猫カフェ&ブリーダーのつぶやき

ブレイキング

カテゴリー: 2017年07月13日
最近Facebookでシェアのあった記事を見てショックを受けました。
そこにはサーカスの象におこった目を疑うような実話がありました。
サーカス用に交配されて生まれた子象は早くに母親から離されて、
半年に渡って両足をしばられ朝から晩まで拘束を受け続け
自らの行動力を削られ、人間に従順にさせるという支配方法でした。
それをブレイキングと言うのだそうです。
そしてその子象は3年間そのような状況で苦痛を伴う方法で曲芸を調教され、
最後は肛門から血を流して亡くなったという内容でした。
最近欧米では動物を使ったサーカスを止めようという運動が起こり、
実際に廃業をせまられたサーカス団も出ているようです。
しかし、業態を見直して動物の曲芸を使わないサーカスを
実演しているところもでてきたようです。
シルクドソレイルなんかがそうですね。
これだけの情報社会になってくると、今までは拡散しなかったようなことが公になり、
どんどんあるべき姿に淘汰されていくように思います。
こんな不幸がサーカスの裏側にあったなど子供のころには
知る由もありませんでした。
でも、これからはブレイキングなどという言葉が使われないような世界になると思います。
また、人間の身勝手な支配も改善されていくことでしょう。
おばにゃんはそういう世界を早く実現できるようにがんばりたいと思います。

それでは、また来週!ちゃお♪


猫カフェ&ブリーダーのつぶやき

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/07/02 部数:  24部

ついでに読みたい

猫カフェ&ブリーダーのつぶやき

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/07/02 部数:  24部

他のメルマガを読む