相手に伝わる!相手を動かす!プレゼンの極意

相手に伝わる!相手を動かす!プレゼンの極意 vol.1

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

相手に伝わる!相手を動かす!プレゼンの極意 Vol.001
提供:一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

こんにちは。
日本プレゼンテーション教育協会(JPEA)代表の西原です。

読めばプレゼンが上手くなるヒント満載のメルマガ創刊号は、
「伝える」ってなに?、というお話です。

ーー今回のテーマーーーーーーーーーーーーーーーーー
「伝えたい」なら「伝わるよう」話そう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こちらは一生懸命色々話しているのに、なぜか相手に伝わらないんですよ」

こんなプレゼンのお悩みをよく聞きます。どんなふうに話しているかと伺いますと、
大抵は「一方的」であることが多いのです。

つまり、聞き手の理解度や反応を見ずに、とにかく営業トークや専門用語だらけの
説明をしてしまっていることが、聞き手に全く「伝わらない」原因のひとつです。

何かを伝えたいなら、まず聞き手にどうすれば伝わるかを考えなければなりません。
聞き手の知識レベルはもちろん、「心に刺さるポイント」は価格か、機能か、納期か……

聞き手にあわせて訴求ポイントを考えましょう。

ーープレゼンQ&Aーーーーーーーーーーーーーーーー
Q01「そもそもプレゼンって何をすること?」
↓
A01「聞き手にして欲しいことをしてもらうこと」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■プレゼンは「説明」や「発表」とは違う

「説明」とは「内容を理解してもらうこと」、「発表」とは「内容を知ってもらうこと」です。
説明や発表では、聞き手に何かを買ってもらうなどの具体的な行動を求めることはありません。

しかし、プレゼンの目的は聞き手に具体的な行動を求めること、
つまり「聞き手にして欲しいことをしてもらうこと」です。

■ビジネスプレゼンは結果が全て!

「して欲しいこと」とは、例えば新製品のプレゼンの場合は「購入してもらうこと」、
面接の場合は「採用してもらうこと」、企画提案の場合は「承認してもらうこと」です。
つまり、プレゼンで製品の性能や使い方の説明だけではなく、どうすれば購入してもらえるか、
これらをまず考えることが大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■プレゼンの基本から学べます!
『ぐるっと!プレゼン』(西原猛著、すばる舎刊)
http://jpea.jp/archives/2177

■基本からテクニックまで、毎月プレゼン講座開催中!
http://jpea.jp/calendar
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆発行:一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会
◆公式サイト:http://jpea.jp
◆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001677814.html
◆お問い合わせ:http://jpea.jp/contact_us

相手に伝わる!相手を動かす!プレゼンの極意

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/10/10 部数:  35部

ついでに読みたい

相手に伝わる!相手を動かす!プレゼンの極意

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/10/10 部数:  35部

他のメルマガを読む