あなたの手取りを増やすFP

10年後どうなっていたいですか?

カテゴリー: 2018年06月07日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成30年6月7日「あなたの手取りを増やすFP」 第18号
                             松山 和正
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆このメルマガの転送、引用はどんどんしてください。
 より多くの方に喜ばれます!(^^)!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本日のテーマは

【10年後どうなっていたいですか?】

というテーマでお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10年後はどうなっていたいですか?

私はこの質問をよくします。

そうすることで、進みたい方向がおぼろげながら見えてきます。
やるべきこと、そうでないこともわかってきます。

10年後は〇才になる。
仕事はどうなっているだろうか?
外部環境の変化でどんな影響があるだろうか?
自分の健康状態、体力はどうだろうか?
親や子供は何歳になっているだろうか?
経済的に準備しておくことは何だろうか?
どうやって自由な時間を作っているだろうか?

■普段あまり考えないと思うので、この質問をされると小一時間は真剣になって話をしてくれます。

その時間はまさに緊急ではないけれども重要な時間。

ファイナンシャルプランナーとして、資産形成とリスクマネジメントを絡めながら話を聞いていきます。

100歳までのライフプラン設計をすることで、
何をするべきなのか?
何がしたいのか?
何ができるのか?

が明確にわかるようになります。

ライフプラン設計、おすすめです。


■さて、読者の方にも老後が不安だという方、いらっしゃいますよね。

・年金がいくらもらえるのか?
・そもそも年金もらえるの?
・いくら貯めておいたらいいの?
・介護や病気になったらいくらかかるの?
・親の面倒はどうする?


上記のようなお悩み相談を受けることが多くなってきました。

特に、40代後半以降の女性から。


■そんな時に、お話するのが、ライフプランシミュレーションです。

・何歳まで働くか?
・年金はどのくらいもらえそうか?
・老後の生活費はいくら必要か?
・貯蓄はいくらあるのか?
・万が一の備えはどれくらいあるか?

そんなことをヒアリングして、
100歳までのお金の収支をシミュレーションするんですね。


■しかも、年に1回は旅行に行きたいとか、趣味の○○にいくら使いたいとか、
あなたの夢や願望を入れて、計画を立てます。

そうすると、
いままで漠然とした不安がアリアリと明確にわかるようになるんです。

数字やグラフで目に見える形にするので、
当たり前といえば当たり前ですが。

やはり、一般の方にはやったことがない方が多いので、
自分の人生のお金の事を考えるキッカケにしていただいています。


■そんなサービスをこちらで開始しました。

ココナラ[coconala] http://coconala.com/services/508952


名前も、連絡先も知られず、シミュレーション作成できます。

動画で解説もしています。

https://youtu.be/bI21CfLCbtw


ご興味ある方、ぜひ(^^)/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想、ご質問はこちらまで
anatanotedoriwofuyasufp@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
<あとがき>
事務処理が多くなってきて、大変です。
なにか考えないと・・


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
著者紹介
あなたの手取りを増やすFP
https://www.facebook.com/anatanoFP/
松山 和正

高校卒業後、国際的に活躍するビジネスマンになりたいとアメリカへ渡米。
海外貿易関連会社で10年間勤務。


結婚し、息子が生まれる月にまさかのクビ宣告。
「大切な人を守る仕事がしたい。」そう思い、フルコミッションの生命保険業界へ転職。


最初の3年間は全く売上が上がらず、貯金が500円まで落ち込む。
しかも、妻から離婚の話が・・・。


そんな時、「お客様はなぜ私を選んでくれたのか?」
「私が期待されていることは?」
「どんなことで貢献できるか?」


と必死で考え行動することで、転機が訪れる。


2015年度、損害保険全国TOP2%の売上増収率。

今では、妻との仲も改善し、妻の欲しかった庭でBBQのできる郊外の一戸建て住宅を購入。
妻と息子の三人でいなか暮らしをしている。



■ホームページ
http://kazumatsuyama.sakura.ne.jp/sample/

■facebook
https://www.facebook.com/kazumasa.matsuyama

■Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCm5MaGHQ47tvK_6cyQzGD4Q

ついでに読みたい

あなたの手取りを増やすFP

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/06/22 部数:  22部

他のメルマガを読む