クラシック音楽家のためのマーケティング講座

一貫性のある戦略は美しい

♪――――――――――――――――――
クラシック音楽家のためのマーケティング講座
―――――――――――――――――――♪

こんばんは(^^)
大阪音楽大学の音楽教室で
2,000万円の売上を出した
クラシック音楽専門マーケターのぶです♪

プロフィールはこちら
https://classic-market.jp/profile/

今日もクラシック音楽家が成功するために
役立つ情報をお届けします。


■今回のテーマ
《一貫性のある戦略は美しい》

マーケティングには
3つの原理原則があります。

・ターゲット
・具体性
・一貫性

全てが考え抜かれ、
お客様のニーズにハマれば
商品やサービスの売上は驚くほど伸びます。


前回の参考事例です。
サントリーのクラフトボスは
缶コーヒーのボスと何が違うのでしょうか?

《サントリーのクラフトボス》
https://www.suntory.co.jp/softdrink/craftboss/


缶コーヒーのボス
・ターゲット:作業現場で働く人
・商品の特徴:少ない量ですぐに飲みきれる、
体力仕事なので、糖分補給のために甘さが強め
すぐに飲んでタバコの灰皿としても利用


クラフトボス(ペットボトル)
・ターゲット:IT業界で働く人
・商品の特徴:ゆっくりと飲めるように大容量
持ち運びがしやすいようにペットボトル
デスクワークの眠気ざましに味はブラック


言葉にしてみると簡単です。
しかし、一貫性を出すのは
やってみるとなかなか難しいものです。
※一貫性のない的外れな戦略をとることは僕もたまにあります。

まず、サントリーはなぜ
ターゲットを変えたのでしょうか?
背景には働く人の人口問題があります。

2017年度の総務省の労働力調査では、
作業現場で働く人口は5年前から横ばいの276万人。

しかし、
情報通信業では5年前より13%も増え、
213万人になりました。

276万人には届かないまでも
5年で13%の上昇率はすさまじい伸びです。


2020年にはデスクワークをする人口は
3,000万人以上になる統計が出ています。

つまり狙いはデスクワークをする人。
さらに、絞って、
IT業界で働く人が明確なターゲットです。

IT業界では、プログラマーの方々が
自分専用のデスクを持たず
好きな場所で仕事をしても良いという環境があります。

つまり1日何回かは場所を移動して
仕事をするということですね。

これらを組み合わせると
「倒れても問題がない」
「自由に持ち運べる」
という理由から"ペットボトル"にしたんですね。


どうでしょうか?
ターゲットに関して具体的で
一貫性のある戦略ですよね。

根拠や対策がとてもスムーズに流れて美しいです。

さらに続きがありますので、
次回のメルマガでお伝えしますね。
応援していますので、頑張ってくださいね!


■■読者様プレゼント

■コンサート情報掲載(無料)

個人で運営するコンサート情報サイトに
コンサート情報を掲載できます。
(月間1000名以上が閲覧しています)

ご希望の方は下記のページより
お申込みください。
↓↓↓
https://classic-market.jp/guide/musician/post-a-concert/


――――――――――――――――
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました♪
――――――――――――――――

発行人:
クラシック音楽専門マーケターのぶ♪
https://classic-market.jp/profile/

前職では大阪音楽大学付属の音楽教室にて
Webとマーケティングの責任者を担当。
わずか1年半で2,000万円の売上を出した。

その経験も活かしフリーランスの音楽家に
役立つ情報をお届けしている。


メルマガ発行責任者:
岡本 惟禎

ついでに読みたい

クラシック音楽家のためのマーケティング講座

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2018/10/06 部数:  47部

他のメルマガを読む