「幸せ実践塾」通信

【SJ通信】グループ意識というもの


カテゴリー: 2017年08月01日
こんにちは!
幸せ実践塾・塾長の赤木あつしです。


今回のテーマは、
「グループ意識というもの」
となります。


今回は「神との対話2」第4章の解説の
2回目になります。




前回は、出来事や経験は、
あるべき自分を創って体験するための
機会だという話でした。


最後に、他のプレーヤーと共同で
1つの出来事を創造する
という話がありました。


今回はその続きになります。



「全地球的な経験や展開は、
集団的な意識の結果だ。
グループ全体の選択や欲望の結果として、
引き寄せられてくる。」
(p.82)



たとえば、中東で起きている戦争は、
こういうものになるでしょう。


あるいは、地震や津波など、
多大な被害を及ぼすものも
こういうものだと言えるでしょう。


たった1人の意識で
起きる出来事ではないのです。




「集合(グループ)意識というのは、
あまり理解されていないが、
きわめて強力なもので、注意しないと
個人の意識をはるかにしのいでしまう。
だから、地球上の大きな人生経験が
調和のとれたものであってほしいなら、
どこにいても、何をしても、
自分自身の集団意識を創り出そうと
努力しなければならない。」
(p.83)



グループの意識として何かを創造する
ということがあると言います。


そしてそれは、
個人の意識よりも大きな結果を生むのです。




「あなたの意識を反映しない
集団意識をもったグループにいて、
集団意識をうまく変更できないとしたら、
そこから離れたほうがいい。」
(p.83)



何かのグループに所属している時、
その全体の意識が自分のそれと違うなら、
まずはそれを変えようとすること。


もしそれができないなら、
自分からグループを離れること。


そうしないと、
自分がそのグループの意識に引っ張られ、
自分らしく生きられないからです。



「自分の意識とあった集団意識をもつ
グループが見つからないなら、
自分で創りなさい。そうすれば、
似たような意識をもった人びとが
引き寄せられてくるだろう。」
(p.83)


自分でグループを創るという
選択肢もあるのですね。



こういうことは、
スピリチュアル的でなくても
処世術として言われていることです。


誰と付き合うのか、
どのグループに所属するのかが
自分の成長のために重要なのだと。




こうして身近なグループから始めて、
徐々に大きなグループにしていく。


あるいは影響を与えていく。


そうすればそれがいつか、
全地球的な意識になるのです。


地球規模の戦争や災害の被害をなくすには、
そういう方法が必要だということです。




「たいていのひとは、
類似点ではなく相違点が重視され、
意見やものごとの不一致が、
紛争や戦争で解決される世界で満足している。
たいていのひとは、適者生存で、
「力は正義なり」で、競争が不可欠で、
勝利が最高の善とされている世界で
満足している。」
(p.83)



私たちがそういう価値観で満足していると、
世界はいつまでも変わりません。


こういう世界では、敗者を生み出します。


しかし多くの人は、
自分さえ敗者にならなければそれで良い
と思っているのです。



「そういう世界では、
「間違っている」と判定されたひとは
殺害される。」
(p.84)



殺されないとしても、
飢えたホームレスになったり、
抑圧されて搾取されたりします。


私たちは今、
こういう世界に満足しているのだと
神は指摘しています。




「たいていのひとは、
自分とちがうことがあると
「間違っている」と決めつける。
宗教的な相違はとくに認めないが、
ほかにも社会的、経済的、
文化的な相違を許さない。」
(p.84)



日本では、
宗教的な違いはあまり気にしません。


しかし、社会的、経済的、文化的な違いには
寛容でない傾向があるように思います。


電車内での携帯電話の使用など、
どうでも良いことでブチ切れる人がいます。


みんなが横並びで
均一でないと気が済まないのです。



そういう意識が、
今現在の世界を創り上げているのだと
神は指摘しているのです。


あの政治家たちが悪いんだ、
マスコミが悪いんだなど
他人に責任を押し付けるばかりで、
自分の考え方を振り返ろうとしません。


他人との違いを見つけ、
「間違っている」と決めつける考えこそが、
こういう社会の原因なのです。




「たいていのひとは、自分が地球を--
命を与えられた星を--
破壊していることに気づかない。
自分の暮らしを
良くすることばかり考えているからだ。
驚くほど近視眼的だから、
短期的な利益は
長期的には喪失につながるかもしれない、
それどころか、
そういうことのほうが多いのに気づかない。」
(p.84)


短期的な自分の損得で考えるため、
本当の善に気づかないのだと指摘します。



こういう戒めは、昔からありました。


たとえば、佐藤一斎氏の言志四録です。


「当今の毀誉は懼(おそ)るるに足らず。
後世の毀誉は懼る可し。
一身の得喪は慮(おもんばか)るに足らず。
子孫の得喪は慮る可し。」


「長い目で見る」という言葉がありますが、
長期的な展望が重要なのです。




「他のひとの苦しみの経験を
自分のものとして学ぶ能力がないこと、
それが、いつまでも苦しみが続く原因だ。
分裂は相違や誤った優越感をつくり出す。
一体感は共感と真の平等を生む。」
(p.85)



神は、私たちの地球規模の集団意識は
「原始的」なレベルだと言います。


何度も何度も同じことを繰り返しながら、
いまだに自分の意識を改めないからです。



戦争をしている側もそうなら、
それを批判する側も同じです。


武器商人が悪いのだと決めつけ、
それに対して戦いを挑む。


平和を希求しながら、
相手を悪と決めつけて叩こうとする。


それでは、考え方が同じなのです。




地球規模の集団意識を
すぐに変えることは難しいでしょう。


しかし、自分の個人意識を変えることは、
ずっと容易なはずです。


まずはそこから始め、
自分の意識が引きずられないよう
所属するグループの意識を考えてみる。


そういう順番で、
一歩一歩進んで行くしかないのだと思います。




◆メルマガの感想や質問をお待ちしています

またメルマガの感想をいただきましたので、
シェアさせていただきますね。


・7月31日のメルマガに対して

【Nさん】
ご無沙汰しております。
福岡のNです。

神との対話で、
この部分は私の中で「ズドンッ!」と
音がするくらい、
腑に落ちたところです^^

これからも、
神との対話シリーズを
楽しみに拝見させていただきます!

感謝!



Nさん、感想をありがとうございます。
お元気そうで何よりです。

言葉が腑に落ちると、
いつまでも記憶に残りますね。

これからもどうぞ、よろしくお願いします。




【編集後記】

8月になりましたね。


昨夜は22時半にベッドに入ったのですが、
いつまでも寝付けずに
24時には起き出してしまいました。


読書をして1時半にまた寝ようとしましたが、
それでも寝付けません。


2時半にまた起き出して、
4時半まで読書をしました。


ストレスなのか?


自問自答しましたが、そんな気もしません。


きっと暑かったからでしょう。


お陰で読書が進みました。




●今日のメルマガは、いかがでしたか?
 面白かった、役立ったという方は、
 以下のURLをクリックしてくださいね。

⇒ http://clap.mag2.com/chisouclen?SJ170801a


またこちらには、
短い感想を書くこともできます。


励みになりますので、
よろしければコメントをください。


長くなる場合は、このメールに返信か、
メルマガの最後にあるアドレスまで
メールでお願いします。


また、よろしければこのメルマガを、
お友達にご紹介くださいね。


どうぞ、よろしくお願いします。

  赤木


◆このメルマガでは、特に性に関する問題や
この世の本質に関わる問題を取り上げます。

その際、性に関するテーマの時は、
タイトルに「(18禁)」とつけます。

もしそういう内容は読みたくない方は、
それを目印にしてください。


●メール振り分けのお願い

このメルマガが迷惑メールとして、
スパム判定されてしまう可能性があります。

事前にお使いのメールサービスで、
メール振り分けの設定をしてください。

よろしくお願いします。

[参考サイト]
→ http://46mail.net/




◆◇◇-------------------------------------------

幸せ実践塾・塾長

赤木篤 (あかき・あつし)

-------------------------------------------------

◇ブログ:
「傷ついた心を癒して幸せになる!
    ~「幸せの公式」メソッドで幸せ体質に変革する方法」
http://4awasejsn.seesaa.net/

◇メールアドレス
a.akaki●kekkon-4awase.com
(上記●を@半角に置き換えてください。)

-------------------------------------------◇◇◆

「幸せ実践塾」通信

RSSを登録する
発行周期 週2~3回発行
最新号 2018/10/19
部数 41部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「幸せ実践塾」通信

RSSを登録する
発行周期 週2~3回発行
最新号 2018/10/19
部数 41部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング