「しみこませる」英語力 by ロービューティジャパン石塚とも

はじめての実践練習(ドリルその8配信しました!) & there is (ねこふんじゃった英語)  vol.018

カテゴリー: 2017年02月06日
☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――
~「しみこませる」英語力  by ロービーティジャパン 石塚とも~
はじめての実践練習(ドリルその8配信しました!) & there is (ねこふんじゃった英語)
――――――――――――――――――――――――――――――vol.018☆★☆

こんにちは、ロービューティジャパン代表の石塚ともでございます。

ロービューティジャパンの英語教室で
5年間生徒さんにお教えした中で
「こうすれば上達が早く、しかも忘れない」
というポイントをお伝えし、
実際に体験していただくメルマガです。

ですから、たくさん練習問題をリリースしますので、
ぜひやってみてください!

初めての方は、サンプル号(vol.000)から
順を追って読み進めることをお勧めします。
サンプル号&アーカイブ
http://archives.mag2.com/0001675727/00000000000000000.html

練習問題のリストはこちらから「ロービューティジャパン 英語」と
検索してください。
最新はドリルその8 
http://www.dlmarket.jp/products/list2.php

最新ドリル8
はじめての実践練習 と There is
2/6付けで配信しました!
いよいよ実践練習(=英語ネイティブが書いた読み物を分解していく)に入ります!


あ、それから、【掲示板】に投稿してくださった方、
ありがとうございます&お疲れさまでした!
早急に添削しますので、いましばらくお待ちください!


上にも書いたように、最新ドリル8をリリースしました。
前から「解説します」と言っている「第四文型」「第五文型」は
今回も先延ばしで^^;
しかも、今回から、実践練習に入ってしまいます!

「実践練習」というのは、
ネイテイィブが書いた会話や読みものを分解してみることです。

世の中にはいろ〜〜〜〜〜〜んな英語学習法がありますけど、
2017年2月6日現在、
私は、日本人にとってこれほど強力で効果的な学習法はないと思っています。
しかも、楽しいんです!

なぜなら、「語学のための英語」ではなくて
「内容そのものを味わうための英語」で学習できるからです。

記念すべき(?)第一回には、
Penguin Readers の
Mother Teresa
を選びました。
http://amzn.to/2kvmkl3

このPenguin readers というのは
ロングマンの辞書も出している英語学習書の専門出版社
Pearson が出版している
英語学習社のための読みもののシリーズで、
レベルも7段階に分かれて、
自分のレベルの読み物が楽しめるようになっています。
タイトルも、話題の人の伝記や映画のノベライズなど
楽しめるものが次々と刊行されて、興味深いのです。

今回選んだ Mother Teresa は、レベル1、
見出し語300語、英検4級程度、だそうです。

そして……
予想できることかもしれませんが、
この、レベル1、英検4級程度、が、結構
歯ごたえあります^^

練習ドリル8では、
Mother Teresa から4文選びました。
読んでみましょう。

1 
 There are a lot of good people in the world, but not many of them are world-famous.

2 
 There were two children in the family before her : a boy and girl.

3
 There were some poor people near their home.

4
  At the church, there were stories about Christian missionaries in India and poor African countreis.

……いかがでしょうか?
読み物として面白い…つまり、続きが気になりませんか?
この「続きが気になる」は
語学を勉強するときの大きな推進力になりますので
ぜひ利用していきたいところです。

さて、練習問題の1
 There are a lot of good people in the world, but not many of them are world-famous.
は、この本の書き出しです。

私は、このメルマガの読者の皆様がとっつきやすくできる
練習問題の本を探しているときにこの本に狙いをつけ、
で、書き出しを見て、
「あ、やばい!」って思ったんです。
何がやばいかというと、
「there is 〜 の構文をまだ説明してない」
って思ったんですね。

で、there is ~ の文って
中学1年、英検4級でも出てくるわりに、
文法的には難しいんです。

なぜならthere is 〜 というのは、
平叙文(疑問でも命令でもない、ふつうの文)なのに
SとVの位置が逆転している、「倒置(とうち)」の文だからです。
「倒置」…ってなんだっけ、って言葉ですよね、
上に書いた通りなんですけど(笑)

このように、使ってしまえば難しくないけど
文法的に解説すると難しい英語を、
RBJでは、「ねこふんじゃった英語」と呼んでいます。
ピアノ曲の「ねこふんじゃった」も
見よう見まねだとできちゃうんですよね、
楽譜にすると嬰ヘ長調(♯6つ)と難しいけど。

しかも、there is 〜の「ねこふんじゃった」度は
ここにとどまらなかったんす。
通常は、第一文型の倒置として分解するこの文、
「第二文型だ」という説もあったんですね。

……と、ここまで書いて
「第一 ? 第二? 倒置? なんだっけ?」
という方も少なからずいらっしゃると思いますので、
説明を読んでからドリルをやってみてください。

このメルマガを書いたり、実際に英語を教えながらしみじみ思うのですが、
「わかることは、つぶすこと」です。
「つぶせない」ということは、
どっかでわかってない、ということなんです。

最初のうちに、なるべく穴がないようにつぶしていけば、
文が複雑になっても難しくなくなります。
また、しつこくつぶすことを反復するうちに、
英語が「しみこんで」くるのです。

今回は以上です。

練習ドリルをやるごとに、
お手元にある英語の教本なりTOEIC の問題集なり
英語のペーパーバックなり、
開いてちょっと目を通してみてください。
たぶん、もう変化が出てると思います。
英語の一語一語が持つ情報が、
入って来て、消化される能力が
違って来てるんじゃないかと思います。

今後共どうぞよろしくお願いいたします。

「練習ドリルやりました」という報告、および、感想、
間違いの指摘などを送れる連絡フォームを作りました。
今後の練習問題は、みなさんが負担にならず
でも「次が来た〜」と燃えられる間隔で
出して行きたいので^^
終わったらこちらのフォームで報告してください。
達成の数で感覚を決めたり、ドリル作成に反映させていきますので
どんどん報告お願いします!
https://goo.gl/YdCtbR
このメルマガに返信するか、
または下記のフォームから
「簡単だった」「難しかった」
「ここがわからない」「これは間違っているのでは?」
などの感想が送れますので、
ぜひやってみてください。
https://goo.gl/YdCtbR

送ってくださった方のフィードバックを反映させて、
次回以降のドリルも作っていきます。

  ~「しみこませる」英語力 by ロービューティジャパン石塚とも~ 

発行 149部

発行人・石塚とものプロフィール
http://www.rawbeautyjapan.com/about_us/

本文は著作権により保護されていますが、有料の媒体への転載をのぞき、
許可なく転送、転載可能です。
その場合は、メルマガの紹介をお願いいたします。
また、「よかった!」思った方は、どうぞシェアしてください

「しみこませる」英語力 by ロービューティジャパン石塚とも

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/08/23 部数:  207部

ついでに読みたい

「しみこませる」英語力 by ロービューティジャパン石塚とも

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/08/23 部数:  207部

他のメルマガを読む