すと、
「もういい」と言ってふてくされます。


また、
私の運転が下手だとかケチをつけるので、
「だったらもう車に乗せない!」
とキレたこともありました。




テンパっている時に、
さらに何かを要求されると
無性に腹が立つようです。


きっと、これが私の課題なのでしょう。



その課題をクリアするためには、
しつこく文句を言ってくる妻が、
きっと最適なのだろうと思います。


それにしても、ハードルが高いなぁ。


日本語でなら説明できることも、
タイ語ではほとんど説明できないくらい
タイ語ができませんからね。


これを私の課題として認識し、
クリアしたいと思います。




◆メルマガの感想や質問をお待ちしています

またメルマガの感想をいただきましたので、
シェアさせていただきますね。


・3月16日のメルマガに対して

【Mさん】

楽しそうにイサーン生活されていますね。
心配しなくても、わりと生きていけるのに
私も驚きながら生活しています。



Mさん、感想をありがとうございます。
ペンネームを付けられたのですね。

田舎で暮らすことそのものは、
子どもの頃がそうだったので慣れていますが、
妻と四六時中一緒にいるのは
旅行中を除いてこれが初めてです。

こっちの方がきついですね。(笑)

きっとこれが、旅行中に必ず1回は
「もう二度と日本に連れてくるものか!」
と感じた理由なのでしょう。

そして、妻の実家に来た時も、毎回、
「もう二度と来るものか!」と感じたのも、
同じ理由からだろうと思います。

妻とずっと一緒にいることが
ストレスになるのです。(笑)

この課題をクリアすることに、
集中して取り組める環境を
与えてもらったのだと思っています。




【編集後記】

ここのところ3回ほど、
テキ屋としてお祭りへ行きました。


お祭りというのは特別ですから、
これまで買って飲まなかったビールを
自分自身に許しています。


今週末にはバンコクへ行き、
その後はインドネシアへ行くので、
その間も特別ですね。


帰ってくると、
すぐにソンクラーンになります。


ソンクラーンはタイの正月ですから、
これもまた特別です。


う~ん、
何だか特別な日ばかりだなぁ。(笑)




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?SJ180319a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。


========================================

 こちらのメルマガもあわせてどうぞ!

 ●「神との対話」シリーズを読む
 http://www.mag2.com/m/0001680059.html

========================================



◆このメルマガでは、特に性に関する問題や
この世の本質に関わる問題を取り上げます。

その際、性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。

もしそういう内容は読みたくない方は、
それを目印にしてください。



◆メール振り分けのお願い

このメルマガが迷惑メールとして、
スパム判定されてしまう可能性があります。

事前にお使いのメールサービスで、
メール振り分けの設定をしてください。

よろしくお願いします。

[参考サイト]
→ http://46mail.net/



◆メルマガ「SJ通信」読者の方への特典

このメルマガをご購読くださっている皆様に、
幸せ実践塾の特典として、メルマガの過去ログや、
各種PDFファイルを無料で差し上げています。

以下のページから受け取ってくださいね。

http://kekkon-4awase.com/tokuten/

ID:sjmail
パスワード:4awase


◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「幸せ実践塾」通信

発行周期: 週2~3回発行 最新号:  2018/12/07 部数:  42部

ついでに読みたい

「幸せ実践塾」通信

発行周期:  週2~3回発行 最新号:  2018/12/07 部数:  42部

他のメルマガを読む