真我発見トレーナーのビジネスモデル

肯定の哲学~あなたは”悟り”という言葉の意味を完全に悟っている!

生命の真実の姿を知れば、私たちは、私たちの全てを受け入れ、包み込む、生命を中心とした世界を創造することができます。
真我発見トレーナーのビジネスモデルは、あなたと共に、あなたの全てを受け入れ、包み込む世界を創り出すプロジェクトです。

あなたの”悟り”という言葉の使い方は、完全に正しいです。

言葉の使い方が、完全に正しいということは、”悟り”という言葉の持つ意味も完全にわかっているということです。

あなたは”悟り”という言葉の意味を完全に理解しているということです。

あなたは”悟り”という言葉の意味を完全に知っているということに疑いを持たないで下さい。

”悟り”という言葉の意味を完全にわかっているとことを肯定して下さい。

あなたは”悟り”という言葉の意味を完全に悟っているのです。

私たちは日常的に”悟り”という言葉を使います。

”あいつ悟ったな”とか”悟り始めた”とか”悟りつつある”など、様々な場面でよく使います。

私が知る限り”悟り”という言葉を間違って使う人はいませんでした。

それは、全ての人々が”悟り”の心を持っているからです。

”悟り”とは”ああ、そういうことだったのか”と、ふと気付くことです。

”悟り”とは、答えが出せなかった問題の答えに、ふと気付くことです。

”悟り”とは、どうしても出来なったことが、ふとしたキッカケでできるようになることです。

私たちは生きて行く上で、度々このようなことを体験します。

大きな事から些細な事まで、様々な場面で体験します。

”悟り”を得る内容も、”悟り”を得る場所も、”悟り”を得る時期も、人様々です。

これが、”悟り”というものの真実の姿です。

”悟り”を得る内容も場所も時期も、人によって全く異なるということです。

オリンピック選手もメダルを取るまでに、”ああ、こうすれば勝てるのか”という”悟り”を数え切れないほど体験するでしょう。

ノーベル賞を取る科学者も、直感で感じた真実を証明するまでに、”悟り”を数え切れないほど体験するでしょう。

あなたも、あなたが、どうしても知りたいことがあって、それを突き詰めていたようなこともあったと思います。

そして、ふと”ああ、そういうことだったのか”と”悟り”を得たことは多々あったのではないでしょうか。

”悟り”とは誰でも知っていることであり、”悟り”とは誰でも体験していることです。

そして”悟り”とは、ひとりひとり内容も場所も時期も違うものであるということです。

そして”悟り”とは、ひとりひとりが、自分自身で得るものであるということです。

あなたの”悟り”を、あなたに替わって得ることができる人はいないということです。

そして誰かの”悟り”を、あなたが替わって得ることもできないということです。

誰もあなたを”悟り”に導くことはできません。

あなたも誰ひとり”悟り”に導くことはできないのです。

それは、あなたは人間という一個の生命体であり、あなたの存在とは、生命と生命との繋がりだからです。

あなたが存在している世界は、一個の生命体としてのあなたの世界です。

あなたの世界には、あなたの”悟り”しか存在しないのです。

真我発見トレーナーのビジネスモデルは、

生命の真実の姿”共に支え合い互いに助け合い、共に学び合い互いに教え合い、

共に楽しみ合い互いに喜び合う繋がり”をあなたと共に創造することによって、

あなたがあなた自身の”悟り”に至るプロジェクトです。

真我発見トレーナーのビジネスモデルは、

生命の真実の姿”共に支え合い互いに助け合い、共に学び合い互いに教え合い、

共に楽しみ合い互いに喜び合う繋がり”を全ての人々と創造することによって、

全ての人々が、自分自身で、自分自身の”悟り”に至るプロジェクトです。

注記:真我発見トレーナーのビジネスモデルは、現在、国際特許申請手続きを進めています。
アメリカを始めとする主要な自由主義国家、中国、ロシア、北朝鮮まで含めた主要共産主義国家など、
主要150か国で独占的に展開できる可能性を持ちました。

ご連絡メールを頂いた方に、”セミナー、事業説明会などのお知らせ”を送らせて頂きます。
70億人友の会事務局:info@haruhisa.org

Copyright(C)2016 Haruhisa All rights reserved.

ホームページ:真実の力~心とからだ塾  http://www.thetruth.pw/
ブ  ロ  グ :全ての人々を受け入れ、包み込む世界を創る!
                               http://ameblo.jp/perfecthealth/

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む