猫カフェ&ブリーダーのつぶやき

不動産屋はだれの味方?

カテゴリー: 2017年07月20日
あと1か月弱でお店の開店記念日になります。
あっというまの9年です。
お店の家賃の更新も3回。
そこで今日はうちの不動産屋のぼやきを言いたいと思います。

毎回の更新のたびに自動的に火災保険に入らされていたのですが
うちのお店は火を使いません。
よく考えたらおかしいと思いました。
不動産屋はいつでも決まり事だからと習慣的に話してきます。
しかし、その意味をちゃんと考えていないというか
思考停止というか、ほんとうに誰のことを考えているのかと言いたい。

そして、家賃も相場より高く値引き交渉をして、3年前から少し安くしてもらいましたが
また元に戻すと言ってきました。
そもそもが高いし、9年も借りているのだからそれ相応の割引が
あってしかるべきだと思います。
うちがめちゃくちゃ儲かっていればそんなことも言いたくないですが
ぎりぎりの経営なので少しでも切り詰めたいところを理解してないというか
まったくおかしな話だと思うのです。

更に、更新時の家賃ひと月分に加えて、保証金償却という意味不明の
支払いを請求してきます。
保証金償却という家賃の半分くらいの金額の意味も
そういうものだからというだけで、その意味すら説明できません。
今回の更新はいろいろと納得がいかず、承諾せず持ち帰らせました。

大家にも不満はあります。上の賃貸物件が3物件も1年半あいたままです。
少し中身をリフォームして人が借りられやすいようにするという
考えがないのか、頭が悪いのかお金が有り余っているのか、
理解に苦しむのです。
不動産屋も提案しているといいますが、甘いような気がします。
大家もうちのお店から取ることばかり考えないで知恵を出して
欲しいと思います。

時代遅れの不動産屋と大家です。
おばにゃんは負けません!
最善の改良を求めていきたいと思います。

それでは、また来週!ちゃお♪

猫カフェ&ブリーダーのつぶやき

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/07/02 部数:  24部

ついでに読みたい

猫カフェ&ブリーダーのつぶやき

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/07/02 部数:  24部

他のメルマガを読む