出世塾

印象をマネジメントするとは?

---------------------------------------------------------------------
本に書かれていないビジネスの流儀         VOL00082  2018.06.08発行
----------------------------------http://ameblo.jp/mamoru-gijutsu/ --


■  印象をマネジメントするとは?
---------------------------------------------------------------------
こんにちは。綾小路亜也です。
最近、私はアメブロで立て続けに「一流」という言葉がタイトルに付いた本を
を紹介しています。


たかぎこういち氏の『一流に見える服装術』、丸山ゆ利絵氏の『「一流の存在
感」がある人の振る舞いのルール』、そして、本日、発売されて間もない鈴鹿
久美子氏の『一流の魅せ方』をアップしました。


これらの本には、共通点があります。
自分が自分をどう見るのではなく、「人にどう見られたいか」を目的にしてい
るということです。


つまり、一流の人は、意識して「人にどう見られたいか」を研究していること
になります。


これを、印象マネジメントと呼ぶのです。


「なるほど」と思う反面、よくよく考えれば、印象は人が持つものだから、当
たり前と言えるような気がします。


しかし、この当たり前のことが忘れがちになっていることも、たしかなのです。
先週、丸山ゆ利絵氏の本の「鏡に映る表情は『いつもの自分』ではない」を、
メルマガで紹介しました。


私たちは、毎朝、仕事に行く前に、鏡に自分の顔や髪を映し、「OK!」とG
Oサインを出し鏡の前をあとにします。
まさに、自分で自分を見てOKの判断を下しているのです。


スーツなどの服を購入するときも、鏡に映る自分の姿を見て、OKサインを出
します。
靴を購入するときは、履いて試してみますが、鏡に映してまではなかなか確認
しません。


要は、自分の目で見たことが、自分の印象だと思っているのです。
これを、他人の目でというのは、言うのは簡単ですが、なかなかできないと思
います。


このできないことに、あえてチャレンジするから、印象マネジメントになるの
だと思うのです。



問題は、自分の望む姿を実現するためには、人にその通りに見てもらわないと、
実現しないということにあると思います。


今日アメブロでご紹介した鈴鹿氏の本には、政治家のことが多く書かれていま
す。
政治家は特に自分の意図する姿を、選挙民にわかってもらわなければ当選でき
ません。生きるか死ぬかの問題だと思います。



「印象は人が目にし、感じるもの」の意味を再確認できただけでも、ものすご
く意味があり、一般の人より、たぶん先を進んでいると思います。



編集後記


「一流の人」の切り口は、「振る舞い」と「服装」に大きく二つに分かれると
思います。
「振る舞い」を書いた本の方が圧倒的に多いのではと思っていましたが、最近、
服装を書いた本も多いですね。


服装は、すぐにでも変えることができることと関係があると思っています。
いまの時代、手っ取り早さが求められているのかもしれません。


---------------------------------------------------------------------

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

・『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』
 https://goo.gl/PM8uyO

・『なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか』
 https://goo.gl/3wRVGZ

・『企業で働く 営業女子が輝く35のヒント』
 https://goo.gl/ogGaZp

・『印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方』
 https://goo.gl/2w9Lzs

・『サラリーマンの本質』
 https://goo.gl/jPDYQl

・2018年5月2日発売しました。泣けます。
 『浅草のおかあさん』
 https://goo.gl/JpeFYm

---------------------------------------------------------------------
株式会社 新百合丘総合研究所  綾小路亜也

http://shinyuri-souken.com/


ビジネスマン・ウーマンの生き抜く技術(ブログ)
http://ameblo.jp/mamoru-gijutsu/

Facebook
https://www.facebook.com/shinyurisouken

Twitter
https://twitter.com/ShinYuri88
---------------------------------------------------------------------
メルマガの解除は、お手数ですが、こちらからお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0001671070.html
---------------------------------------------------------------------

出世塾

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/19 部数:  48部

ついでに読みたい

出世塾

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/19 部数:  48部

他のメルマガを読む